便利技 他人事Tips

iPhoneを片手で活用するテクニック

文●今淳一

「最近のiPhoneは画面が大きくて扱いづらい…」と感じている方はいませんか? 今回は、画面が大きいiPhoneでも片手で操作するコツを紹介します。


手のひらサイズのiPhoneは片手操作が捗ったのに、今は画面が大きすぎて指が端まで届かない…というのは、よくある悩みだと思います。普段は両手で操作するにしても、とっさに片手で操作しなければならない場面は少なからずあり、無理をすると手を滑らせて落としかねません。そんなことにならないように、今回は大きな画面でも片手で操作しやすくなるテクニックをおさらいしましょう。



まずは「簡易アクセス」機能について解説します。ホームボタンをダブルタップ(押すのではなくトントンと叩く)すると、このように画面が下がってきて指が届くようになります。Safariを閲覧中、ページの先頭に戻りたいときなどには特に威力を発揮するので、覚えておきたいテクニックです。なお、ホームボタンの存在しないiPhone Xの場合、Dock部分を下にスワイプすれば同様の操作が可能です。



より切実に片手操作を楽にしたい場面は、キーボードでの文字入力時でしょう。英語キーボードの場合はそもそも両手で打つことも多いと思いますが、日本語の、それもフリック入力を使う場合は、画面が大きすぎるととても不便です。
こんなときは、「片手用キーボード」が便利。左隅にある地球儀のマークを長押しすると、左手用、右手用の片手用キーボードを選択できます。解除したい場合は端に現れるマークをタップすればOKです。ちょっとしたワザですが、フリック入力が劇的にやりやすくなるので、こちらもぜひ日常的に活用していきましょう。


 



おすすめの記事一覧