本の森JP

86354-107-4.jpg

購入形態

書籍
3,740円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる

Android ADKで学ぶハードウェア制御

シーアンドアール研究所

「Android ADK」は、2011年5月にGoogleが発表した、AndroidにUSB経由でさまざまな周辺機器を接続するための仕組みである「Android OpenAccessory」の開発ツールです。Android ADKを利用することにより、Android端末にさまざまな周辺機器を接続することが可能になります。発表後、Androidの家電等の連動やホビー用途(ロボット)での活用などが模索されています。本書では、Android ADKの基礎から応用までをわかりやすく解説します。Android ADKの中身をしっかり知りたい人に最適です!

目次

●CHAPTER01AndroidOpenAccesoryとAndroidADKの概要
●CHAPTER02AndroidADKのインストール
●CHAPTER03USBデバイスのファームウェアの概要
●CHAPTER04アクセサリモードアプリの概要
●CHAPTER05USBデバイスでAndroid端末を制御するアプリの作成
●CHAPTER06Android端末でUSBデバイスを制御するアプリの作成
●CHAPTER07Microchip版ADK用アプリの作成
●CHAPTER08ホストモードアプリの作成
●CHAPTER09ラジコンカーを制御するアプリの作成

著者プロフィール

  • 渡邊昌之(著者)

    渡邊昌之(わたなべ・まさゆき)
    ソフトウェアのエンジニア。ブートローダ、カーネル、ドライバからウェブアプリケーション、携帯端末用アプリケーションまで「ソフトと名が付けば何でも」が信条。現在はAndroidやiPhoneのアプリケーション開発やLinuxやAndroidのポーティングなどが主な仕事。著書に「基礎から学ぶ Androidアプリ開発」(小社刊)がある。

    【担当編集者から】
    Androidスマートフォンからさまざまなハードウェアの制御を可能にするのがAndroid ADKです。本書でもラジコンカー(Androidスマートフォンを2台使用し、1台をラジコンカーに搭載、Wifi経由でもう1台のスマートフォンでコントロールを行うという、なかなか凝った構成です)を制御したりしていますが、将来は家電のコントロールなどもできるようになりそうです。本書は、そんなAndroid ADKの中身を詳しく知ってもらえるように、詳しく解説を試みました。ちょっと地味かも知れませんが、きっとお役に立つはずです。(三浦聡)




販売元:C&R研究所
商品についてのお問い合わせ先:
https://www.c-r.com/contact/index

発送について:
発送を伴う商品については、原則として3日~5日程度で発送いたします。また、1回の注文につき送料として600円を別途ご請求いたします。