WD Online

特別企画 [PR] Web Designing 2020年10月号

クライアントの強みを見出し伝わるコピーやビジュアルに落とし込む ―株式会社ノイ―

大阪を拠点に20年近くWeb制作を手がけるノイ。多才な社内スタッフによるトータルプロデュース力の高さと、「クライアントを好きになる」という思いで仕事に臨む姿勢で、多くのクライアントから支持を得ている。こうした特長はプロジェクトでどのような効果を発揮しているのだろうか。代表取締役の町中修一氏に話をうかがった。

JPRS_01.jpgJPRS_02.jpg
播彦(はりひこ)
170年の歴史を誇る関西の老舗和菓子店「播彦」のコーポレートサイト。ブランドコンセプトを言語化し、「四季」「自然」「上質さ」「繊細さ」といったクライアントが大切にしているキーワードを表現するための写真やデザインをつくっていった。茶器を用いたビジュアルは、古くから使われてきたものでありながら若いターゲット層には新鮮に映るだろうとノイが提案し、採用された

 

“好意”と“ユーザー目線”を活かし新たな可能性を引き出す

デザイナーやエンジニアをはじめ、コピーライターやプランナーなど、多様な専門スキルを有するスタッフが揃うノイ。高い総合力を持ち、社内メンバーによってプロジェクトをワンストップで完遂できる。同社では、「クライアントを好きになる」ことを徹底しているという。町中氏はその理由をこう話す。

「私がクライアントなら自分たちを好きでいてくれる制作会社を選びたいですし、そう思っている制作者は良い仕事ができるはずです」

もう一つ心がけているのが、「ユーザー目線」を持つことだ。その企業や業界の知識を持たない、あるいはWebリテラシーが高くないユーザーの視点で意見を伝えてクライアントの新たな可能性を引き出していく。新しい視座をもたらすことは、クライアントに好きになってもらうことにも繋がるという。

「初めての顔合わせには、既存サイトやビジネスの状況、開示資料からクチコミ情報、競合や参考サイトの調査結果などを必ず持参し、ユーザー目線での感想もお伝えしています」

こうした特長を発揮している一例が、和菓子店「播彦」のWebサイトだ。従来は中高年層がメインターゲットだったが、より若年層にアプローチするために初めてWebサイトを構築するという案件だった。そんなクライアントと共通認識を持つために、ブランドコンセプトを言語化するところからスタートしていった。

「事前に播彦の商品を購入して味わい、クライアントを知ることからスタートしました。また、初期段階からコピーライターも参加し、クライアントの特長を端的に表現できるキーワードを考えていきました。そして“おもたせ”をブランドコンセプトにすることに決定しました。“若い人には馴染まないのでは”という声もありましたが、“だからこそ新鮮に映る”とユーザー目線で提案し、納得いただきました」

その結果、クライアントからも高い評価を得るWebサイトとなった。このようなクライアント自身が気づかなかった価値の顕在化や言語化は、ノイの得意分野だ。

印刷の色指定として知られるパントンカラーによるプロダクトを販売する「PANTONE Living」の事例では、依頼時のターゲットは「20~30代の女性」だったが、Webサイトの目的や商品特徴を整理してペルソナ設計をし、「デザインに関心の高い男性にも響く」という仮説を抽出。新しいターゲット層にも刺さる写真やデザインをつくり上げた。

また、国内スモールラグジュアリーホテルの先駆けともいえる「ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド」のWebサイトリニューアルでは、「高級感の演出」「唯一無二であることを表現」「多くは語らない」という要望を受け、制作スタッフで実際に現地に赴いて視察とヒアリングを実施。そこで感じたホテルの魅力を「五感が、歌いはじめる。」というコピーで表現し、各種クリエイティブにも反映させていった。

JPRS_03.jpg
PANTONE Living
印刷の色指定として使われるパントンを用いた、デザイン性の高いプロダクトを販売する「PANTONE Living」のブランドサイト。クライアントは若い女性をターゲットと想定していたが、ノイはペルソナ設計から男性にも響くと分析。極力文字情報を排したビジュアル重視のサイトデザインや商品の利用シーンがイメージしやすい写真など、男女共に受け入れられやすいデザインへと落とし込んだ。小売店からは写真を販促に利用したいという声が多く届いたという
JPRS_04.jpg
ホテル ラ・スイート神戸 ハーバーランド
高級ホテル予約サイト「一休.com」でクチコミランキング1位を獲得したこともある名門「ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド」のWebサイト。2008年にノイが新規構築し保守管理をしてきたが、レスポンシブ対応や施設集客向上を目的に2018年にリニューアルを実施した。クライアントの強みを理解するため制作スタッフ全員で現地を訪れてヒアリングを行ったことで、理解を深めるとともに、クライアントと良い関係を構築できたことが成功の要因だったという。高級感を訴求するために予約フォームをあえて目立たせないといったデザインも好評を得た

 

ドメイン名の選定でクライアントのイメージを強調

播彦では、ドメイン名に「co.jp」を採用している。これはノイの提案によるものだ。

「老舗和菓子店である播彦は、歴史や伝統を重んじる堅実なイメージが『co.jp』にマッチすると思いました。クライアントも喜んで受け入れてくれたことを覚えています」

PANTONE Livingとホテル ラ・スイート神戸ハーバーランドでは「.jp」を採用している。

「URLを直接打ち込む場合でもタイプミスしにくく覚えやすいドメイン名を提案しています。口に出したときの語感が良く、日本のイメージを強調できる『.jp』を選択することは多いです」

このように、ドメイン名はクライアントのイメージを演出するために有効であるという。

最後に今後の展望をうかがうと、「従来通りクリエイターとしてのこだわりを持ち、コツコツと取り組んでいきたいです」と答えてくれた。こうした気負わず飾らない姿勢も、クライアントに支持される理由なのだろう。

JPRS_05.jpg
株式会社ノイ 町中修一氏
大阪に拠点を置き、関西を中心に大手企業や大学などのWebサイトを手がける制作会社。2001年に設立して以降、こだわりの提案と高い内製率を強みに実績を積み重ねている。柔軟な働き方を提供することで、社員定着率が高いことも特長。 https://www.n-e-u.co.jp/

企画協力:株式会社日本レジストリサービス(JPRS)

掲載号

Web Designing 2020年10月号

Web Designing 2020年10月号

2020年8月18日発売 本誌:1,560円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

リモート時代に必須!ウェビナーからのリード獲得ノウハウ

サンプルデータはこちらから

Web Designing 10月号(8月18日発売)特集

[非接触][低予算][短期間]でリード獲得!
LIVE配信&SNS動画「これで確実!」テクニック

リアルイベントの中止、対面商談の自粛などが続く状況で、「お客さんと直接会えない」時代になっています。そんな中、オンラインでできるマーケティング活動が、存在感を増していますが、何からはじめればいいのでしょう。

「直接会いに行けないならリモートで」というのが真っ先に考えられる手段です。 本特集では、広く顧客にアプローチできる「ウェビナー(Webセミナー)」を活用し、売上につなげていくためのノウハウを初歩から説明していきます。

また、予算と時間が限られている中でも、目的に合わせて施策を設計することで、大きな効果を上げることができる「SNS動画広告」。その運用方法を改めてイチからやさしく解説します。

マーケティングに大きな変化が迫られているリモート時代。非接触・低予算・短時間でできる2つの顧客アプローチ戦略によって、ピンチをチャンスに変えましょう!

----------------------------------------


Feature1:ライブを通じて顧客とつながる「ウェビナー大作戦」
セミナーと何が違う? メリットは? これだけは知っておきたいウェビナー
顧客アプローチの目的設定とウェビナーの有効性
イチから始めるウェビナー。施策設計編、準備編、開催編、ツール・機材・環境編
ウェビナーにおけるZoom、Teams活用法
開催するだけで終わりではない! 売上につなげるためのアフターケア

【コラム】ECのライブ活用。ライブコマースの魅力と実力

Feature2:最低限の予算で最大限の効果を得る「“今はじめる”SNSでの動画広告」
最新データで読むSNS動画広告。マーケ施策の中での立ち位置と消費者の関わり方
SNS・メニューごとの特性・費用を知り、低予算でもできるプランを目的別で練る!
SNS動画プロモーションで効果を上げるための内容やタイミング
サービスやツールをフル活用! 早く安く広告動画をつくるための工夫

制作の視点:リモート時代の動画づくり

(※記事内容は変更になる可能性があります)

------------------------------------------
【こんな方にオススメ!】
■ ビジネスイベントは中止になるし、未来の顧客に直接会いにいくのが難しい
■ オンラインが重要なのはわかるけれど、どんな施策を実施すればいいのかわからない
■ いろいろなウェビナーが開催されているけれど、本当に効果はあるの?
■ ウェビナーを自社でやる場合、何から手をつければいいのだろうか…
■ SNSへ動画広告を出す際、低予算・短時間でも最大限の効果を出すノウハウを知りたい
■ 非接触がキーワードになった社会で、動画のつくり方がどう変わっていくのか知りたい

この記事を見た人はこんな記事も見ています