便利技 他人事Tips

AirPlay 2未対応のデバイスで音楽を同時再生する

文●今淳一

複数のデバイスで音楽を同時再生できる「AirPlay 2」。実はAirPlay 2未対応のデバイスでも、旧来のAirPlayに対応していればiTunesを使って同時再生が可能なんです。


macOS/iOS/tvOSで利用可能になった「AirPlay 2」は、複数のデバイスで音楽を同時再生できる機能を備えています。この機能は、AirPlay 2に対応したスピーカか、Apple TV(4K/第4世代)、またはAirMac Express(第2世代)がないと使えません。
しかし、AirPlay 2未対応のデバイスでも旧来のAirPlayに対応していれば、ある方法を使って同時再生ができるんです。その方法とは、iTunesからストリーミング再生を行うことです。



iTunesの音量調節バーの隣に、AirPlayボタンがあります。ここからスピーカの制御を行うのは、AirPlayもAirPlay 2も変わりません。




このように、iPhoneからの場合は複数のデバイスを同時選択することはできませんが、iTunesからの場合は複数を選択し、同時に再生することが可能です。古い環境下であっても同時再生が可能というのは、新しい機能に埋もれて見えにくくなってしまう部分です。ぜひ活用してみてください。

 



おすすめの記事一覧