特集

新製品の概要と特長

新MacBook Proの驚きの性能&機能❷

文●今井隆大須賀淳氷川りそな松山茂松村太郎編集部写真●黒田彰apple.com

見た目は同じでも、中身はまったくの別物

TECHNOLOGY FOCUS(2)

グラフィックス性能を大幅アップさせる「eGPU」テクノロジーの活用

 

パワー不足を補填

4K動画編集、VRコンテンツ、リッチな3Dゲームなど、近ごろ話題のトピックには大きなグラフィックス性能が要求されるものがとても多い。MacBookプロなどのノート型Macは、サイズの都合でデスクトップマシンのようなハイエンドのグラフィックスカードを積めないので、どうしてもパワーの面で不利になりやすい。そんな状況を劇的に改善できるのが「eGPU」というテクノロジーだ。MacBookプロに搭載されているサンダーボルト3ポートは、40Gbpsという非常に高速な仕様のため、外付けハードとしてデスクトップマシンと同じ高性能なグラフィックカードを接続することで、処理速度の向上や複数ディスプレイへの出力など、グラフィックス面での大きなパワーアップが可能だ。eGPUはmacOSハイシエラ(10・13・4)で利用可能となり、特にプロの映像クリエイターなどの間では大きな話題となっている。

 

半ば“アップル公式”

そして、新MacBookプロと同時に発表されたのが、廉価ながら高性能な映像制作機器で知られるブラックマジックデザイン社の「ブラックマジックeGPU(Blackmagic eGPU)」。アップルストアで販売され、半ば「公式」的な位置づけとなっている。eGPU製品は、拡張ボックスとグラフィックカードが別売りのものが多く、ハード内部を開けての取り付け操作に不慣れな人も多いMacユーザには少々ハードルの高い印象があった。一方、ブラックマジックeGPUは、高性能なグラフィックスカードの「ラデオン・プロ580」があらかじめセットされているので、サンダーボルト3ケーブルの接続だけですぐ使用できる。本体には2つのサンダーボルト3ポートに加え、映像出力用のHDMIポートや4つのUSB3.0ポートを備え、さらにMacBookプロに85ワットの電力供給を行えるので、据え置きの拡張ハブとしても利用可能だ。

今回は、新MacBookプロ(13インチモデル)にブラックマジックeGPU接続して検証してみた。ギークベンチによる計測では、ノーマルと比較して約3倍の非常に優秀なスコアが出た。

次に、ブラックマジックデザインのビデオ編集ソフト「ダヴィンチ・リゾルブ(DaVinci Resolve)」を使用し、トラック上の4Kビデオ素材にエフェクトを適用したうえで、新たな動画ファイルに書き出す時間を比較するテストを実行した。その結果、ノーマルで58秒かかった処理が27秒と約半分に。GPUのパワーが素直に反映される印象なので、ソフトが対応していればVRコンテンツやゲームなどにも力を発揮するだろう。eGPUはサンダーボルト3を装備した2016年以降のMacBookプロで使えるので、それらのユーザも導入する価値が大いにありそうだ。 

  • 0d000471241403e31d6069c66a8fd430.jpg

Blackmagic eGPU

【発売】BlackMagic Design
【価格】8万9800円(税別)
【URL】https://www.blackmagicdesign.com/jp/products/blackmagicegpu/

「BlackMagic eGPU」はミニタワー型の筐体で、サイズ感としてはMac Proに近い。Thunderbolt 3ケーブル経由でMacBook Proに電力供給でき、4つのUSB 3.0やモニタ出力のHDMI端子も備える。

 

  • 6959640b57b3bb7fbb2725a2d6a5795a.jpg

新13インチモデルに接続して、Geekbenchでグラフィックス性能を計測した結果。ノーマルの32780に対し、約3倍の108966と大幅にスコアが上昇している。15インチと比較しても倍近い、かなりのパワーを示している。

 

  • bf720d9e16efb58f15ec8bc6098a4ccf.jpg

Blackmagic Designのビデオ編集ソフト「DaVinci Resolve」からの書き出し検証では、ノーマル時に58秒かかった処理が、eGPU併用では27秒と半分以下に。編集中のプレビュー表示も快適に行えた。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

前のページへ

新MacBook Proの驚きの性能&機能❶
見た目は同じでも、中身はまったくの別物

<<

「新MacBook Proの全貌」の目次