スマートスピーカー × AIプログラミング 自分でつくる人工知能 Amazon Echo、Google Home対応

  • 著作者名:ポンダッド
    • 書籍:3,132円
    • 電子版:3,132円
  • B5変型判:304ページ
  • ISBN:978-4-8399-6580-8
  • 発売日:2018年03月23日
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

Raspberry PiとPythonでスマートスピーカーを更に賢く!

[スマートスピーカー × Python]
音声認識、合成音声発話に関して、スマートスピーカー「Amazon Echo」と「Google Home」、画像認識に関してはシングルボードコンピュータ「Raspberry Pi」とGoogle社のディープラーニングライブラリ「TensorFlow」とその拡張ライブラリ「Keras」の組み合わせでAIライクなPythonプログラミングを実践していきます。

[スマートスピーカー × 家電]
ソニーのIoTブロック:MESHタグとPhilipsのスマート家電Hueを組み合わせ、照明の明るさやエアコンの制御をスマートスピーカーを通して行います。

[スマートスピーカー × カメラ]
Raspberry Piにカメラを接続。コンピュータビジョンライブラリOpenCVを導入し顔認識に挑戦します。"双子"を見分けたり、顔の表情を読み取りそのときの感情に合わせた照明色へ変化させてみたりします。

人工知能に関連する技術に実際に触れて、身近な問題を解決したり、もっと便利な使い方を考えついたり、身の回りの人と一緒に楽しんだりと様々な変化を体感できるかもしれません。この書籍がそんなきっかけになれば幸いです。

商品を選択する

フォーマット 価格 備考
書籍 3,132
PDF 3,132 ※ご購入後、「マイページ」からファイルをダウンロードしてください。
※ご購入された電子書籍には、購入者情報、および暗号化したコードが埋め込まれております。
※購入者の個人的な利用目的以外での電子書籍の複製を禁じております。無断で複製・掲載および販売を行った場合、法律により罰せられる可能性もございますので、ご遠慮ください。

電子書籍フォーマットについて

  

備考

ポンダッド
プログラミング情報共有サイトのAI関連投稿で注目を集め、ユニークな作例と親しみやすい解説で人気を博す。双子の娘の誕生をきっかけに、突如小学生以来のプログラミングを再開。人知れず個人開発を続ける人工知能愛好家。
Blog: https://pondad.net/
Qiita: https://qiita.com/PonDad

イラスト:平井太朗

目次

Chapter 1 スマートスピーカーでAIをつくろう
1-1 プロト、はじめの一歩
1-2 本著の構成
1-3 必要なハードウェア
1-4 必要なソフトウェア

Chapter 2 Amazon Echoでオリジナルスキルをつくろう
2-1 プロト、数字を数える
2-2 Alexaがしゃべるしくみ
2-3 Alexaスキルキットを使おう
2-4 スキルビルダーで会話をつくろう
2-5 Flask-AskでAPIサーバーをつくろう
2-6 サービスシミュレーターでテストしてみよう

Chapter 3 Google Homeでオリジナルアクションをつくろう
3-1 プロト、りんごを数える
3-2 Google Assistantがしゃべるしくみ
3-3 Actions on Googleを使おう
3-4 Dialogflowで会話をつくろう
3-5 Flask-AssistantでAPIサーバーをつくろう
3-6 Simulatorでテストしてみよう

Chapter 4 スマートデスクをつくろう
4-1 プロト、明るさを知る
4-2 スマートデスクのしくみ
4-3 Pythonモジュールで賢くなる
4-4 MESHの明るさタグを受信しよう
4-5 hueのランプをつけよう
4-6 Amazon Echoでスマートデスクをつくろう
4-7 Google Homeでスマートデスクをつくろう

Chapter 5 スマートルームをつくろう
5-1 プロト、温度を知る
5-2 スマートルームのしくみ
5-3 tinyDBでもっと賢く
5-4 MESHの温度・湿度タグを受信しよう
5-5 eRemoteでリモコンを操作しよう
5-6 Amazon Echoでスマートルームをつくろう
5-7 Google Homeでスマートルームをつくろう

Chapter 6 赤りんごと青りんごを見分けよう
6-1 プロト、りんごを見分ける
6-2 赤りんごと青りんごを見分けるしくみ
6-3 Keasで学習モデルを使ってみよう
6-4 Raspberry Piカメラモジュールで画像を撮影しよう
6-5 Amazon Echoで赤りんごと青りんごを見分けよう
6-6 Google Homeで赤りんごと青りんごを見分けよう

Chapter 7 Kerasでオリジナル画像を学習させよう
7-1 プロト、自ら学習する
7-2 オリジナル画像を見分けるしくみ
7-3 オリジナル画像を集めよう
7-4 オリジナル画像をデータに変換してみよう
7-5 畳み込みニューラルネットワークの学習モデルを組んでみよう
7-6 カメラ画像を推論してみよう
7-7 学習結果をグラフで見てみよう

Chapter 8 顔認識をしてみよう
8-1 プロト、顔を見分ける
8-2 顔認識のしくみ
8-3 オリジナルの顔画像を集めよう
8-4 OpenCVで顔部分を判別しよう
8-5 顔画像を学習してみよう
8-6 Amazon Echoで顔認識をしてみよう
8-7 Google Homeで顔認識をしてみよう

Chapter 9 感情認識をしてみよう
9-1 プロト、感情を知る
9-2 感情認識のしくみ
9-3 学習済みモデルで推論してみよう
9-4 推論結果をアウトプットしてみよう
9-5 Amazon Echoで感情認識をしてみよう
9-6 Google Homeで感情認識をしてみよう

Appendix 1 Raspberry Piを使ってみよう
補1-1 OSのインストールと基本設定
補1-2 人工知能ツールをインストール

Appendix 2 ngrokを使ってみよう
補2-1 ngrokのインストール
補2-2 ngrokを起動する

Appendix 3 IoTを使ってみよう
補3-1 MESHハブアプリケーション
補3-2 hue API
補3-3 rm3_mini_controller

Appendix 4 必要なソフトウェア

おわりに

この商品を買った人はこんな商品も買っています


最近チェックした商品

Tポイント利用手続き

         Tポイント利用手続きに関する同意事項

                                株式会社マイナビ出版

株式会社マイナビ出版が提供するマイナビBOOKSにおいてTポイントご利用続きをされる方は、以下に掲げるお客様の個人情報の取り扱いについてご確認の上、ご同意下さい。

マイナビBOOKSにおいてTポイントサービスをご利用いただいた場合に、当社から、次に掲げる<提供情報>を、<提供目的>のためにカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(以下「CCC」といいます)へ提供します。

  <提供目的>:CCCの定める個人情報保護方針及びマイナビBOOKSにおけるT会員規約第4条に定める利用目的で利用するためTポイントサービスを利用するため
  <提供情報>:
   1)お客様が【マイナビBOOKS】の正当な利用者であるという情報
   2)ポイント数・利用日
   3)その他、Tポイントサービスを利用するにあたり必要な情報

  <提供方法>: 電磁的記録媒体の送付またはデータ通信による。ただし、提供するデータについては暗号化を施すものとする。

なお、CCCに提供された、以下の情報の利用については、CCCの定める個人情報保護方針及びT会員規約 に沿って取り扱われます。
上記の情報提供の停止をご希望される場合には、【マイナビBOOKS】におけるTポイント利用手続きの解除を実施していただく必要があります。
Tポイント利用手続きの解除、およびTポイントサービスにおける個人情報に関するお問い合わせ先は、以下のとおりです。
お客様お問い合わせ先:Tサイト(http://qa.tsite.jp/faq/show/22612)

 なお、Tポイント利用手続きの解除が完了しますと、マイナビBOOKSにおけるTポイントサービスをご利用いただけなくなりますので、予めご了承ください。

Tポイント利用手続きを行いますか?