レクチャー Macの媚薬

本格化するスキャナアプリを見定める

文●栗原亮

Macの裏ワザ、隠しワザ、以外な活用方法など…大声では言えないとっておきの

iPhoneがスキャナになるって知ってましたか? アドビも参入したことで盛り上がっていますが、Macユーザの観点からはどのアプリが向いているのかを確かめてみました。

 

本格化するスキャナアプリを見定める

 

ついに本命登場か?

事務におけるペーパーレス化が提唱されて半世紀以上が経過しようとしていますが、まだまだ紙の書類を扱うシーンは多く、それらをデジタル化するのは大変な労力を伴います。

そうした中、近年急速に実用性が増してきたのがiPhoneのスキャナアプリです。2017年6月にアドビシステムズからその名もズバリな「アドビスキャン」が登場したからです。

パフォーマンスは優秀

アドビといえばクリエイティブツールの名門ですから、これは期待せざるを得ません。早速、試してみることにしました。

アドビスキャンを起動するとアドビIDの入力を求められますので、登録または新規作成します。すると、すぐにカメラ画面に切り替わるので、机の上にある書類にカメラを向ければ自動的にシャッターが切れます。

撮影画像は自動補正され、さすが画像処理のノウハウに長けたアドビらしく、撮影条件が悪くなければほとんど修正なしにPDFデータの完成です。しかも、テキスト認識機能も備えているので内容で検索することも可能です。

これはスキャナアプリの決定版かと思ったのですが、現バージョンでは個人的な不満がいくつかあります。まず、標準解像度がやや低めなこと。そして、自動保存先がアドビ・ドキュメントクラウドが標準なのはよいのですが、アイクラウド・ドライブは書き出しメニューなどでないと保存できないことです。自動撮影と補正の精度は「スキャナ・アップ(Scanner App)を上回ることもあるのですが、撮影画像のクラウド保存については同アプリにおよびません。現状ではクリエイティブ・クラウドなどアドビのサービスを利用している人以外には勧めにくい部分も感じられます(アプリの性質からして仕方ありませんが)。悩ましい面はありますが、下記の比較表を参考に最適なアプリを選んでください。

 

 

  • 28cadab339ce423cfebcb8b97ac7cdf4.jpg

(1)「Adobe Scan」を起動し、書類などにカメラをかざすと自動的に輪郭を認識してシャッターが切れます。画面ではわかりにくいのですが、動作は軽快で放っておくと何枚も撮影してしまうので注意が必要です。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧