• HOME
  • iOS導入事例
  • 無料公開中

    2015.03.14

    医師発のiOSアプリが日常生活と医療の間をつなぐ

    “こんなアプリがあれば患者さんのためになる”というアイデアを持つ医師は少なくないはず。東京・お茶の水内科の五十嵐健祐院長は、クラウドソーシングを活用することでアプリのアイデアを実現し、これまで見つけにくかった不整脈や睡眠時無呼吸症候群の発見を可能にした。

    read more

  • 無料公開中

    2015.03.07

    テックギークを生み出すオンライン高校の「教育」革命

    プログラミング(コーディング)を柱に据えた教育を掲げて、2014年に開学したオンライン高校の「コードアカデミー高校」。初年度の報告会で発表されたそのチャレンジの一部始終をレポートしよう。

    read more

  • 無料公開中

    2015.02.20

    お客と販売スタッフの満足度を高めたiPod touch

    Macの全社導入に踏み切った家具販売業の安井家具では、販売スタッフ370名全員にiPodタッチも配付している。これにより現場の業務効率の改善と顧客満足度の向上を同時に実現している。

    read more

  • 無料公開中

    2015.02.19

    医師専用ソーシャルメディアに集う「集合知」が医師たちの判断を助ける

    医師が治療法や薬の処方を決めるとき、重要な要素となるのが他の医師の意見や経験談だという。従来、こうした情報は医師同士が直接会う形で得ることが多かった。メドピアは、全国の医師たちの口コミ情報をネット上に集約することで、医師の判断を手助けするWEBサービスだ。

    read more

  • 無料公開中

    2015.02.18

    モバイルラーニングだからこそ実現した新たな医学教育

    マレーシアの首都クアラルンプールでスマートフォンを使った教育を行う東南アジア屈指の医療系大学を取材した。そこではアイデアと実践の速度感が格段に違う世界があった。

    read more

  • 無料公開中

    2015.01.09

    「現在」の延長線上にない未来の社会でどう働くか?

    IT産業の創生期から市場のど真ん中にいたのが、前グーグル日本法人代表取締役の有馬誠氏だ。グーグルに参加したことでIT革命が自分の認識よりはるかに大きな規模で加速していることを実感したという。有馬氏が考えるビジネスの近未来と、これからのIT時代における働き方とはどんなものか?

    read more

  • 無料公開中

    2015.01.08

    生きづらさを可能性に変えるiOSのアクセシビリティ

    iPhoneなどを「誰でも」使いこせるように用意されている機能が「アクセシビリティ」だ。障がいを持つ子どもたちの特別支援教育などを支援しているNPO法人支援機器普及促進協会の理事長・高松崇氏に、iOS 8のアクセシビリティについて、今後の課題や可能性について寄稿いただいた。

    read more

  • 無料公開中

    2015.01.07

    自主性と実社会で生きていく力を養う協働学習

    東京学芸大学附属世田谷小学校で、iPadを用いた公開授業が行われた。MetaMoJi社が開発したリアルタイム授業支援アプリの実証実験も兼ねたこの授業では、協働学習のお手本のような「教育のベストデザイン」が実践されていた。

    read more

  • 無料公開中

    2014.12.28

    高校生にとっての「グローバル」は、今と世界をつなげること

    高校生にとっての「グローバル」は、今と世界をつなげることAFP通信社のニュース素材を用いてデジタル教材を作成する授業を長野高等学校で行った。高校生はいかに「グローバル」を学ぶべきなのか? 筆者が届けたかったメッセージは生徒たちの反応を見て確信へと変わった。

    read more

ページトップへ