WD Online

注目のデジタルコンテンツ

開かずのウェブサイト モノではなく体験を!

「チョコボール」の「おもちゃのカンヅメ」が「SCRAP」とコラボ。モノではなく“できた”という体験をプレゼントする最新作「開かずのカンヅメ」のデジタル連動企画で、トップページを閉じ込めてしまうというジャック型コンテンツだ。カンヅメと同様、謎を解かないと開かない(サイトが戻らない)という体験として再現されている。リアルのカンヅメの謎解きにも挑戦したくなる。

 

□クライアント:森永製菓(株) □代理店:(株)博報堂
□制作:(株)SCRAP、(株)ラナエクストラクティブ、cross chop
CD:滝口勇也/AD:吉岡直/CW:滝口勇也/AD、Pl:おおたしんじ/Pl:白根由麻/De:新井俊樹、谷口純平/DI:橘田幸之佑/So:古飯塚譲/ゲームディレクター:かわかたたまみ、斎藤しょう子/Co:酒井佑三、田村聡、伊藤友美

http://www.morinaga.co.jp/kyorochan/akazu_jack1/

6791d71b4982b3b04ba1cb741ed009de.jpg
01~04 トップページ 謎解きの内容はカンヅメとともに、リアル脱出ゲームでおなじみの「SCRAP」が監修。大量のボタンの中から正解のボタンを探しだすという謎が仕掛けられている。クリアまでの時間にランクをつけ、競争心を煽ることでSNSでの拡散効果を狙った。カンヅメ、Webサイトのほか、商品の開け方がわからない「開かずのチョコボール」も期間限定で発売されている