本の森JP

86354-221-1.jpg

購入形態

EPUB
1,769円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる

SUPERサイエンス 戦争と平和のテクノロジー

シーアンドアール研究所

兵器の能力を向上させるテクノロジーは、軍事や民生を問わず、用途の豊富なものが次々と開発されています。毒物や爆薬の研究は、医薬品を発展させ、移動手段の向上は、車や飛行機、ロケットなどの開発につながり、コンピューター技術がスマートフォンや人工知能開発を飛躍的に進化させます。本書は、兵器の発展と共に開発されたテクノジーがどのように現代社会に活用されているか詳しく解説しています。

※本書に記載してある内容は、テクノロジーの発展と共に生活を豊かにしてきた人類の歴史や新しい技術を知ることを目的としています。テロや違法行為を助長する意図はありません。また具体的な製造法に触れたり、違法行為の方法は一切記述してありません。

目次

●Chapter.1人類とテクノロジーの歴史
●Chapter.2刀剣・銃砲のテクノロジー
●Chapter.3爆薬・化学・生物兵器のテクノロジー
●Chapter.4移動手段のテクノロジー
●Chapter.5通信・情報処理のテクノロジー
●Chapter.6衣料・食料品のテクノロジー
●Chapter.7原子力のテクノロジー
●Chapter.8人体改造のテクノロジー
●Chapter.9その他のテクノロジー

著者プロフィール

  • 齋藤 勝裕(著者)

    齋藤 勝裕(さいとう・かつひろ)
    名古屋工業大学名誉教授、愛知学院大学客員教授。大学に入学以来50年、化学一筋できた超まじめ人間。専門は有機化学から物理化学にわたり、研究テーマは「有機不安定中間体」、「環状付加反応」、「有機光化学」、「有機金属化合物」、「有機電気化学」、「超分子化学」、「有機超伝導体」、「有機半導体」、「有機EL」、「有機色素増感太陽電池」と、気は多い。執筆暦はここ十数年と日は浅いが、出版点数は150冊以上と月刊誌状態である。

    【担当編集者から】食品用ラップは、弾薬や火薬の湿気から守るために開発されたものということは案外知られていないことです。このように私たちの身近にある便利な道具は、実は戦争に関連したテクノロジーが民生化されたものなのです。本書は、他にも医薬品から自動車などさまざまなテクノロジーの発展で生まれたものを歴史と共に紹介しています。(西方 洋一)




販売元:C&R研究所
商品についてのお問い合わせ先:
https://www.c-r.com/contact/index

発送について:
発送を伴う商品については、原則として3日~5日程度で発送いたします。また、1回の注文につき送料として600円を別途ご請求いたします。