レクチャー トライ&エラー GOハッピー

藤原鉄頭の明日のためのアプリ

ボール転ばしパズル「Roll the Ball」に挑戦

文●藤原鉄頭

ワタクシ藤原鉄頭が、幸せを追い求めて(それもアプリ頼みで)試行錯誤する日常を取り上げていきます。

  • 8096559d06567a30a336dc495725081b.jpg

 

 

球が転んでも

箸が転んでもおかしいのは、思春期の娘と相場が決まっているが、最近、年金がもらえるイイ歳になったワタクシは、ボールが転がるだけで、人間、結構ハッピーな気分になることに気づいた。

考えてみれば、我々はよくボール(球)を転がして楽しんでいる。子どもの頃のビー玉遊びに始まり、運動会での大玉転がし、ボーリングにビリヤード、パチンコ、ゴルフと、なにかと球が転がすのが好きである。

もちろんそれぞれの遊びには、それぞれのルールに基づく面白さがあるわけだが、突き詰めるとボールが転がっていること自体に魅力を感じているんじゃないかと思うのである。

それは、どこに転ぶかわからない不確かな面白さであり、コロコロ、ゴロゴロと響く心地よい音である。また球体ならではのスムースな回転の美しさもある。改めて考えてみると「球って転がるだけで魅力がある」と思いませんか。

 

道を作れ、ボールは転がる

今回はそんな転がる球の魅力を満喫できるアプリを取り上げた。といっても、実は球を転がすアプリにはiPhone/iPadの加速度センサを利用した、バランスをとってボールを目的地まで運ぶタイプのゲームが多い。それはそれで楽しめるが、うまく操作できないとイライラしてしまい、正直あまり好みではない。オジさんにはもっとまったりとしたゲームのほうが向いているのだ。

「ロール・ザ・ボール・スライド・パズル(Roll the Ball−slide puzzle)」は、「We make puzzles」をキャッチフレーズに数多くのパズルゲームを世に送り出しているBitMangoの代表作のひとつ。

スライド・パズルとは、数字や絵が描かれた4X4などのパネルをスライドさせて並び替え、数字を順に並べたり(15パズルともいう)、バラバラになった絵を元どおりにしたりして楽しむパズル。このロール・ザ・ボールでは直進や右折、左折する道が描かれたパネルを並べ替えて道をつなぎ、ボールがスタートからゴールまで転がるようにする。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧