WD Online

特集一覧 Web Designing 2020年4月号

CMSの認識そのままでいいの? ますます重要性が高まるCMSこそWebマーケティングのポイントなり!

ネットを活用した多種多様なマーケティング技術が登場した今も、もっとも重要なチャネルの一つであり続けている「Webサイト」。そのWebサイトを効率よく運用するために欠かせないのが、そう、「CMS」です。今、そのCMSの世界に大きな“地殻変動”が起きているのです。

CMSはWebサイトの「核心」と理解すべし

CMSが欠かすことができない存在であることは、上の調査の結果からも明らかです。しかし、そうした事実とは裏腹に、CMSについて真剣に考えている人はけっして多くありません。サイトの更新だけでなく、収益のアップや業務の改善にも活用されるCMS。それはもうWebサイトの核心といっていい、重要な存在なのです。

intro01.jpg
すでに世界の半分以上のWebサイトでCMSが使われています。
世界におけるWebサイトのCMS導入比率推移(2011年~2019年) オーストリアの調査会社、Q-Success社が運営するWeb調査サービス「W3Techs」が2019年1月に公開したデータ 「Historical trends in the usage of content management systems for websites」

 

CMSは矛と盾の2つの視点で決めるべし!

マーケティングのトレンドやWebの最新技術に敏感な人でも、なぜかCMSには関心がないという人が多いようです。「どれも同じ」と考えているからでしょうか。確かに、そんな時代もありました。Webの構造が今よりずっとシンプルで、その役割も単純だった昔のことです。

現代のWebサイトには、他のマーケティングチャネルとの関係性の中で多くの、そして重要な役割が与えられるようになっていますから、CMSもそれと歩みを合わせるようにして、驚くような進化と革新を遂げています。

では、そんなCMSの世界を、どう見ていけば理解できるのでしょうか。そこで本誌では、サイト運営者の視点に立ち、「矛」と「盾」の2つの面からCMSを考えてみることをお勧めしたいと思います。「矛盾」じゃないですよ! 「攻めの矛」と「守りの盾」。その点を頭に置くだけで、CMSの今がはっきりと見えてくるんです!

intro02.jpg
 

 

マーケティングの「扇の要」となるCMS

CMSを単なる“サイト更新ツール”と捉えていると、「CMSで攻める」などと言われても、おそらくピンとこないでしょう。しかし、新世代のCMSの中には、マーケティング分野に特化した機能を備えた、強力なCMSが登場しています。例えば、社内の基幹システムと連携し、データの収集から活用までのプロセスをスムーズにする機能を用意したCMS。MA(マーケティングオートメーション)ツールと組み合わせて利用することを念頭に置いて開発されたCMS。さらにはサイトマップの作成やタグの設定、さらにはWeb標準への準拠といったSEO対策に特徴のあるCMSも存在します。あなたの会社が強化したい分野を得意とするCMSを導入すれば、それだけで戦略の幅が広がり、効果の最大化を狙うことができるというわけなのです。

さらにもう一つ、コンテンツの有効活用という点もまた、CMSを選択する際の大きなポイントとなります。一つの素材・コンテンツをWebサイトのみならず、SNSや動画サイトなど複数のメディアで活用する「ワンソース・マルチユース」。そうした手のかかる方策を実践するためには、やはりCMSの活用がポイントとなります。最近注目されている「ヘッドレスCMS」を含め、どう選べば有効活用が進むのかを理解しておきたいものです。

このように、企業がマーケティング戦略を考える際の「攻め」のポイントで、それぞれCMSが重要な役割を果たすことがおわかりかと思います。自社の課題や強化ポイントを念頭に置けば、CMSをどう選べばいいのかが見えてくるのです!

 

CMSは身を守る「盾」でもある

「攻め」があるならば、当然ながら「守り」を得意としたCMSも存在します。守りという視点で考えれば、なんといっても重要なのが「セキュリティ対策」です。サイトの改ざんやウイルスの埋め込みなど、悪意ある第三者による攻撃は時に国境を越えて襲いかかってきます。そうした攻撃から身を守るためには、管理する側の理解や体制づくりも重要ですが、セキュリティ対策をしっかりと念頭に置いたタイプのCMSを選ぶ必要があります。「無料だけどサポートはなし」といったようなCMSではなく、あなたの会社の盾となるようなCMSをしっかり選んでおきたいものです。

そしてもう一つ、守りの視点で重要なのが、「運用しやすいCMSを選ぶ」という点です。利用者のレベルにマッチし、運用体制にあったCMSでなければ、結果的にCMSの性能が発揮されないばかりか、水漏れが生じてしまうのです。

「ログインの仕方がわからないからパスワードの設定はやめてくれ」

…これは決して笑い話ではなく、人が原因となったセキュリティ崩壊です。こうしたトラブルにどう対処するか。「守り」に優れたCMSであれば、そうした難問を解決する手立てを用意しているものです。守りの視点がいかに重要か、もうわかっていただけたと思います。

さて、ここまで「攻め」と「守り」の観点からCMSの選び方を考えてきましたが、ここからはさらに詳しく説明をしていきます。じっくりと読んで、あなたの会社にマッチしたCMSを選んでください。

掲載号

Web Designing 2020年4月号

Web Designing 2020年4月号

2020年2月18日発売 本誌:1,560円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

CMSはマーケティング戦力アップの最終兵器だ!

サンプルデータはこちらから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

さまざまなマーケティング戦略の「母艦」にする実践ノウハウ

攻めのCMSマーケティング2020


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

専門知識がなくてもサイトの更新や管理ができるのが特長のCMS。
顧客へ認知やエンゲージを高めるために必須であるWebサイト、
そのコンテンツを有効に活用するための基盤となるCMSは、
今後のWebビジネスの勝敗を左右する大事なポイントなのです。
さらに、今あるサイト運用上のさまざまな課題も、
CMSを理解することで解消されるのです!

Web Designing 2020年4月号では、
積極的にビジネスを展開させるためにCMSを120%活用するノウハウを
現場レベルの課題感に合わせてお伝えします。


【こんな方にオススメ!】
■とりあえずWordPressにしてみたものの、実際の運用に様々な課題が出てきた
■既存のCMSではこの度やりたい新規Webビジネスが思うように実現できそうにない
■運用の使い勝手がいいCMSが知りたい
■予算は少ないが、企業サイトだけに素人が適当に作るのは抵抗がある
■CMS構築及びWebサイト制作、そしてその後の運用まで信頼できるパートナーを見つけたい
■「自社で簡単に作れる」という触れ込みを鵜呑みにした結果、現場が混乱&疲弊している


【内容(予定)】
●[攻めの多角的発信]ワンソースマルチユースを実現せよ!
・情報発信先はWebサイトだけではない!アプリ・IoT・サイネージ etc.
・ワンソースマルチユースが考えやすいCMSは?(機能面&サポート面)


●[攻めの新ビジネス]Webビジネスの潮流にCMSで乗りこなせ!
・サブスクリプション、CX、SNS、動画、EC、AI・・・


●[攻めのマーケティング]CMSをマーケティングにフル活用せよ!
・さまざまなマーケティングツールを連携させる戦術ノウハウ


●[攻めのリニューアル]Webサイトリニューアルで収益を上げろ!
・既存サイトを「攻めのサイト」に変えるには


●[攻めの運用]効率的かつ業務改善に繋がる運営をせよ!
・多部署間連携をスムーズにするコツ

●[攻めのための守り]セキュリティを堅固にせよ!

など

この記事を見た人はこんな記事も見ています