レッド・オーシャンで儲ける7つの法則 | マイナビブックス

レッド・オーシャンで儲ける7つの法則

  • 著作者名:高橋正明
    • 書籍:935円
  • 新書判:216ページ
  • ISBN:978-4-8399-5084-2
  • 発売日:2014年08月23日
  • シリーズ名:マイナビ新書
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

絶望的な市場でもこれで稼げる!

レッド・オーシャンとは、競争相手がひしめき、価格競争に陥った、まるで「血の海に染まった」ような成熟市場を意味します。
いまやレッド・オーシャンしかないと言っていい閉塞感が漂う日本において、人々が求めているのは、まさにこのレッド・オーシャンからブルー・オーシャンを探す戦略でしょう。
ブルー・オーシャンとは、競争相手のいない、「青々と広がる」ような未開拓の市場を意味します。
本書では、レッド・オーシャンを脱出して儲ける戦略を「7つの法則」にまとめて解説します。
絶望的な市場でもこれで稼げます!

商品を選択する

フォーマット 価格 備考
書籍 935

電子書籍フォーマットについて

  

備考

高橋正明(たかはし・まさあき)
京都大学卒業後、大和総研に入社。主に企業アナリスト、金融エコノミスト、社会保障制度研究等のリサーチや、社内外を対象とした各種研修講師等の業務に従事。2011年に退職後、国会議員政策担当秘書等を経て、現在は非営利団体のアドバイザー、政策立案サポート、執筆活動等を行う。

目次

はじめに
 
第1章 レッド・オーシャンしかない日本市場
 
レッド・オーシャン化した日本経済 
ドラッカーが教える日本の将来
「ブルー・オーシャン戦略」の3つの構成要素
バリュー・イノベーションとは何か
ブルー・オーシャン戦略の成功例
ブルー・オーシャン戦略の賞味期限
QBハウスはセイタカアワダチソウ戦略
 
第2章 レッド・オーシャンとイノベーション
 
これまでのビジネス理論の問題
発想の転換―確率の発想を取り入れる
ヒントは生物の生存戦略
イノベーションとは「組み合わせの変化」
熟考よりもトライアンドエラー~ヤンキーに学ぶ
シルク・ドゥ・ソレイユと能
進化vsインテリジェント・デザイン
 
第3章 【法則1】身近なところから考える
 
大博打は禁物
投資の鉄則―理解していないものには投資しない
三点確保とRPG的前進法
「選択と集中」の危険性
分散→集中→分散→集中サイクル
成功は「青い鳥」
 
第4章 【法則2】既存の製品・サービスを徹底的に分解する
 
新結合の前に必要な「要素分解」
既存のビジネスを「遺伝子」レベルまで分解する
「物」より「事」
本質は「ソフト」「サービス」に潜む
日本の競争力低下の一因
 
第5章 【法則3】既にあるコンセプトを別の場所で実現する
 
取り換えるだけでもイノベーション
別産業の要素を取り入れて新たなビジネスモデルを作り出す
コンピュータは究極のコピーツール
“コンピュータ”に侵食される専用機群
ウォークマンの失敗
ブルー・オーシャンに到達した鯨
 
第6章 【法則4】足したら引く、引いたら足す
 
日本の電機産業の失敗
整理整頓術の発想
足したら引く、引いたら足す
足す/引く/新たな顧客の様々な例
選択肢は増やし過ぎない
定石が支えたアップルの復活
日本文化の特長を活かせ
 
第7章 【法則5】失敗を日常にする
 
「大数の法則」を味方にする
エジソン「99%の汗と1%の閃き」
インスタント化の誘惑
ハインリヒの法則とロシアンルーレット
平凡さを貫き通せ
 
第8章 【法則6】走りながら考えよ
 
あらかじめ目標を決められる場合、決められない場合
動く標的
「時間をかけて完璧に」は失敗への道
小さなテストを絶え間なく
 
第9章 【法則7】焦るな! スピードよりも持続力
イノベーションを「毒」にしない注意
リスク管理の重要性
持続戦略としての「頑張り過ぎない」
利益よりも従業員を重視する
平凡・当たり前が大事
 
第10章 7つの法則を実践するには
 
7つの法則を整理する
計画より偶然・試行錯誤
「マネシタさん」で行こう
イノベーションは天才が一人で起こすものではない
急がば回れ
 
おわりに
 
参考文献
 

この商品を買った人はこんな商品も買っています


最近チェックした商品

Tポイント利用手続き

         Tポイント利用手続きに関する同意事項

                                株式会社マイナビ出版

株式会社マイナビ出版が提供するマイナビBOOKSにおいてTポイントご利用続きをされる方は、以下に掲げるお客様の個人情報の取り扱いについてご確認の上、ご同意下さい。

マイナビBOOKSにおいてTポイントサービスをご利用いただいた場合に、当社から、次に掲げる<提供情報>を、<提供目的>のためにカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(以下「CCC」といいます)へ提供します。

  <提供目的>:CCCの定める個人情報保護方針及びマイナビBOOKSにおけるT会員規約第4条に定める利用目的で利用するためTポイントサービスを利用するため
  <提供情報>:
   1)お客様が【マイナビBOOKS】の正当な利用者であるという情報
   2)ポイント数・利用日
   3)その他、Tポイントサービスを利用するにあたり必要な情報

  <提供方法>: 電磁的記録媒体の送付またはデータ通信による。ただし、提供するデータについては暗号化を施すものとする。

なお、CCCに提供された、以下の情報の利用については、CCCの定める個人情報保護方針及びT会員規約 に沿って取り扱われます。
上記の情報提供の停止をご希望される場合には、【マイナビBOOKS】におけるTポイント利用手続きの解除を実施していただく必要があります。
Tポイント利用手続きの解除、およびTポイントサービスにおける個人情報に関するお問い合わせ先は、以下のとおりです。
お客様お問い合わせ先:Tサイト(http://qa.tsite.jp/faq/show/22612)

 なお、Tポイント利用手続きの解除が完了しますと、マイナビBOOKSにおけるTポイントサービスをご利用いただけなくなりますので、予めご了承ください。

Tポイント利用手続きを行いますか?