仕組みと使い方がわかる Docker&Kubernetesのきほんのきほん

  • 著作者名:小笠原種高
    • 書籍:2,992円
    • 電子版:2,992円
  • B5変:320ページ
  • ISBN:978-4-8399-7274-5
  • 発売日:2021年02月01日
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

イラストで、1歩目から少しずつ。これならDockerがわかる!

本書は、若手エンジニアや、バックエンドの技術にあまり詳しくない人に向けて書かれたDockerの入門書です。イラストやハンズオンを多めに入れて、Linuxの知識や、サーバの構築経験がなくても、理解しやすいように努めています。

本書はDockerをまったく知らない初心者から読める内容ですが、「とりあえずコマンドが打てるようになる」ことを目的にした本ではありません。Dockerがそもそもどんな仕組みで動いているのか、コマンドでは何を命令しているのか、オプションや引数は何を意味しているのかをきちんと理解できるように、イラストを多用して説明しています。

Dockerをひととおり動かして、止めて、廃棄するまでの流れを身に付けた上で、複数のコンテナ同士で通信をしたり、データをコンテナの外部に保存したりといった、現場で必要となるスキルを学んでいきます。

また、サーバーエンジニアであれば知っておきたいDocker ComposeやKubernetesについても、初歩から説明をし、ひととおり動かすまでの流れをハンズオンを交えて解説しています。

Dockerと長く付き合っていくための基礎力を身に付け、さらに現場の状況に応じて応用的な使い方もしていきたい方に、ぴったりの1冊です。


・対応OS:Windows 10 Pro/Home(WSL2適用)、macOS X、Linux
・Docker Desktop 3対応

・基本的な解説はDocker Desktop for Windowsで行いますが、Appendixにて他の環境へのインストールについても説明を入れています。

・Appendixでは、Macでのインストール、Linuxでのインストール、VirtualBoxのインストール、AWSでの環境準備のほか、nanoエディタの使い方、Docker Desktopコンソール画面の使い方、Dockerのコマンド一覧などを掲載しています。

<章立て>
Chapter1 Dockerとは何だろう
Chapter2 Dockerが動く仕組み
Chapter3 Dockerを使ってみよう
Chapter4 Dockerにコンテナを入れて動かしてみよう
Chapter5 Dockerに複数のコンテナを入れて動かしてみよう
Chapter6 応用的なコンテナの使い方を身に付けよう
Chapter7 Docker Composeについて学ぼう
Chapter8 Kubernetesについて学ぼう
Appendix
・[Windows向け]インストール補助情報
・[Mac向け]Desktop版Dockerインストール
・[Linux向け]Dockerのインストール
・VirtualBoxでポートフォワードの設定をする
・[Linux向け]nanoエディタの使い方
・[Linux向け]Kubernetesのインストール
・デスクトップ版コンソール画面の使い方
・Dockerのコマンド

商品を選択する

フォーマット 価格 備考
書籍 2,992
PDF 2,992 ※ご購入後、「マイページ」からファイルをダウンロードしてください。
※ご購入された電子書籍には、購入者情報、および暗号化したコードが埋め込まれております。
※購入者の個人的な利用目的以外での電子書籍の複製を禁じております。無断で複製・掲載および販売を行った場合、法律により罰せられる可能性もございますので、ご遠慮ください。

電子書籍フォーマットについて

  

備考

小笠原種高

愛称はニャゴロー陛下。テクニカルライター、イラストレーター。
システム開発のかたわら、雑誌や書籍などで、データベースやサーバ、マネジメントについて執筆。図を多く用いた易しい解説に定評がある。綿入れ半纏愛好家。
最近気になる動物は黒豹とホウボウ。

[Twitter]@shigetaka256
[Website]モウフカブール http://www.mofukabur.com

主な著書・Web記事
『図解即戦力AWSのしくみと技術がこれ1冊でわかる教科書』(技術評論社)
『Automation Anywhere A2019シリーズではじめるRPA超入門』(日経BP)
『なぜ?がわかるデータベース』(翔泳社)
『256(ニャゴロー)将軍と学ぶWebサーバ 』『MariaDBガイドブック』(工学社)
『ミニプロジェクトこそ管理せよ!』(日経 xTECH Active他)
『RPAツールで業務改善! UiPath入門 基本編・アプリ操作編』(秀和システム)
他多数。

関連ページ

目次

Chapter 1 Dockerとは何だろう 
Section 01 Dockerって何だろう 
Section 02 サーバとDocker 

Chapter 2 Dockerが動く仕組み
Section 01 Dockerが動く仕組み 
Section 02 Docker Hubとイメージとコンテナ 
Section 03 Dockerコンテナのライフサイクルとデータの保存 
Section 04 Dockerのメリットとデメリット 

Chapter 3 Dockerを使ってみよう 
Section 01 Dockerを使うには 
Section 02 Dockerのインストール 
Section 03 Dockerの操作方法とコマンドプロンプト/ターミナルの起動 

Chapter 4 Dockerにコンテナを入れて動かしてみよう 
Section 01 Docker Engineの起動と終了 
Section 02 コンテナ操作の基本 
Section 04 コンテナと通信 
Section 05 コンテナ作成に慣れよう 
Section 06 イメージの削除 

Chapter 5 Dockerに複数のコンテナを入れて動かしてみよう 
Section 01 WordPressの構築と導入の流れ 
Section 02 WordPressのコンテナとMySQLコンテナを作成し、動かしてみよう 
Section 03 コマンド文を書けるようになろう 
Section 04 RedmineのコンテナとMariaDBのコンテナを作成し、練習してみよう 

Chapter 6 応用的なコンテナの使い方を身に付けよう 
Section 01 自分に必要な技術を整理しよう 
Section 02 コンテナとホスト間でファイルをコピーする 
Section 03 ボリュームのマウント 
Section 04 コンテナのイメージ化 
Section 05 コンテナの改造 
Section 06 Docker Hubへの登録 

Chapter 7 Docker Composeについて学ぼう 
Section 01 Docker Composeとは 
Section 02 Docker Composeのインストールと使い方 
Section 03 Docker Composeファイルの書き方 
Section 04 Docker Composeを実行してみる 

Chapter 8 Kubernetesについて学ぼう 
Section 01 Kubernetesとは 
Section 02 マスターノードとワーカーノード 
Section 03 Kubernetesの構成と用語 
Section 04 Kubernetesのインストールと使い方 
Section 05 定義ファイル(マニフェストファイル)の書き方 
Section 06 Kubernetesのコマンド 
Section 07 Kubernetesの操作を練習しよう 

Appendix 
Appendix 01 [Windows向け]インストール補助情報 
Appendix 02 [Mac向け]Desktop版Dockerインストール 
Appendix 03 [Linux向け]Dockerのインストール 
Appendix 04 VirtualBoxでポートフォワードの設定をする 
Appendix 05 [Linux向け]nanoエディタの使い方 
Appendix 06 [Linux向け]Kubernetesのインストール 
Appendix 07 デスクトップ版コンソール画面の使い方 
Appendix 08 Dockerのコマンド 
 

この商品を買った人はこんな商品も買っています


最近チェックした商品

Tポイント利用手続き

         Tポイント利用手続きに関する同意事項

                                株式会社マイナビ出版

株式会社マイナビ出版が提供するマイナビBOOKSにおいてTポイントご利用続きをされる方は、以下に掲げるお客様の個人情報の取り扱いについてご確認の上、ご同意下さい。

マイナビBOOKSにおいてTポイントサービスをご利用いただいた場合に、当社から、次に掲げる<提供情報>を、<提供目的>のためにカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(以下「CCC」といいます)へ提供します。

  <提供目的>:CCCの定める個人情報保護方針及びマイナビBOOKSにおけるT会員規約第4条に定める利用目的で利用するためTポイントサービスを利用するため
  <提供情報>:
   1)お客様が【マイナビBOOKS】の正当な利用者であるという情報
   2)ポイント数・利用日
   3)その他、Tポイントサービスを利用するにあたり必要な情報

  <提供方法>: 電磁的記録媒体の送付またはデータ通信による。ただし、提供するデータについては暗号化を施すものとする。

なお、CCCに提供された、以下の情報の利用については、CCCの定める個人情報保護方針及びT会員規約 に沿って取り扱われます。
上記の情報提供の停止をご希望される場合には、【マイナビBOOKS】におけるTポイント利用手続きの解除を実施していただく必要があります。
Tポイント利用手続きの解除、およびTポイントサービスにおける個人情報に関するお問い合わせ先は、以下のとおりです。
お客様お問い合わせ先:Tサイト(http://qa.tsite.jp/faq/show/22612)

 なお、Tポイント利用手続きの解除が完了しますと、マイナビBOOKSにおけるTポイントサービスをご利用いただけなくなりますので、予めご了承ください。

Tポイント利用手続きを行いますか?