2015年ももうすぐ終わり。今年もいろいろあったなあ…なんて感慨にふけっていたら、「あること」が不意に気になりました。

「10年前は、どんなMacがあったっけ…?」

調べてみたらびっくり。アップルは2005年を最後に、それまで採用していたPowerPC系列のCPUに別れを告げ、2006年からはintel製CPUを搭載したMacをリリースしていました。10年前は、まさに節目の年だったわけです。

今ではintelのCPUを搭載していることは当たり前になり、「Intel Mac」なんて言葉はまったく聞かなくなりましたね。

「十年一昔」なんて言葉がありますが、まさにそのとおりだな、と思わされました。


201512142351_1-300x400.jpg
Photo by Grm_wnr.
https://commons.wikimedia.org/wiki/User:Grm_wnr


【白石倖介/Mac Fan】