WD Online

注目のデジタルコンテンツ

倉敷中央病院 研修医実技トライアウト ユニークな試験内容を公開。業界外へもアピール

倉敷中央病院が研修医採用のために実施した、ユニークな実技トライアウトを体験できるWebサイト。「5ミリの折り鶴」「昆虫の組み立て」「米粒寿司」というこれまでにないユニークな試験内容を、スクロールによるアニメーションで表現している。「筆記試験や面接ではわからない何か」「課題の実現可能性」などを測ることが目的だったそうだが、トライアウトの話題性とともに、同院を一般の人にも広くアピールする結果となった。

□クライアント:(公財)大原記念倉敷中央医療機構 倉敷中央病院
□代理店:TBWAHAKUHODO+博報堂
□制作:dot by dot inc.(http://dotby.jp/
ECD:佐藤カズー/CD、CW:小笠原健/AD:徳野佑樹/クリエイティブテクノロジスト:松倉昌志/PRスペシャリスト:三浦崇宏/De:ちぇへをん、伊藤太一/Pr:衣袋宏輝/P:関賢一

http://www.kchnet.or.jp/recruiting/

3daef0343c6346e7596ac999b576df43.jpg
01~09 メインページ スクロールしながら、15ミリの折り紙を使用する「5mmの折り鶴をつくれ」(02~03)、13のパーツに分けられた35ミリ程度のタマムシを組み立てる「バラバラになった昆虫を治せ」(04~05)、ひと粒の米の上に極小の刺身を載せた「米粒大の寿司を握れ」(06~07)という3つの試験内容を見せるシンプルなサイト構成。テキストは、SVGで描いた線+SVGマスクを2枚重ねにするという演出になっている