レクチャー MacBook裏メニュー

MacBookのディスプレイを拡張する方法

文●栗原亮イラスト●千野エー

MacBookやiPhone、iPadのお悩みを3つまでお答えします。

大都会の片隅で、深夜にだけ営業する喫茶店“真夜中のジーニアス”がある。そこには夜な夜なさまざまな客が訪れ、モバイルに関する相談が繰り広げられる。マスターとアシスタントがおすすめの“裏メニュー”で問題を華麗に解決します。今夜のお客様は、12インチMacBookのディスプレイが狭くてお困りとのこと。

 

影の薄いデザイナー

(カランカラン♪)

ユミコ●おや? お客さんが来たような音がしたけど、誰もいませんねっと…。気のせいかしら。

客●あ、ここにいます…。

ユミコ●うわあ、びっくりした! いつの間にっ。失礼しました、お客さま。“真夜中のジーニアス”へようこそ。

客?いえ、私、職場でも家でも影が薄いとよく言われてますので慣れてます。

マスター●お久しぶりですね。デザインのお仕事のほう順調ですか? 今日は何にいたしましょう。

客●仕事はボチボチですね。エスプレッソで、いや、今日はMacのことで相談があったんでした。

ユミコ●あら常連さんだったんですか。でしたら当店の裏システムはご存知ですね。

客●ええ、モバイルの質問に3つまで答えていただけるんですよね。

ユミコ●ふむ、どんなことでしょうか。私にお任せあれ!

ちょっとした勘違い

客●外でも仕事できたらいいなと思って12インチのMacBookを買ったのですが、実はとんだ勘違いをしてしまいまして…。

ユミコ●どんな勘違いをしたんですか?

客●これまで仕事で27インチのiMacを使っていたのでまったく気がつかなかったんですが、MacBookのデスクトップって結構狭いんですね…。Mac系のブログに“高解像度なレティナディスプレイ”と書いてあったので期待していたんですが、蓋を開けてみたら、アドビのデザインソフトどころか普段よく訪れるWEBサイトも縦方向が見切れてしまって毎回スクロールしなくてはいけなくて困ってるんです。やはり、デスクトップが狭いとデザインの仕事には向いてない気がするんですよねえ。

ユミコ●ふむふむ。はは~ん、ひょっとしてレティナディスプレイの物理的なピクセル数だけが書いてあったんじゃないですかね?

客●え? 書いてあった数字が間違えてたんじゃないんですか?

ユミコ●そのブログが嘘を書いていたわけではないんですけど、ちょっと説明が足りなかったというか…。それが最初の質問ですね! 今のMacBookのデスクトップを広く表示する方法から解説しますね。

客●はい! MacBook自体のデザインは気に入っているので、それができるととても助かります。

 

 

  • 44582b3f29410bee522d8841cc51b654.jpg

ディスプレイの仕様で見るべき数値は[対応するスケーリング解像度]なのですが、上の[2,304×1,440ピクセル解像度]に注目してしまうのも仕方がないかもしれません。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧