WD Online

注目のデジタルコンテンツ

KAIGO in JAPAN

日本で介護の仕事をしようと考えているアジア圏の若者に向けて、やさしい日本語で語りかけるWebサイト。

Target▶︎日本で介護の仕事をしようと考えている、アジア圏の若者

Comment▶︎言葉や文化の異なるアジア圏の若者に「届ける」ために、やさしい日本語・日本語・英語の3言語で制作。スマートフォン優位で、感覚的に理解できるような情報設計とデザインを行いました。現地視察をもとに、すでに日本で働いている先輩インタビューや「介護施設の1日」の映像、日本と介護の基礎情報、よくある質問を紹介。「働くためのガイド」になるようなWebサイトを目指しました。(川村庸子)

□クライアント:(一社)FUKUSHI FOR CONVIVIALITY
□P:コッヘル/Editorial D:川村庸子/E:佐藤恵美/Web D、PG:萩原俊矢/AD、De:井山桂一(GRANDBASE inc.)/PG:多田ひと美(GRANDBASE inc.)/W:小野民/やさしい日本語訳:羽山慎亮、室津大吾(共にスローコミュニケーション)/Ph、英訳:辻田美穂子/英訳:Dean Humphrey/Ph:阪本勇、黑田菜月/Vi:丸尾隆一/Motion Graphics:有佐祐樹

https://kaigo-in-japan.jp/

SELECTION03_00.jpg