将棋情報局

56858_ext_06_0.jpg

購入形態

書籍
1,694円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
書籍 講座 中飛車

決定版!ゴキゲン中飛車VS超急戦 ~将棋史上最も過激な殴り合い~

発売日:2016-08-19

販売元:マイナビ出版

判型:四六判

ページ数:224ページ

難易度:初級~中級

ISBN:978-4-8399-6042-1

本書はゴキゲン中飛車に対して7手目▲5八金右とわずかな得を求めた手に対し△5五歩▲2四歩と互いに一歩も引かずに大決戦となる「超急戦」について解説したものです。
ゴキゲン中飛車の存続に関わるこの戦型の進化が、時系列にそって壮大な一つの物語のように語られています。

第1章 始まりはいつもこの男たちから
第2章 帝王の参戦
第3章 中飛車党の憂鬱
第4章 遠見の角が見てきたもの
第5章 息を吹きかける若者たち居飛車が新手を出せば、振り飛車もそれに対抗し、現在も結論は出ていないこの戦型。これまでに公式戦やタイトル戦の舞台で数々の棋士がユニークな新手を生み出してきました。

堀口新手▲7五角
室岡新手▲3三角
阿久津新手△5三香
佐藤新手△8九馬
そして、▲1三龍、▲3三香、△5七歩・・・。

その間に第59期王将戦第6局での久保利明棋王の3連続限定合をはじめ、多くの名局が生まれました。

棋力向上が図れることはもちろん、将棋の戦法進化のドラマとしても楽しむことができます。さらに、プロ棋士の将棋に対する情熱も堪能できる一冊です。

============================================================

肉を斬らせて骨を、否。骨まで斬らせて息を断つ。
「将棋ファイターに生まれたのなら、一度は指してみろ!」(まえがきより)

著者プロフィール

  • 畠山成幸

    畠山 成幸(はたけやま・なるゆき)
    1969年6月3日生まれ 神奈川県出身
    1983年 6級で森安正幸七段門
    1989年10月1日 四段
    2003年5月19日 七段
     弟の畠山鎮とともに、将棋界唯一の双子棋士。しかも、1989年10月1日に二人同時にプロ入り(四段昇段)し、大きな話題となった。
    1994年度早指し新鋭戦で優勝。2000年前後から振り飛車を指すようになり、今ではどんな戦型も指しこなすオールラウンダー。
    著書に「決定版!超速▲3七銀戦法」(マイナビ出版)、「角交換振り飛車」「いまさら聞けない将棋Q&A」「豪快四間飛車-徹底研究 対急戦 対持久戦」(創元社)がある。

販売元:マイナビ出版
商品についてのお問い合わせ先:
https://book.mynavi.jp/inquiry_list/

発送について:
原則として3日~5日程度で発送いたします。
※先行販売などのキャンペーンの場合はこの限りではありません。

新着商品!

商品一覧へ