四間飛車戦記<動画付き豪華版/通常版>|将棋情報局

将棋情報局

9784839984908.jpg

購入形態

動画
1,100円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
四間飛車 実戦集

四間飛車戦記<動画付き豪華版/通常版>

発売日:2024-02-16

販売元:マイナビ出版

判型:A5

ページ数:278ページ

ISBN:9784839984908

四間飛車、激動の10年を追う


★当商品は【動画付き豪華版】と 【通常版】がございます。

・動画付き豪華版:「書籍(特典付き)」をご選択ください/動画が付いてきます。
 ※特典の購入・視聴にはマイナビブックスへのログインが必要です。会員登録されていない方はご購入時に必ず会員登録(無料)をお願いいたします。
 ※有料動画はご購入後、マイページからダウンロードできるPDFに記載のご視聴ページURLとパスワードを使用し、ご視聴ください。
  動画の送付はございません(動画視聴方法の詳細は本ページ下記をご確認ください)。


・通常版:「書籍」をご選択ください。

※現在は【動画付き豪華版】のみ予約受付中です。【通常版】の予約開始は2月中旬を予定しています。



四間飛車はこの10年で大きく変化しました。

四間飛車美濃囲いVS居飛車穴熊という形が長い間指されてきて、閉塞感のある状況が続いておりました。しかし、耀龍四間飛車、振り飛車ミレニアムといった新しい指し方が現れ、また美濃囲いの形においても端の位を取った銀冠の指し方が洗練されてきたことで四間飛車側が盛り返してきたのです。

この状況に居飛車側も変化します。まず、居飛車穴熊が端を受けるようになりました。また、居飛車穴熊への絶対の信頼が薄らいだことにより、急戦やミレニアムなどが見直されることとなりました。特に急戦においてはエルモ囲い急戦や金無双急戦といったこれまでにない形も生まれています。

現在は四間飛車側、居飛車側双方が工夫を凝らして戦っている状況で、かつての閉塞状況に比べると四間飛車は指していて楽しい戦法になっています。

とはいえ、居飛車穴熊対策だけを考えていた頃に比べて戦法が多様化したことで覚えなくてはいけないことが増えたのも事実。急戦やミレニアムなど、正しく対応しなければあっという間に作戦負けになってしまいます。

そこで本書の登場です。
本書はここ10年のキーになった四間飛車の将棋を62局解説付きで収録しています。

本書を通読していただくことで、四間飛車の各戦型における流れと現在のトレンド、駒組みや仕掛けの知識などが一通りに身につくようになっています。

四間飛車のスペシャリストたちが残してくれた名局を堪能しつつ、日々の将棋に生かしていただければ幸いです。