WD Online

特別企画 [PR] Web Designing 2020年10月号

新常態におけるユーザーや顧客とのコミュニケーションのあり方 あなたならどうする?

いまだ続いている世界的災禍の影響で人々の行動様式そのものが一変した現在、企業はユーザーや顧客とのコミュニケーションのあり方をどう捉え、何をすべきなのだろうか。これからの企業による情報発信のあるべき姿を追求すべく各業界からの有識者で結成した「新生マニュアル委員会」では、いますぐ動くべき「はじめの一歩」とは具体的に何か、それぞれの見地から意見を募った。
Illustration:シライカズアキ

新常態における2つの変化

新型コロナウイルスの影響により、コミュニケーションはどう変わるのだろうか。その問いに対し一般財団法人テクニカルコミュニケーター協会(TC協会)が主催する製品·サポート情報における解析取り組み実務技術研究会では、新常態において生じると思われる2つの変化が提起された。

1つは「ユーザー行動」。インターネットに触れる機会はこれまで以上に増え、ビデオ通話の一般化によってオンラインコミュニケーションが日常化している点だ。

もう1つは「情報発信の方法」。ネット媒体による情報提供方法の再定義については以前から議論がなされていたが、新常態ではよりSNSに最適化した情報提供をすべきだということである。

新常態下におけるはじめの一歩

それらに対応する第一歩として、同研究会では以下のような意見が挙げられた。

かつての一方通行的なコミュニケーションではなく、オンラインを介して双方向でサポート·情報提供していく「オンラインコンシェルジュ」の導入。ユーザーの課題解決を容易にし、企業のブランド価値向上に貢献する。

そして、眠っている情報の掘り起こしや関連製品·サービスの横断検索など「タッチポイントの増加と整理」。さらに、ユーザーが自分の状況に適した情報を選択できる「チャット型の情報提供」だ。 

ここまで触れた以外にも、新常態下では数多くの変化が起こっていくだろう。そこで、これからのコミュニケーションのあり方について、デジタルやITの専門家たちは「最初の一歩」をどう考えるのか。次のページから紹介していこう。

TC_01.jpg
 

企画協力:一般財団法人テクニカルコミュニケーター協会

掲載号

Web Designing 2020年10月号

Web Designing 2020年10月号

2020年8月18日発売 本誌:1,560円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

リモート時代に必須!ウェビナーからのリード獲得ノウハウ

サンプルデータはこちらから

Web Designing 10月号(8月18日発売)特集

[非接触][低予算][短期間]でリード獲得!
LIVE配信&SNS動画「これで確実!」テクニック

リアルイベントの中止、対面商談の自粛などが続く状況で、「お客さんと直接会えない」時代になっています。そんな中、オンラインでできるマーケティング活動が、存在感を増していますが、何からはじめればいいのでしょう。

「直接会いに行けないならリモートで」というのが真っ先に考えられる手段です。 本特集では、広く顧客にアプローチできる「ウェビナー(Webセミナー)」を活用し、売上につなげていくためのノウハウを初歩から説明していきます。

また、予算と時間が限られている中でも、目的に合わせて施策を設計することで、大きな効果を上げることができる「SNS動画広告」。その運用方法を改めてイチからやさしく解説します。

マーケティングに大きな変化が迫られているリモート時代。非接触・低予算・短時間でできる2つの顧客アプローチ戦略によって、ピンチをチャンスに変えましょう!

----------------------------------------


Feature1:ライブを通じて顧客とつながる「ウェビナー大作戦」
セミナーと何が違う? メリットは? これだけは知っておきたいウェビナー
顧客アプローチの目的設定とウェビナーの有効性
イチから始めるウェビナー。施策設計編、準備編、開催編、ツール・機材・環境編
ウェビナーにおけるZoom、Teams活用法
開催するだけで終わりではない! 売上につなげるためのアフターケア

【コラム】ECのライブ活用。ライブコマースの魅力と実力

Feature2:最低限の予算で最大限の効果を得る「“今はじめる”SNSでの動画広告」
最新データで読むSNS動画広告。マーケ施策の中での立ち位置と消費者の関わり方
SNS・メニューごとの特性・費用を知り、低予算でもできるプランを目的別で練る!
SNS動画プロモーションで効果を上げるための内容やタイミング
サービスやツールをフル活用! 早く安く広告動画をつくるための工夫

制作の視点:リモート時代の動画づくり

(※記事内容は変更になる可能性があります)

------------------------------------------
【こんな方にオススメ!】
■ ビジネスイベントは中止になるし、未来の顧客に直接会いにいくのが難しい
■ オンラインが重要なのはわかるけれど、どんな施策を実施すればいいのかわからない
■ いろいろなウェビナーが開催されているけれど、本当に効果はあるの?
■ ウェビナーを自社でやる場合、何から手をつければいいのだろうか…
■ SNSへ動画広告を出す際、低予算・短時間でも最大限の効果を出すノウハウを知りたい
■ 非接触がキーワードになった社会で、動画のつくり方がどう変わっていくのか知りたい

この記事を見た人はこんな記事も見ています