価値ある情報を幅広く紹介。将棋の「知りたい」はここで見つかる

マイナビ将棋編集部BLOG

週刊将棋

荒井記者の日々徒然・順位戦最終局

2015.03.04 | 週刊将棋編集部

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1日にA級順位戦最終局が行われ、名人挑戦権は4人プレーオフ、降級は三浦弘行九段、阿久津主税八段に決まった。5日にはB級1組、6日にC級2組、10日にC級1組、11日にB級2組の最終戦が行われる。各クラスの状況は以下のとおりだ。
B級1組 昇級は屋敷伸之九段、佐藤天彦八段、降級は藤井猛九段、飯塚祐紀七段で決定。
B級2組 昇級は稲葉陽七段が決定。残りの1枠を2敗の先崎学九段、北浜健介八段、阿部隆八段の3人が争う。 最終戦は先崎九段と阿部八段が直接対決。
C級1組 唯一、昇級者が1人も決まっていないクラス。1敗の菅井竜也五段、澤田真吾五段、2敗の中村太地六段、船江恒平五段、千葉幸生六段、金井恒太五段に可能性がある。
C級2組 横山泰明六段、千田翔太四段が9連勝で昇級を決めている。残りの1枠を1敗の中村亮介五段、岡崎洋六段、2敗上位の村田顕弘五段が争う。最終戦では中村亮五段と村田顕弘五段が直接対決だ。
 記者は6日のC級2組を取材する。3月11日号にリポートを掲載する予定だ。

あなたにおすすめの商品