100冊以上のマイナビ電子書籍が会員登録で試し読みできる

「ここだけ」にしたくないゲームの話

【第7回】第2章・ゲームメディアの現状と問題点を考える 2-2:「メーカーチェック」の慣例がもたらした諸問題(1)

2016.04.14 | 鴫原盛之

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲーム雑誌でもwebサイトでも、ゲーム関連の記事を載せるにあたって「メーカーチェック」をするのはなぜでしょうか。その答えは、ファミコン専門誌が相次いで創刊され、商業媒体としてのゲームメディアが誕生し始めた1985年前後から始まった慣例が、そのまま現在までずっと続いているからです。当時から主に「パブ素材」を元に執筆した新作ソフトの紹介記事などについては、校正の段階でメーカーにあらかじめ内容の承認を得たうえで掲載するシステムになっていました。また、ゲームの攻略や裏技情報などを掲載した各種企画記事についても、創刊当初はチェックなしで載せていたこともありましたが、さまざまな紆余曲折を経て(※1)すべての記事は原則メーカーのチェックを受けるという体制が出来上がり、その慣例は21世紀となった現在でも続いています。

続きをご覧いただくには、会員登録の上、ログインが必要です。
すでにマイナビブックスにて会員登録がお済みの方は下記の「ログイン」ボタンからログインページへお進みください。

  • 会員登録
  • ログイン