便利技 他人事Tips

DVDやCDをイメージファイル化して保存するメリット

文●編集部

フォント集や素材集などのデータが主体のCDやDVDで、使用するタイミングは限られているが、そのときになってディスクを探すのは面倒というものは、あらかじめ大容量の外付けハードディスクなどにまとめてイメージファイル化しておくと、個々のデータファイルも散乱せず、使いやすくなるというメリットがある。

なお、データ集以外の通常の市販ソフトには、不正使用防止のためにコピーガードが掛けられているものも多く、その場合は以下で解説する方法は使えない。また、ディスク自体はイメージ化できても、データの利用にシリアルナンバーなどの入力が必要なものについては、そのシリアルをメモしたテキストファイルなどをイメージファイルと一緒に保存しておくといいだろう。

【イメージファイル作成方法】
1.イメージファイル化したいDVDやCDを、Macの光学式ドライブにセットして、[アプリケーション]→[ユーティリティ]フォルダにあるディスクユーティリティを起動する。

2.左側のディスクリストから、手順1でセットしたディスクの名前を選択し、ツールバーにある[新規イメージ]のアイコンをクリックする。

tips_090226_1_1.png

3.名前や保存場所を指定するダイアログが表示される。元のディスク名から名前を変更する必要があれば、ここで変更しよう。また、保存先のディスク容量を節約するために圧縮したり、セキュリティを高めるために暗号化することもできるので、それらを指定した後、[保存]ボタンをクリックしよう。

tips_090226_1_2.png

4.セットしたディスクから読み込みが始まり、イメージファイルが作成される。作成が終了したら、外付けハードディスクなど取り出しやすいものに保存しておこう。

tips_090226_1_3.png



おすすめの記事一覧