便利技 他人事Tips

iPhone写真からApple Watchの文字盤を作る

文●今淳一

iOS 11の「写真」アプリでは、カメラロール内の写真からApple Watch用の文字盤を作成できます。具体的な方法を見ていきましょう。

その日の気分やバンドに合わせて文字盤を自由に変更できるのがApple Watchの魅力です。そんなApple Watchの文字盤はiPhoneの写真から作成することも可能です。お気に入りの写真を文字盤に使って、気分を高めてはいかがでしょうか。



まずは文字盤にしたい写真を選択し、共有ボタンから[文字盤作成]をタップしましょう。



すると、「写真文字盤」という写真を中心部分でトリミングしたものか、「万華鏡文字盤」という写真を万華鏡風に加工したものかを選択できます。次に、写真文字盤であれば時刻の表示位置を、万華鏡文字盤であれば万華鏡のスタイルを指定します。
そして「コンプリケーション」で文字盤に表示させたい項目を選択、最後に[追加]をタップすれば作成完了です。写真を複数枚選択して、ランダムで表示される文字盤を作成することも可能です。

この機能の良いところは、気になったものを撮影して、それをすぐに文字盤にできること。季節感のある風景など、その時々の気分で文字盤を変えるというのも、スマートウォッチならではではないでしょうか。ぜひお試しください。
 



おすすめの記事一覧