便利技 他人事Tips

iPhoneで「うっかり課金」を防ぐ方法

文●今淳一

iPhoneのTouch IDによる決済はとても便利です。でも時として、誤ってアプリに課金してしまうことも起こり得ます。今回は、そんな「うっかり課金」を防ぐ方法を紹介します。

iPhoneのゲームアプリと課金は切っても切れないものですね。ムキになってついつい課金しすぎてしまうというのは、各々の自制心の問題かと思います。しかし、Touch IDによる認証でついうっかり、間違って課金してしまったことはないでしょうか。かつては購入や課金のたびにApple IDのパスワードを入力していたため、そうそう間違うことはありませんでしたが、便利すぎるのも考えものかもしれませんね。



こういった誤課金は、「設定」アプリから[一般]→[機能制限]と進み、機能制限を有効にしたうえで、「App内課金」をオフにして制限しておくことで防げます。もともとは子どもの課金を防ぐための機能ですが、めったに課金しないという場合には、大人も制限しておくことをおすすめします。
アプリの中には、紛らわしい感じでそれとなく課金を促してくるようなものもあります。この機能は、Touch IDによる無料アプリのダウンロードを妨げず、かつ誤課金を自衛するのにちょうど良いでしょう。



おすすめの記事一覧