価値ある情報を幅広く紹介。将棋の「知りたい」はここで見つかる

マイナビ将棋編集部BLOG

将棋世界

鎌田菜月さんが根岸愛さんを破る―― 将棋ウォーズ棋神戦は井上さんが優勝

2016.08.16 | 将棋世界編集部

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



 朝日新聞社杯第2期将棋ウォーズ棋神戦が8月15日、東京都港区のテレ朝夏祭りの会場でファン公開のもとに行われた。同大会はスマホなどのアプリ「将棋ウォーズ」(運営HEROZ)を利用した10分切れ負けのルール。好きな局面で、1回(5手連続)だけ棋神(コンピュータ将棋)のアドバイスを取り入れることができる。

 決勝は井上輝彦さんと小山怜央さんの対戦。二人ともアマ棋界を代表する超強豪だ。中盤で優勢を築いた井上さんの攻めを小山さんが懸命にしのいで形勢不明に持っていく。最後は両者とも残り10秒を切る白熱の戦いとなったが、井上さんが押し切って優勝、賞金50万円を獲得した。


(優勝賞金50万円の目録を手にする井上さん。右は塩地美澄アナウンサー)

 大会の模様はCSテレ朝チャンネル2で生放送されたが、準決勝の前に女性アイドル、鎌田菜月さんと根岸愛さんによるエキシビションマッチが行われた。鎌田さんは今年のAKB総選挙でランクインしたSKE48の人気メンバー。昨年から将棋の魅力にはまったそうだ。対する根岸さんは7人組アイドルPASSPO☆(ぱすぽ)のキャプテン。一昨年の「芸能界最強決定戦2」で伊藤かりんさん(乃木坂46)と対戦、惜しくも敗れたが、今回はそれ以来のテレビ対局となる。

 対局はゲストの佐藤天彦名人、香川愛生女流三段、竹俣紅女流初段、将棋大好き芸人ザブングル加藤歩さん、そしてお互いのファンの方々が見守る中スタート。二人ともヘッドホンを付けているので、解説の声は聞こえない。鎌田さんの矢倉に根岸さんは穴熊に組み替える。ライブや握手会とは違った真剣な表情だ。中盤のやりとりで駒得を収めた根岸さんが必勝の局面を築いたが、残り時間の切迫もあって土壇場で何度か詰みを逃す。粘りが実った鎌田さんが最後は7手詰めを決めて大逆転勝ち。会場は両者の熱戦をたたえる大きな拍手の渦と化した。
 なお本大会の詳細は本誌11月号でお送りする。


(左から根岸愛さん、香川愛生女流三段、鎌田菜月さん)
 

あなたにおすすめの商品