特集

ノート型Macの買い替えどきの見極め方

MacBookシリーズの変遷

文●今井隆大須賀淳氷川りそな松山茂松村太郎編集部写真●黒田彰apple.com

年代別にマシンの性能をチェックしよう

端子は問題にならず

過去7年のMacBookプロの変遷を並べてみると、2012年と2016年に大幅なモデルチェンジが行われ、その後数年はCPUの更新、細部の改良などが続くパターンとなっている。

現在は、USBタイプC端子を搭載した周辺機器や充電環境も大きく進んできたので、新世代のMacBookプロに魅力を感じつつも、周辺機器との接続に不安が拭えず二の足を踏んでいたユーザにとっては、安心して長期間使えるモデルが登場した形だ。小型軽量化や内蔵ストレージの速度向上といった部分も新しい世界を感じさせてくれるので、2015年モデル以前のMacBookプロユーザには、買い替えの価値が大いにあるといえる。

一方、2016年モデル以降のMacBookプロユーザはどうか? 動画系など少しでもマシンパワーを追求したいユーザは、まだ下取り価格の高い現在のマシンを売り、差額のみの負担でスペックの向上をはかる価値は十分にある。また、外付けGPU「ブラックマジックeGPU」などを使うことで、グラフィックス系の性能を大幅にアップさせることも可能だ。両者の投資額はそれほど違わないので、自分の用途に合わせてベターなほうを選択しよう。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

前のページへ

スペックと機種比較

<<

「新MacBook Proの全貌」の目次