「プログラミングコンテストチャレンジブック第2版」サポートサイト

世界で闘うプログラミング力を鍛える本:カバー

このページは2012年1月発行、マイナビ出版刊『プログラミングコンテストチャレンジブック 第2版』(ISBN978-4-8399-4106-2)』のサポートページです。

 発行:マイナビ出版
 最終更新日:2019年11月13日
 2019年11月25日: 第17刷 発行
 2012年2月10日: 第2刷 発行
 2012年1月10日: 公開
商品紹介ページへ戻る

正誤情報

 正誤が見つかり次第更新していきます

第2版第12刷までのもの
第2版第10刷までのもの
第2版第6刷までのもの
第2版第4刷までのもの
第2版第3刷までのもの
第2版第2刷までのもの
第2版第1刷までのもの

 

第2版第16刷までのもの-------------------------------

P.150_151:ソースコードの下から3,4行目
誤) if (1 <= tx1 && tx1 <= W) xs.push_back(tx1);
 if (1 <= tx2 && tx2 <= W) xs.push_back(tx2);
正) if (1 <= tx1 && tx1 <= w) xs.push_back(tx1);
 if (1 <= tx2 && tx2 <= w) xs.push_back(tx2);
P.151:真ん中の図の2行下
誤) たかだか 6n × 6n
正) たかだか 6N × 6N
P.158:ソースコード
誤)6行目あたり // 場所sの角度が~ から9行下の if (s <= m) arg[v] += a; まで
正)間にある s をすべて k に置き換え (7か所)
P.163:中央の図の左下の部分
誤) [6]   [3]   [7] …
正) [5]   [3]   [7] …

第2版第12刷までのもの-------------------------------

P.103:問題(Conscription(POJ No.3723))に条件を追加
正)必要な費用を最小化しなさい。ただし、同じ男女が複数通りの親密度を持つ場合もあり、その場合はその中の任意の一つの親密度を徴兵に利用できる。

第2版第10刷までのもの-------------------------------

P.234:6行目
誤)凸多角形の頂点数は234_a-40x0.png個しかないため(1~9刷)
誤)凸多角形の頂点数は234_a_10th.png個しかないため(10刷)
正)凸多角形の頂点数は234_b.png個しかないため

第2版第6刷までのもの(7刷以降は修正済)-------------------------------

P.105_106:解答例のソースコード
正) この内容のコードに修正

第2版第4刷までのもの(5刷以降は修正済)-------------------------------

P.26:ソースコード中の2つ目のコメント
誤)// xの存在し得る範囲はk[l], k[l+1], ..., k[r-1] ...
正)最後の ... は不要
P.85:本文の1行目
誤)Nやkが大きいので
正)NやKが大きいので
P.128:下の図
誤)a[0]=3と3を比較し
正)a[0]=2と3を比較し
P.178:最後の文
誤)まだ調べていない一番下のマス
正)まだ調べていない一番上のマス
P.219: 1つ目の式の最後の項
誤)T= ~ Z_{a_n}
正)T= ~ Z_{a_N}
P.223:式(2')の下の式 + を削除
誤)y_1,+y_2 ≧ 0
正)y_1, y_2 ≧ 0
P.223:式(2')の2つ目のy_1はy_2
誤)2y_1+y_1 ≧ 3
正)2y_1+y_2 ≧ 3
P.242:制約
正)制約の small と large の頭文字は大文字
P.248:3つの式の真ん中のBは小文字
誤)a <= B → a < b + EPS
正)a <= b → a < b + EPS
P.256:式(2')の下の式の番号
誤)(3)
正)(3')
P.294,296:ソースコード中の「int id[MAX_V]」の後のコメントのeはvs
誤)各頂点がeにはじめて登場するインデックス
正)各頂点がvsにはじめて登場するインデックス
P.295,297:ソースコード中の「rmq_init」の前の行のコメント
誤)RQMを初期化…
正)RMQを初期化…
P.314:ソースコードの2つ目のコメント
誤)Mは初期状態で残っている~
正)MとSは初期状態で残っている~
P.319:下から3行目
誤)列Bにそれより小さな数字が何個含まれるかを数え
正)列Bにそれより大きな数字が何個含まれるかを数え
P.340:図
誤)S[7..]
正)S[7...]
P.340:下の問題文から2行上
誤)lcp[sa[i]], lcp[sa[i]+1], ... , lcp[sa[j]-1]
正)lcp[rank[i]], lcp[rank[i]+1], ... , lcp[rank[j]-1]
P.350:例2の出力
誤)1
正)2
P.355:
正)2ヶ所ある「w+h C w」の「w+h」と「w」は下付き

第2版第3刷までのもの(4刷以降は修正済)-------------------------------

P.250:例「入力」
誤)y = {1, -1, 1, 6, 2}
正)y = {1, -1, 0, 0, 1}

第2版第2刷までのもの(3刷以降は修正済)-------------------------------

P.57:図「DP テーブル」
誤)行見出しと列見出しが逆。
正)以下が正しい図になります
fig_p57_dptable
P.66: ソースコード
誤)int dp[MAX_N + 1][MAX_M + 1]; // DPテーブル
正)int dp[MAX_M + 1][MAX_N + 1]; // DPテーブル
P.125:全探索
正)"POJ 3009 : Curling 2.0" は幅優先探索ではなく深さ優先探索
P.126:最短路
誤)POJ 3249 : Wormholes
正)POJ 3259 : Wormholes

第2版第1刷までのもの(2刷以降は修正済)-------------------------------

P.76:下部
誤)その場所のノードを削除してしまうと、子である11と17のノードが
正)その場所のノードを削除してしまうと、子である10と17のノードが
P.151:中央およびソースコード
誤)その大きさはたかだか3n×3nとなります。
正)その大きさはたかだか6n×6nとなります。
156ページ:(例1)
誤)S={10}
正)S={1}
220ページ:問題文
誤)k個以上の区間で
正)K個より多くの区間で
261ページ:上部
誤)このとき、X^{φ(m)}≡1 (mod m)が成り立ちます。
正)このとき、mと互いに素なxについて、x^{φ(m)}≡1 (mod m)が成り立ちます。

連絡先

 誤字・脱字、技術的な誤り等の御指摘は、pc-books@mynavi.jp もしくは teamhitori@gmail.com までお願いします。