本の森JP

86354-119-1.jpg

購入形態

書籍
3,520円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる

基礎から学ぶ Windowsストアアプリ開発

シーアンドアール研究所

「Windowsストアアプリ」とは、Windows 8から導入された新しいAPI「WinRT」を使ったアプリケーションのことです。WinRT APIを使用したアプリケーションは「Windowsストア」で配布されます。Windowsストアアプリは、通常のPCだけでなく、タブレットに最適化されたユーザーインターフェイスを持っているのが特徴です。本書は無料で構築できるツールを使い、アプリ開発からWindowsストア公開までの手順を解説します。

目次

●CHAPTER01Windowsストアアプリの基礎知識
●CHAPTER02開発環境の構築と開発ツールの概要
●CHAPTER03はじめてのWindowsストアアプリの開発
●CHAPTER04時計アプリの作成
●CHAPTER05Twitter連携アプリの作成
●CHAPTER06ウェブカメラ&動画再生アプリの作成
●CHAPTER07リマインダーアプリの作成
●CHAPTER08アプリ作成で知っておきたい知識
●CHAPTER09Windowsストアへのアプリの公開

著者プロフィール

  • 西村誠(著者)

    西村 誠(にしむら・まこと)
    株式会社システムフレンド勤務。広島でWindowsストアアプリの普及に努めるプログラマー。Windows Phoneをこよなく愛する。「Windows Phoneハンズオン in 広島コミュニティ」でWindowsストアアプリ、Windows Phoneの勉強会を開催中。
    国産ECサイト構築フレームワーク「EC-CUBE」の公式エバンジェリスト。EC-CUBEに関連するWindowsストアアプリ「ShopBank」「トレトレ」「EC-CUBE大全」などを公開中。

    【担当編集者から】
    Windows 8はマイクロソフトが本格的にタブレット端末への対応を行ったOSとなりました。ユーザーインターフェイスの変更など、大きな変更が加えられていますが、その1つがWindowsストアの開設です。ひょっとすると2~3年後にはWindowsストアアプリがWindowsのアプリは大半を占めるかも知れません。そんな新しいWindowsストアアプリの作り方をできるだけわかりやすく解説しました。(三浦聡)




販売元:C&R研究所
商品についてのお問い合わせ先:
https://www.c-r.com/contact/index

発送について:
発送を伴う商品については、原則として3日~5日程度で発送いたします。また、1回の注文につき送料として600円を別途ご請求いたします。