図解&事例で学ぶイノベーションの教科書

  • 著作者名:カデナクリエイト
  • 監修者名:池本正純
    • 書籍:1,628円
    • 電子版:1,221円
  • B6判:240ページ
  • ISBN:978-4-8399-5443-7
  • 発売日:2015年03月21日
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

今、一番必要なのはイノベーション!新しい仕組みはこう作れ!

●基礎理論から最新先端理論まで総ざらい!
「新結合」「7つの機会」「SECIモデル」「パラダイムシフト」
「破壊的イノベーション」「モジュール化」「オープン・イノベーション」
「経営管理イノベーション」「リバース・イノベーション」といった、
基本理論から最先端理論までコンパクトに解説しています。
これ一冊で、イノベーションとは何か、その仕組み、起こし方がわかります。

●図解と事例でわかりやすさナンバーワン!
わかりやすい図解でイノベーション理論を解説し、豊富な事例を紹介。
多忙な中でも、さっと見て、さっとわかって、さっと実践できます。
イノベーションを起こした人物、商品、企業の成功事例が図解でわかります。

●イノベーションを起こすためのノウハウが満載!
イノベーションを起こすための組織作りと個人の思考を解説。
理論に基づいた実践的なアドバイスで、マネジメント力を磨き、イノベーターを目指しましょう。
これを読めば、あなたにもイノベーションが起こせます。

商品を選択する

フォーマット 価格 備考
書籍 1,628
PDF 1,221 ※ご購入後、「マイページ」からファイルをダウンロードしてください。
※ご購入された電子書籍には、購入者情報、および暗号化したコードが埋め込まれております。
※購入者の個人的な利用目的以外での電子書籍の複製を禁じております。無断で複製・掲載および販売を行った場合、法律により罰せられる可能性もございますので、ご遠慮ください。

電子書籍フォーマットについて

  

備考

●監修
池本正純(いけもと・まさずみ)
1946年、広島県生まれ。1969年、一橋大学卒業。1984年より、専修大学経営学部教授。企業家論、ベンチャー経営論、ワーキングライフなどの科目を担当し、専修大学においてキャリアデザインセンターを立ち上げ、そのプログラムとして「ベンチャービジネスコンテスト」を運営。主な著書に『企業家とはなにか』( 八千代出版)、監修書に『図解&事例で学ぶビジネスモデルの教科書』(マイナビ)。

●著者
カデナクリエイト
ビジネス全般・働き方・ライフスタイルなどを得意とする編集プロダクション。現在『週刊東洋経済』( 東洋経済新報社)、『月刊BIGtomorrow』( 青春出版社)、『THE21』(PHP 研究所)、『DiscoverJapan』( 枻出版社)などで執筆中。著書に『「イベント」で繁盛店! 』( 同文館出版)、『図解&事例で学ぶビジネスモデルの教科書』(マイナビ)など。

目次

第1章 イノベーションが注目される理由

1-01 イノベーションとは何か?
新しい価値を創造し、社会に変化をもたらすこと

1-02 すべてがイノベーティブになる
イノベーティブな製品、ビジネスモデル

1-03 経営の常識になったイノベーション
足踏みすればコモディティ化に陥る

1-04 イノベーションの起源
スタートは経営ではなく経済理論だった

1-05 イノベーションの種類(1)
大きなイノベーションと小さなイノベーション

1-06 イノベーションの種類(2)
プロダクト・イノベーションとプロセス・イノベーション

1-07 拡大するイノベーションのフィールド
国家、教育、医療……あらゆる場所で求められる
イノベーションは武器になる

1-08 イノベーションは武器になる
個人にこそ求められているイノベーション

コラム 音楽から野球まで。あれもこれもイノベーション

第2章 新結合からリバース・イノベーションまで

2-01 主なイノベーション理論とは
イノベーションを発見したユニークな研究者たち

2-02 イノベーションという概念の発見
シュンペーターの「新結合」(1)

2-03 「新結合」とは何か
シュンペーターの「新結合」(2)

2-04 「企業家」とは新結合を遂行する人
シュンペーターの「新結合」(3)

2-05 企業家の群生が好況を招く
シュンペーターの「新結合」(4)

2-06 イノベーションを体系化する
ドラッカーの「7つの機会」(1)

2-07 イノベーションの機会は7つある
ドラッカーの「7つの機会」(2)

2-08 「予期しない変化」は3種類ある
ドラッカーの「7つの機会」(3)

2-09 イノベーションの成功率を上げる
ドラッカーの「7つの機会」(4)

2-10 キーワードは「暗黙知」
野中郁次郎の「SECIモデル」(1)

2-11 暗黙知を活用する4つのプロセス
野中郁次郎の「SECIモデル」(2)

2-12 鍵は「ミドル・アップダウン」
野中郁次郎の「SECIモデル」(3)

2-13 パラダイムシフトとは何か?
バーカーの「パラダイムシフト」(1)

2-14 新しいパラダイムはいつ生まれるのか
バーカーの「パラダイムシフト」(2)

2-15 新しいパラダイムを生み出す人々
バーカーの「パラダイムシフト」(3)

2-16 なぜ優良企業ほどダメになるのか
クリステンセンの「破壊的イノベーション」(1)

2-17 要望に応える持続的イノベーション
クリステンセンの「破壊的イノベーション」(2)

2-18 他愛ない技術がすべてを満たす
クリステンセンの「破壊的イノベーション」(3)

2-19 破壊的イノベーションの流れ
クリステンセンの「破壊的イノベーション」(4)

2-20 バリューネットワークという罠
クリステンセンの「破壊的イノベーション」(5)

2-21 破壊はローエンド型と新市場型の2つ
クリステンセンの「破壊的イノベーション」(6)

2-22 破壊的イノベーションに対抗するには?
クリステンセンの「破壊的イノベーション」(7)

2-23 モジュール化とは何か?
クラーク&ボールドウィンの「モジュール化」(1)

2-24 モジュール化が開発スピードを加速する
クラーク&ボールドウィンの「モジュール化」(2)

2-25 クローズドな環境ではイノベーションは起きない
チェスブロウの「オープン・イノベーション」(1)

2-26 NIHではなくアウトサイド・インに
チェスブロウの「オープン・イノベーション」(2)

2-27 NSHではなくインサイド・アウトに
チェスブロウの「オープン・イノベーション」(3)

2-28 最も大事なイノベーションとは?
ハメルの「経営管理イノベーション」(1)

2-29 旧来の経営手法から抜け出せない
ハメルの「経営管理イノベーション」(2)

2-30 経営管理イノベーションの起こし方
ハメルの「経営管理イノベーション」(3)

2-31 途上国の市場だからこそ生まれる
ゴビンダラジャンの「リバース・イノベーション」(1)

2-32 ヒントは5つのニーズのギャップ
ゴビンダラジャンの「リバース・イノベーション」(2)

2-33 成功の第一歩は「成功体験を捨てる」
ゴビンダラジャンの「リバース・イノベーション」(3)

2-34 LGTがイノベーションを起こす
ゴビンダラジャンの「リバース・イノベーション」(4)

コラム イノベーション理論の発展に、日本企業が寄与?

第3章 事例でイノベーションを理解する

3-01 フォードからアップル、メガネ21まで
事例で学ぶイノベーション

3-02 ハングリーであれ、愚かであれ
新結合・事例(1)「スティーブ・ジョブズ」

3-03 宅配市場を創設した企業家精神
新結合・事例(2)「小倉昌男」

3-04 空前の大ヒット、サンダーバード
7つの機会・事例(1)「フォード」

3-05 クレームからギャップを発見
7つの機会・事例(2)「ミツカン」

3-06 暗黙知が生んだホームベーカリー
SECIモデル・事例(1)「松下電器産業(パナソニック)」

3-07 合宿で生まれた小型コピー機
SECIモデル・事例(2)「キヤノン」

3-08 パラダイムシフトでトップ企業に
パラダイムシフト・事例(1)「セイコー」

3-09 パラダイムの森を動かすには
パラダイムシフト・事例(2)「トヨタ自動車」

3-10 スーパーカブがハーレーを倒した!
破壊的イノベーション・事例(1)「ホンダ」

3-11 音楽を楽しむスタイルの創造
破壊的イノベーション・事例(2)「ソニー」

3-12 ファッション業界を壊す!
破壊的イノベーション・事例(3)「ファストファッション」

3-13 開発の自由度を上げる
モジュール化・事例「家庭用ゲーム機」

3-14 世界中から提案を集める「C&D」
オープン・イノベーション・事例(1)「P&G」

3-15 インテル・インサイド
オープン・イノベーション・事例(2)「インテル」

3-16 東レ、花王、ブリヂストンと組んだわけ
オープン・イノベーション・事例(3)「味の素」

3-17 部長も課長もいない組織
経営管理イノベーション・事例(1)「ゴア」

3-18 独創的なサービスの裏に経営管理
経営管理イノベーション・事例(2)「グーグル」

3-19 ハメルが視察した革新的日本企業
経営管理イノベーション・事例(3)「メガネ21」

3-20 中国から広がった超音波診断装置
リバース・イノベーション・事例(1)「GEヘルスケア」

3-21 インド式医療で常識をくつがえす
リバース・イノベーション・事例(2)「ナーラーヤナ病院」

3-22 新興国モデルのエアコンを日本で発売
リバース・イノベーション・事例(3)「ダイキン工業」

コラム ソーシャル・イノベーションを起こそう!

第4章 イノベーションを起こすマネジメント

4-01 イノベーションが生まれやすいチーム
組織づくりのコツと理論

4-02 社長になりたい人を集める
「新結合」を組織に活かす

4-03 顧客の要求を100%吸い上げる
「7つの機会」を組織に活かす(1)

4-04 現場を見てニーズを感じる
「7つの機会」を組織に活かす(2)

4-05 現場に臨機応変な「応用力」を
「7つの機会」を組織に活かす(3)

4-06 リーン・スタートアップ
「7つの機会」を組織に活かす(4)

4-07 温泉宿でブレイン・ストーミング
「SECIモデル」を組織に活かす

4-08 パラダイムシフターを取り込め
「パラダイムシフト」を組織に活かす

4-09 小さな組織に独自ミッション
「破壊的イノベーション」を組織に活かす(1)

4-10 「脅威!」と「チャンス!」
「破壊的イノベーション」を組織に活かす(2)

4-11 あえて〝制約?を用意する
「破壊的イノベーション」を組織に活かす(3)

4-12 理念をデザイン・ルールにする
「モジュール化」を組織に活かす

4-13 SNSで顧客とつながる
「オープン・イノベーション」を組織に活かす(1)

4-14 オフィス空間を「オープン」にする
「オープン・イノベーション」を組織に活かす(2)

4-15 ホウレンソウ禁止で考える組織に
「経営管理イノベーション」を組織に活かす(1)

4-16 異なる仕事にチャレンジさせる
「経営管理イノベーション」を組織に活かす(2)

4-17 仕事中の「昼寝」を推する
「経営管理イノベーション」を組織に活かす(3)

4-18 すべての社員からアイデアを集める
「経営管理イノベーション」を組織に活かす(4)

4-19 プロジェクトチームに権限を移譲
「リバース・イノベーション」を組織に活かす

コラム 日本型経営の見直しは、イノベーション大国復帰の兆し?

第5章 イノベーション思考を仕事に活かす

5-01 やり方を学べばイノベーターになれる
日々の仕事の中でイノベーションを起こす

5-02 誰もが企業家たれ!
「新結合」を自分に活かす(1)

5-03 異業種の販路に着目する
「新結合」を自分に活かす(2)

5-04 「3つのべからず」と「3つの条件」
「7つの機会」を自分に活かす(1)

5-05 外に出て時代の変化を肌で感じる
「7つの機会」を自分に活かす(2)

5-06 アナロジー思考を身につける
「SECIモデル」を自分に活かす(1)

5-07 「何かに例えられないか」と考えてみる
「SECIモデル」を自分に活かす(2)

5-08 アウトサイダー的な視点を持つ
「パラダイムシフト」を自分に活かす

5-09 「関連づける力」をつけよう
「破壊的イノベーション」を自分に活かす(1)

5-10 「思考のレゴ」を増やしていこう
「破壊的イノベーション」を自分に活かす(2)

5-11 「片付けたい用事」を見つけ出そう
「破壊的イノベーション」を自分に活かす(3)

5-12 「質問力」を伸ばそう
「破壊的イノベーション」を自分に活かす(4)

5-13 「デザイン・ルール」でチームを効率的に
「モジュール化」を自分に活かす

5-14 オープンなネットワークを築こう
「オープン・イノベーション」を自分に活かす(1)

5-15 プチ・インターンをしみよう
「オープン・イノベーション」を自分に活かす(2)
5-16 事業ドメインを広く定義し直す
 「経営管理イノベーション」を自分に活かす

5-17 「◯◯がなかったら」という前提に立つ
「リバース・イノベーション」を自分に活かす(1)

5-18 従来品が持っている要素を削ってみる
「リバース・イノベーション」を自分に活かす(2)

この商品を買った人はこんな商品も買っています


最近チェックした商品

Tポイント利用手続き

         Tポイント利用手続きに関する同意事項

                                株式会社マイナビ出版

株式会社マイナビ出版が提供するマイナビBOOKSにおいてTポイントご利用続きをされる方は、以下に掲げるお客様の個人情報の取り扱いについてご確認の上、ご同意下さい。

マイナビBOOKSにおいてTポイントサービスをご利用いただいた場合に、当社から、次に掲げる<提供情報>を、<提供目的>のためにカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(以下「CCC」といいます)へ提供します。

  <提供目的>:CCCの定める個人情報保護方針及びマイナビBOOKSにおけるT会員規約第4条に定める利用目的で利用するためTポイントサービスを利用するため
  <提供情報>:
   1)お客様が【マイナビBOOKS】の正当な利用者であるという情報
   2)ポイント数・利用日
   3)その他、Tポイントサービスを利用するにあたり必要な情報

  <提供方法>: 電磁的記録媒体の送付またはデータ通信による。ただし、提供するデータについては暗号化を施すものとする。

なお、CCCに提供された、以下の情報の利用については、CCCの定める個人情報保護方針及びT会員規約 に沿って取り扱われます。
上記の情報提供の停止をご希望される場合には、【マイナビBOOKS】におけるTポイント利用手続きの解除を実施していただく必要があります。
Tポイント利用手続きの解除、およびTポイントサービスにおける個人情報に関するお問い合わせ先は、以下のとおりです。
お客様お問い合わせ先:Tサイト(http://qa.tsite.jp/faq/show/22612)

 なお、Tポイント利用手続きの解除が完了しますと、マイナビBOOKSにおけるTポイントサービスをご利用いただけなくなりますので、予めご了承ください。

Tポイント利用手続きを行いますか?