WD Online

特別企画 [PR] Web Designing 2019年4月号

中小企業に愛されるCMS「A-BiSU」 簡単に使える!AIベースのマーケティングツールも搭載

「新たな人材は雇えない、予算もない」と諦めていた、中小企業や個人事業主などのニーズを徹底的に拾い上げて、ユニソンプラネットは「A-BiSU(エビス)」を開発した。ここでは、中小企業のWeb担当者がつい導入したくなる、「現場が喜ぶCMS」の特徴について迫ってみる。
Photo:五味茂雄(STRO!ROBO)

現場のニーズを徹底検証し、自社開発したAI搭載型CMS!

大阪のあべのハルカスに本社を置き、東京にも支店を構えるユニソンプラネットが開発した「A-BiSU」は、中小企業をはじめ個人事業主にまでも対応したCMS。製品担当者の宮本慶太さんは、特徴としてターゲットファーストの徹底を挙げる。

「組織規模の小さな事業者や個人事業主ほど本業が忙しく、一人ひとりの業務ウェイトが大きいです。Webに力を入れたいけれど、予算は限られているし、人手が割けない厳しい状況だったりします。みなさんの“できない”“諦めた”といった声を少なくしたい、という設計思想に基づき開発したのがA-BiSUです。Webリテラシーが高くない人でも直感的に操作できて更新しやすくし、ビジネス貢献できるCMSになることを目指しました」

ユニソンプラネットは、以前からWebリテラシーに不安のあるユーザーを念頭に置いたCMS「AKAMON(あかもん)」の販売実績で定評があった。そこで、AKAMONを通じて得た知見に、中小企業などのWeb担当者が現場で悩み困っている操作性(UX)や、「こうあってほしい」と望む要素について、宮本さんを中心に徹底して調査し研究を重ねた結果、「Webサイトを見たままの状態で編集できる」というAKAMONの特徴を継承しながら、さらにマーケティングツールとして活用できるCMSとして、AIなどを搭載する「A-BiSU」が開発された(01)。

「A-BiSUであれば、社内にWeb技術のエキスパートがいなくても質の高いサイト構築ができますし、UX重視のマーケティング機能を搭載して、ビジネス貢献しやすい仕組みにしました。肝は使いやすさ。ユーザーが使いこなせるように、全機能は徹底して使いやすさを追求しています」

 

「見たまま」での編集が可能!マーケティングツールも一括搭載

「A-BiSU」は「使いこなせること」に主眼を置くため、これまでCMSを導入してこなかった新規案件の需要が高いが、秀逸な機能性と操作性に惹かれて、他のCMSからの乗り換え案件にも数々対応している。中でも乗り換え案件で喜ばれているのが、既存サイトの取り込み機能である(02)。

「導入中のCMSが使いづらい、更新が滞るから他に変えたい、というユーザーの乗り換えニーズは根強いのですが、“デザイン自体は気に入っている”“思い入れがある見た目を変えたくない”という悩みを同時に持つユーザーも多いです。そうした声に応えるために“取り込み機能”を搭載しました。URLを指定すれば、URL元のサイトにA-BiSUを搭載できて、複層されたサイト構造やリンクもそのまま置き換えられます。現状のCMS“だけ”に不満があるなら、サイトの見た目を変えず短期間で導入できる取り込み機能をご利用ください」

マーケティング機能にAIを搭載したのも、一部のエキスパートだけでなく誰でも高性能システムを“使いこなせる”ことを実現したかったからだ、と強調する。

「エンドユーザーの行動履歴を分析したレコメンド機能も、 AIベースを含む4種類の機能を用意して、ページの特性に合わせて選べるようにしました。選ぶ根拠に使ってほしいアクセス解析も、分析のしやすさを重視した機能を搭載しています(03)」

SEOが気になるユーザーは文章補助機能を使えば、A-BiSUの独自アルゴリズムによってキーワードを提案してくれる(04)。Webの専任担当者を置けず、Web以外に兼務する業務が膨大という悩みを抱える事業者ほど、多機能な使いこなしが実現できるA-BiSUが、事業のデジタル化推進の一翼を担ってくれるはずだ。

c5541b4d22fb91f7823a2a77ac75335.jpg
宮本 慶太さん
株式会社ユニソンプラネット Webコンサルティング事業部 CS部 部長

企画協力:株式会社ユニソンプラネット https://unison-planet.jp/top_abisu

掲載号

Web Designing 2019年4月号

Web Designing 2019年4月号

2019年2月18日発売 本誌:1,559円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

CMSの見直しで、Web品質と業務・組織を改善せよ!

サンプルデータはこちらから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

Webビジネスの成否に直結する!

CMS 2.0
新時代の常識

顧客との接点やエンゲージメントを高めるために必須のWebサイト。
その基盤となるCMSを、予算や自社都合だけで選んでいませんか?


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今や企業サイトの6割以上がCMS(コンテンツ管理システム)を導入していると言われています。
専門知識がなくてもサイトの更新や管理ができるのが特長のCMSですが、
これをただの「サイト運用ツール」だと思っているなら、
それは大きな機会損失を招いている可能性があります。

顧客へ認知やエンゲージを高めるために必須であるWebサイト、
そのコンテンツを有効に活用するための基盤となるCMSは、
今後のWebビジネスの勝敗を左右する大事なポイントなのです。
さらに、今あるサイト運用上のさまざまな課題も、
CMSを理解することで解消されるのです!


また、現在CMSと呼ばれるものは3,000以上存在しています。
中には業界や用途に特化したものもさまざまです。
そんなCMS、予算や担当部署の都合だけで簡単に選んでいませんか?

では、CMSをビジネスの基盤とし、武器として120%活用するためにはどんなことを考え、
どんな準備や選考基準が必要でしょうか。
そして、限られたリソースや少ないコストで成果を出すにはどうすればいいのでしょうか。



Web Designing 4月号(2月18日発売)では、
新規Webビジネスを立ち上げる際、どんなCMSを選べばいいか、今やりたいことを実現させるために
CMSを乗り換えるならどうすればいいか、既存のCMSをもっと活かすにはどうすればいいかなど、
もはやWebビジネスに欠かすことができないCMSの
これからの活かし方や課題の解決方法をさまざまなシチュエーションに立って解説します。


【対象読者&課題】
■とりあえず無料のCMSにしてみたものの、実際の運用にさまざまな課題が出てきた
■現在自社に導入されているCMSでは、やりたい新規Webビジネスが思うように実現できそうにない
■運用の使い勝手がいいCMSが知りたい
■予算は少ないが、企業サイトだけに素人が適当に作るのは抵抗がある
■CMS構築及びWebサイト制作、そしてその後の運用まで信頼できるパートナーを見つけたい
■「自社で簡単に作れる」という触れ込みを鵜呑みにした結果、現場が混乱&疲弊している


【予定内容】
●CMSこそがWebビジネスの勝敗を左右する

●CHAPTER1 CMSを“知る”
  01_CMSの定義や仕組みを知る
機能の違いやトレンド
02_WordPressが選ばれる理由と利用時の注意点
機能性、開発力で課題を解決
03_CMS導入がもたらすビジネスメリット
投稿の質と働き方を向上

●CHAPTER2 CMSを“選ぶ”
   01_ビジネス最適化につながるCMS選びのための準備
決め手は、選ぶ前の準備作業
02_具体例で学ぶCMSの選び方
「運用」や「保守」を意識した選択

【 CMSとセキュリティ 】 Web制作のプロが教える~CMSとセキュリティ“9つ”の金言
【 編集部が厳選! 】企業サイト・メディアで安心して使える商用CMS 17選!
【 Column 】 管理画面を変えたUXデザイン
【 Column 】 Webサイトのセキュリティのために~知っておきたいハッカーのこと

●CHAPTER3 CMSを“運用/活用する”
01_中長期的に考えるCMSの運用と体制づくり 
持ち腐れにしない、積極的な活用を!
02_これからの新常識は「CMSマーケティング」だ! 
まだWebサイトの更新にしか使ってないの?

【 CaseStudy 】 CMSで実現したリード獲得と新たな営業フロー/「Hint Clip」 共同印刷

ほか

この記事を見た人はこんな記事も見ています