特集 特集

4Kとハイダイナミックレンジに両対応!

Apple TV 4K買いか、否か

文●山下洋一写真●apple.com

さらに高精細になってまるで映画館のよう

2015年9月に第4世代モデルが発売開始されてから約2年。AppleのセットトップボックスであるApple TVが「4K」として生まれ変わりました。HDの4倍のピクセル数を誇る4Kのみならず、ハイダイナミックレンジにも対応し、より高精細に映画やテレビ番組、アプリを楽しめます。

 

 

さらなる高みへ

tvOSを搭載し、「テレビの未来はアプリ」とアップストアのエコシステムをテレビに拡大した第4世代のアップルTV。2015年の登場から2年が経過し、本体デザインはそのままに、これからのリビングルームのエンターテインメントを見据えて中身を大幅に強化した「アップルTV 4K」が9月22日に発売されました。名前が示すように4K映像出力、そしてHDR出力に対応し、4Kテレビとの組み合わせで、シャープで生き生きとした映像を表示します。

米国の4K放送は開始に向けた整備が始まったばかり。一方、ネット配信に目を向けると2014年にネットフリックスが先行して4K配信をスタートさせ、アマゾンプライムビデオも続いています。アマゾンのファイアTV、ロク(Roku)といったアップルTVのライバルは4K対応済み。ただ、米国の一般家庭が契約するブロードバンドはサービスの伝送速度が4K映像のストリーミングに不十分で、4K配信を存分に楽しめる人は限られていました。

そうした中、ISPが重い腰を上げて4K配信に耐える接続サービスへのアップデートを開始、4Kテレビの価格が手頃になってきたことも踏まえ、今年のホリデーシーズンは4Kテレビが人気商品になると見られています。

過去を振り返ると、白黒からカラー、HDといったテレビの変化は常に地上波放送の対応に牽引されてきました。今回初めてネット配信主導でテレビの買い替えが実現しそうです。ネット配信に関わるメーカーにとって、4Kへの移行は大きなチャンスであり、その波が大きくなるタイミングを捉えるようにアップルはアップルTV 4Kを投入したのです。

アップルTV 4Kの外観は前モデルと同じ、インターフェイスもHDMIと有線LAN、電源ポートと変わりません。でも、中身はすべてアップグレードされています。システムオンチップにA10Xフュージョンを搭載。有線LANはギガビットイーサネット、無線LANもデュアルバンド同時接続に対応します。HDMIは4K規格に対応する2.0aです。

iTunesストアではハリウッドのさまざまなスタジオが提供する4Kコンテンツを、HDコンテンツと同じ価格で販売します。すでにHDコンテンツを購入済みのユーザには、自動的に4K版へのアップグレードを提供。また、ネットフリックスやアマゾンプライムビデオなどの4K配信も間もなく楽しめるようになります。

OSはtvOS 11です(米国のみの提供だった「TV」アプリの提供は、今回日本は見送られました)。ラインナップは32GBモデルと64GB、価格はそれぞれ1万9800円、2万1800円。第4世代アップルTVも32GBモデル(1万5800円)が引き続き販売されます。

 

Apple TV 4Kの仕様

 

TOP

  • 41469417fd68081737a502bf0bc08564.jpg

サイズは98mm(W)×98mm(D)×35mm(H)と第4世代Apple TVと同じサイズです。重量は425グラム。

 

BACK

  • fb2fa8b892f2db045819961f38ee73b9.jpg

 

Siri Remote

  • f94a7015f63af695250ba1d56af4563e.jpg

Siri Remoteのサイズも同様。Siri Remoteは少しだけデザインし直され、新しく「menu」ボタンの周りを白い円で囲むようになりました。

 

  • af2521ecc53f0123e0936e24c3265f8d.jpg



続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録