特集 特集

最新のクリエイティブを実現する

「アドビCC」の大切な基本

文●大須賀淳小平淳一らいら写真●黒田彰apple.com

包括的なデザイン環境が今すぐ構築できる

サブスクリプション型のアドビCCが登場してから早5年。 クリエイティブ環境は新たなフェーズへと進みつつある。 CSから移行していない人のために改めてCCの魅力について解説しよう。

 

CSとはここが違う!Adobe CCの7つのメリット

 

1・好きなときに体験、購入&アップデート

Adobe CC(Creative Cloud)の開始以降、Adobeのソフトは一部を除いてDVD等の物理的なパッケージが廃止され、月または年払いでダウンロード提供されている。販売はオンラインまたは店頭でのプリペイドカードとなり、ダウンロードに加え、ライセンス認証のためにネット接続が必須。ただし、常にネット接続が必要なわけではなく、認証やアップデート、一部の操作時以外はオフラインでも行える。ソフトウェアや作成したデータはマシン内に保存されているので、仮に契約期間が終了しても、再契約すればそのまま使い続けることができる。

すべての基本となるのが、オンラインですぐ登録できる「Adobe ID」。無料で使えるサービスやモバイルアプリも用意されているほか、7日間ほぼすべての機能が試用できる体験版も利用できる。体験版は再インストールなしで有償版に移行可能なので、興味を持ったらぜひ気軽にチャレンジしてみよう。

 

Adobe ID

  • ef0b83dd8ba10198e0685ca7c45c815c.jpg

Adobe IDを作成するには、Adobeホームページ(www.adobe.com/jp)にある[ログイン]をクリック。

 

2・デザインを包括するソフト群、新ツールも続々登場!

かつてAdobeのソフトといえば、IllustratorやPhotoshopなどを中心に「印刷向け」のイメージが強かった。もちろん現在も同分野でスタンダードだが、Adobe CCはWEBデザインからアプリ開発までのネット系、WEB動画から大作映画までのビデオ系など、その他の分野でも存在感を高めている。すべてのソフトとサービスを網羅した「コンプリートプラン」を使っていれば、新たな分野に興味を持った時点で本格的なツールを「すでに持っている」状態となるので、新たなスキルや業務範囲へのチャレンジも非常に行いやすい。

また、WEBサイトやアプリのプロトタイプを作成する「XD CC」や、手軽に3Dグラフィックを作成できる「Dimension CC(ディメンションCC)」など従来なかったツールも続々と提供され、契約中は追加料金などなしですぐに使えるのも魅力。次々とトレンドやテクノロジーが変化するクリエイティブ業界においては、最新の動向にリアルタイムで触れられるのも大きな魅力だ。

 

New Apps

  • 794eac404bb1be8439692519b8ee1e38.jpg

AdobeCCファミリーには新たにXD CC、Dimension CC、Character Animator CC、Lightroom CCという4つのソフトが加わった。

 

3・マシン2台まで、好きなバージョンが使える!

Adobe CCに含まれるすべてのツールはMac、Windowsの両プラットフォームをサポートし、それぞれの機能差はほとんどない状態となっている。個人版の場合、OSを問わずパソコン2台までのインストールができ、マシンを変える場合も簡単にライセンスを移行可能だ。万が一、インストールしてあるマシンのHDDがクラッシュして消えてしまった場合も、オンライン上の操作ですべてのマシンから一旦ログアウトさせることができるので、ライセンスが消えてしまうような心配は皆無だ。

また、最近のAdobe CCは半年に一度ほどのペースで大幅なアップデートが行われる場合が多いが、リリースと同時に最新版をダウンロードして使うことができる。さらに、多くのソフトで「CS6」以降のバージョンがダウンロードでき、同じソフトの異なるバージョンを同居させても問題ない。互換性の問題に保険をかけつつ、気兼ねなく最新バージョンを試すことが可能だ。

 

Software

  • 6484c468b6f7435451fc42ba3ce1a30c.jpg

最新のソフトも古いソフトもすぐにダウンロードして使うことができる。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

前のページへ

テクノロジーの進化と21世紀の「クリエイティブ・ルネサンス」
テクノロジーの飛躍的な発展によって、今デザインが大きく変わろうとしている。アドビはそれを14世紀から始まったルネサンスのようだと表現し、デジタルクリエーションの次のステージへ...

<<

「Adobe CCの進化とデザインの未来」の目次