レポート Macのトラブルシューティング

Time Machineバックアップを取りたい

Macを使っていて困ったことがあったら読んでみましょう。きっと解決策が載っているはずです。

タイムマシンはOS Xのバックアップ機能であり、一度設定すると定期的にバックアップを撮り続けてくれます。起動ボリュームが壊れてしまったときや、Macを買い換えたときにデータを復旧できるのはもちろん、「3日前に消したデータが実は必要だった」といったときにも、3日前の記録から必要なファイルだけを復元することもできます。
タイムマシンは一度すべての領域のバックアップを取った後、毎日1時間単位でストレージ内の更新をチェックした上で「差分」のバックアップを定期的に取り続けます。バックアップは自動で始まるため、一度設定しておけばユーザがなにか手を加える必要はありません。
タイムマシンバックアップを取るには、バックアップ用のストレージが必要です。用意するストレージが大きいほど、より長い期間差分のバックアップを取ることができます。ストレージを用意したら、Macに接続します。すると[Time Machineでバックアップを作成するために(ディスクの名称)を使用しますか?]というメッセージが表示されるので、[バックアップディスクとして使用]を選択するとバックアップが始まります。
バックアップ用のHDDを変更したい場合や、バックアップを停止したいといったときには「システム環境設定」の[Tme Machine]で設定可能です。
201608081617_3-400x194.png