Webアプリ構築のためのAngularJS プレミアムブックス版

  • 著作者名:外村 和仁
  • 編集者名:CodeGrid
    • 書籍:3,110円
    • 電子版:2,484円
  • A5型判:190ページ
  • ISBN:978-4-8399-5230-3
  • 発売日:2014年10月06日
  • シリーズ名:プレミアムブックス
  • 備考:オンラインストア限定販売
    初中級/Win&Mac
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

JavaScriptアプリケーションフレームワーク、AngularJSの入門/実践解説書!

Googleが開発を行っているJavaScriptのアプリケーションフレームワーク、AngularJSの入門/実践解説書。
AngularJSはいわゆるMV*と呼ばれる種類のフレームワークで、これを活用することで、Webアプリ構築時にコード量が削減されたり、実装者による品質の差を小さくするなど、生産性が大きく向上することが期待できます。
本書ではAngularJSの特徴、基本の使い方から、ディレクティブやテストなど、一歩進んだ活用方法までを簡潔かつわかりやすく解説しています。

本書の構成は以下のようになっています。

●Chapter01 AngularJSとは
AngularJSとはどのようなことができるのか、どのような特徴があるのかを簡単なデモを用いて説明します。これから実装を理解するにあたってのベースをおさえましょう。
●Chapter02 テンプレートの基礎
AngularJSのテンプレート機能のうち、基本的なものを解説します。JavaScriptを1行も使わないサンプルばかりですが、双方向データバインディングが簡単に実装できるのがわかります。
●Chapter03 モジュールとコントローラー
AngularJSの主な概念のうち、複数の機能をまとめるモジュールと、ビューの振る舞いを定義するコントローラーについて解説します。AngularJS特有の文法や注意点もあわせて紹介します。
●Chapter04 フィルタの使い方
フィルタはテンプレートでの表示を変換できます。既製フィルタの使い方、カスタムフィルタの作り方や使い方を解説します。フィルタをうまく使うと、ビューやコントローラーの見通しがよくなります。
●Chapter05 繰り返し処理
AngularJSで繰り返し処理を行うディレクティブ、ng-repeatを解説します。フィルタの仕組みと組み合わせると、さまざまな条件で要素を検索し、ソートをして表示することもできます。
●Chapter06 サーバーとの通信
AngularJSでサーバーとの通信を簡単に実装できる$httpサービスと、ngResourceモジュールについて解説します。$scopeと組み合わせて使うと、通信結果を簡単にページに反映できます。
●Chapter07 サービスの作成
AngularJSでアプリケーションのビジネスロジックやデータを定義する方法は複数あります。その方法を整理しながら解説し、さらにそれらの定義方法の使い分けについても解説します。
●Chapter08 ディレクティブの作成 1
AngularJSはディレクティブを介してDOMを操作します。この章ではDOMを操作するための、独自ディレクティブ定義の仕方のもっとも基本となる部分を解説します。
●Chapter09 ディレクティブの作成 2
この章ではディレクティブのスコープについて解説します。親スコープの継承や隔離スコープ、親スコープとディレクティブのローカルスコープとの紐付けを扱います。
●Chapter10 ディレクティブの作成 3
ディレクティブの内容をテンプレートの一部として利用するtranscludeと、ディレクティブ相互でやりとりを行うcontrollerとrequireを解説します。ディレクティブ内部の機能や構造を隠蔽でき、便利です。
●Chapter11 ユニットテスト
AngularJSの特徴のひとつに、テストを重視するという点があります。この章では、ユニットテストというモジュールやサービス単体をテストする方法を紹介します。
●Chapter12 End to Endのテスト
モジュールやサービスをつないで期待通りの動作をするかを検証するEnd to Endのテスト方法を解説します。ProtractorというSeleniumベースのテストフレームワークが便利です。

なお、本書は株式会社ピクセルグリッド運営の技術情報配信サービス「CodeGrid」掲載の記事「攻略! AngularJS」を再構成した書籍(2014/10刊行)の再刊です。内容、解説したAngularJSのバージョン、著者プロフィール等は、すべて2014年10月段階のものです。

続きを読む

商品を選択する

フォーマット 価格 備考
書籍(受注生産) 3,110 受注生産のため、決済完了から約10日後の発送となります。
PDF 2,484 当商品は発送を伴いません。ご購入後、「マイページ」からPDFをダウンロードしてください。

電子書籍フォーマットについて

  

備考

■ 著者プロフィール
外村 和仁 (ほかむら かずひと)
株式会社ピクセルグリッド フロントエンド・エンジニア
HTMLコーダー、JavaScriptプログラマ、PHP、Perlのプログラマといった職務を経験後、2010年に株式会社ピクセルグリッドに入社。大規模サイトの運用、開発の経験を活かしてバックエンドからフロントエンドまで幅広く担当。好きな言語はJavaScriptとRuby。
著書に『ノンプログラマのためのJavaScriptはじめの一歩』(技術評論社)、『Web制作者のためのGit入門』(共著、マイナビ)ほか多数。WEB+DB PRESS、Software Designなどにも寄稿。

■ 編者プロフィール
CodeGrid
http://www.codegrid.net/
フロントエンド開発に関わる人々のための技術情報配信有料サービス。
月4回、毎週配信される記事は、メールマガジンと経験豊かなピクセルグリッドのフロントエンド・エンジニアによって執筆され、専属編集者の手を経て発行されている。
JavaScriptの会社、株式会社ピクセルグリッドが運営。2011年4月に創刊され、現在まで300本以上の記事を配信。メールマガジンとWebアプリで全過去記事を閲覧できるので、技術情報アーカイブとしても、便利に使える。

目次

Chapter01 AngularJSとは
1.1 MVWフレームワーク
1.2 テンプレートとしてのHTML
1.3 双方向データバインディング
1.4 AngularJSが得意なこと・苦手なこと

Chapter02 テンプレートの基礎
2.1 AngularJSを使う準備
2.2 テンプレートタグ
2.3 ng-showとng-hide
2.4 ng-if
2.5 ng-class
2.6 ng-click
2.7 タブUIのサンプル

Chapter03 モジュールとコントローラー
3.1 モジュールの定義
3.2 モジュールの使い方
3.3 コントローラーの定義
3.4 $scopeオブジェクト
3.5 イベントハンドリング
3.6 コントローラーのスコープ
3.7 仮引数の名前
3.8 AngularJSのminify

Chapter04 フィルタの使い方
4.1 フィルタの使い方
4.2 フィルタの引数
4.3 フィルタをつなげる
4.4 カスタムフィルタ
4.5 カスタムフィルタで引数をとる

Chapter05 繰り返し処理
5.1 ng-repeatとは
5.2 特殊変数
5.3 絞り込み
5.4 フィールドを指定した絞り込み
5.5 並び替え

Chapter06 サーバーとの通信
6.1 $http
6.2 ショートカットメソッド
6.3 ngResource
6.4 ngResourceと$scope

Chapter07 サービスの作成
7.1 サービス
7.2 value
7.3 constant
7.4 factory
7.5 service
7.6 provider
7.7 どのレシピを使うか

Chapter08 ディレクティブの作成 1
8.1 ディレクティブとは
8.2 ディレクティブの定義
8.3 ディレクティブの名前
8.4 ディレクティブの例
8.5 要素を定義する

Chapter09 ディレクティブの作成 2
9.1 isolate scopeとは
9.2 isolate scope "@"
9.3 isolate scope "="
9.4 isolate scope "&"

Chapter10 ディレクティブの作成 3
10.1 transclude
10.2 transcludeダイアログの例
10.3 controllerとrequire

Chapter11 ユニットテスト
11.1 angular-mocks.js
11.2 テスト対象のプログラム
11.3 テストコード
11.4 moduleとinject
11.5 モック
11.6 テストの実行
11.7 まとめ

Chapter12 End to Endのテスト
12.1 本章の目的
12.2 Angular ScenarioとProtractor
12.3 Protractorの利用準備
12.4 設定ファイルの準備
12.5 Protractorの実行
12.6 テストスクリプトの内容
12.7 まとめ
 

この商品を買った人はこんな商品も買っています


最近チェックした商品

Tポイント利用手続き

         Tポイント利用手続きに関する同意事項

                                株式会社マイナビ出版

株式会社マイナビ出版が提供するマイナビBOOKSにおいてTポイントご利用続きをされる方は、以下に掲げるお客様の個人情報の取り扱いについてご確認の上、ご同意下さい。

マイナビBOOKSにおいてTポイントサービスをご利用いただいた場合に、当社から、次に掲げる<提供情報>を、<提供目的>のためにカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(以下「CCC」といいます)へ提供します。

  <提供目的>:CCCの定める個人情報保護方針及びマイナビBOOKSにおけるT会員規約第4条に定める利用目的で利用するためTポイントサービスを利用するため
  <提供情報>:
   1)お客様が【マイナビBOOKS】の正当な利用者であるという情報
   2)ポイント数・利用日
   3)その他、Tポイントサービスを利用するにあたり必要な情報

  <提供方法>: 電磁的記録媒体の送付またはデータ通信による。ただし、提供するデータについては暗号化を施すものとする。

なお、CCCに提供された、以下の情報の利用については、CCCの定める個人情報保護方針及びT会員規約 に沿って取り扱われます。
上記の情報提供の停止をご希望される場合には、【マイナビBOOKS】におけるTポイント利用手続きの解除を実施していただく必要があります。
Tポイント利用手続きの解除、およびTポイントサービスにおける個人情報に関するお問い合わせ先は、以下のとおりです。
お客様お問い合わせ先:Tサイト(http://qa.tsite.jp/faq/show/22612)

 なお、Tポイント利用手続きの解除が完了しますと、マイナビBOOKSにおけるTポイントサービスをご利用いただけなくなりますので、予めご了承ください。

Tポイント利用手続きを行いますか?