現場で通用する力を身につける iPhoneアプリ開発の教科書 【iOS 7&Xcode 5対応】

  • 著作者名:森巧尚まつむらまきお(イラスト)
    • 書籍:3,229円
    • 電子版:3,229円
  • B5変型判:472ページ
  • ISBN:978-4-8399-4829-0
  • 発売日:2014年01月25日
  • シリーズ名:教科書シリーズ
  • 備考:初中級/Win&Mac
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

iOS 7&Xcode 5対応、プロを目指す人のためのiPhoneアプリ本格入門書!

2013年9月にリリースされたiOS 7およびXcode 5では、見た目も機能も大きくパワーアップしました。
本書は、iPhoneアプリを作りたい人のために、Xcodeを使ったアプリの作り方を、基本からしっかりきっちり解説していきます。

Xcodeは、iPhoneアプリ制作のために進化してきたツールで、制作のさまざまな場面で、手助けをしてくれます。ただ、ちょっとクセがあります。そのXcodeのクセを覚え、使いこなしのコツを知ることで、アプリ開発はぐんと楽に、楽しくなります。
本書ではXcodeの動作を丁寧に解説してありますので、本書に従って学習していくことで、XcodeによるiPhoneアプリ制作の流れを自然と習得できるでしょう。

また、プログラミング初心者の方にもわかりやすく進めていただけるよう、イラストや図解を豊富に使用しています。 概念をなるべくイラストで示すことで、視覚的に理解しやすいよう工夫しています。
さらに、項目ごとに3~5分で作成できるサンプルを用意しています。実際に手を動かし、サンプルを作りながら学習することで、一歩ずつ着実に習得していくことが可能です。
その際に、「iPhoneアプリの作り方」だけでなく「アプリを設計する考え方」もなるべく詳しく解説していますので、「iPhoneアプリをどのように設計し、組み立てていけば良いか」も、本書を学習することでマスターできるでしょう。

使いこなせると非常に便利なコード補完機能や、Xcode 5の新機能である2Dゲーム制作に適したSpriteKitについてもきっちり解説。
ミニサンプルも51個紹介し、さらに知っていれば役立つTipsやワンポイントコラムも多数ちりばめました。必要に応じてコラムを参照することで、よりパワーアップを図れます。
iPhoneアプリ開発の基本の基本から仕上げまで、実践的なノウハウとテクニックが習得できることでしょう。

本書を使って、ぜひ現場で通用するiPhoneアプリ開発力を身につけてください!

続きを読む

商品を選択する

フォーマット 価格 備考
書籍 3,229

電子書籍フォーマットについて

  

備考

森 巧尚(もり よしなお)
Webゲームクリエイター。FlashやiPhoneアプリなどのオリジナルゲームのコンテンツ制作、執筆活動、関西学院大学非常勤講師など。
著書:『やさしくはじめるiPhoneアプリ開発の学校』(マイナビ)
『よくわかるiPhoneアプリ開発の教科書[iOS 6 & Xcode4.6対応版]』(マイナビ)
『よくわかるiPhoneアプリ開発の教科書[iOS 5 & Xcode4.2対応版]』(マイナビ)
『よくわかるiPhoneアプリ開発の教科書[Xcode4対応版]』(マイナビ)
『よくわかるiPhoneアプリ開発の教科書』(マイナビ)
『基本からしっかりわかる ActionScript 3.0』(マイナビ)
『おしえて!! FLASH 8 ActionScript』(マイナビ)
『おしえて!! Flash MX 2004 ActionScript』(マイナビ)
『Flash プロフェッショナル・スタイル[CS3対応]』(共著、マイナビ)
『ActionScript + CGIプログラミング』(ソフトバンククリエイティブ)
『プロとして恥ずかしくないFlashの大原則』(共著、エムディエヌコーポレーション)
など

まつむら まきお
まんが家、イラストレーター。
1984年からイラストレーター・まんが家として様々な媒体で活動をはじめる。95年、Flashの前身「スマートスケッチ」と出会い、制作はもちろん、Flashの布教活動にも力を入れることに。Flash2~8まで改訂を重ねた「おしえて!!Flash」(たなかまり氏と共著)は入門書として長年支持され、数多くの「おしえてチルドレン」を輩出した。
成安造形大学准教授。

関連ページ

目次

Chapter1 Xcodeのインストールと画面について
1-1 開発に必要なものは?
   開発に必要なものは?
   Xcodeのインストール
1-2 Xcodeについて
1-3 スタンダードエディター
1-4 アシスタントエディター
1-5 iOSシミュレータ

Chapter2 iPhoneアプリの作り方
2-1 どんな流れで作る?
2-2 プロジェクトを作る
2-3 各ファイルの役割
2-4 画面をデザインする
2-5 部品とプログラムをつなぐ
2-6 AutoLayoutでレイアウト調整
   AutoLayout機能とは
   レイアウトをボタンで調整する
   iPhone4とiPhone5の両方のサイズに対応させる
   アシスタントエディターでレイアウトの確認をする
2-7 プログラムを書く
   プログラムを書く
   便利な「コード補完機能」
   入力中に構文チェックしてくれる「Fix-it機能」
   ジャンプバーでジャンプ
2-8 iOSシミュレータでテストする
   iOSシミュレータでテストする
   いろいろなテストをする方法
   iOSシミュレータで実行できるジェスチャ
2-9 プロジェクトの作成
   1 新規プロジェクトを作る
   2 ラベルを並べる
   3 ラベルをプログラムとつなぐ
   4 プログラムを書く
   5 テストする

Chapter3 iPhoneアプリのプログラムの考え方
3-1 Objective-Cってなに?
   Objective-Cとは?
   ステートメント
3-2 クラスは設計図、オブジェクトは実際に動くもの
   クラスってなに?
   オブジェクトってなに?
   クラス(オブジェクトの設計図)の書き方
   オブジェクトの使い方
3-3 ViewControllerは店長
   1つの画面は、1つのViewControllerが仕切る
   デリゲート:バイトが店長に仕事内容を聞きに行くこと
   複数の画面(店舗)がある場合
3-4 プログラムとは「何が起こったときに、何をするか」を書くこと
   プログラムをどこに書くか?
   プログラムが起こすイベント
   ユーザーが起こすイベント:IBAction
   アプリ全体が起こすイベント

Chapter4 プログラムの基本
4-1 変数
   変数(へんすう)
   データの種類
   コメント
4-2 ポインター変数
   ポインター変数
   文字データ:NSString
   たくさんのデータを扱う:NSArray
   たくさんのデータをキーワードで扱う:NSDictionary
4-3 制御文
   if文
   switch文
   while文
   for文
4-4 関数
   関数(かんすう)
   プログラムのデバッグに使う:NSLog()関数

Chapter5 基本的な部品の使い方
5-1 UILabel:文字を表示する
   UILabelとは
   IBで設定する方法
   プログラムで設定する方法
   UILabelの使用例
5-2 UIButton:ユーザーにタップさせて、何かをする
   UIButtonとは
   IBで設定する方法
   プログラムで設定する方法
   ボタンの使い方
   UIButtonの使用例
5-3 UISwitch:ユーザーにOn/Offの選択をさせる
   UISwitchとは
   IBで設定する方法
   プログラムで設定する方法
   スイッチの使い方
   UISwitchの使用例
5-4 UISlider:ユーザーにスライダーで値を入力させる
   UISliderとは
   IBで設定する方法
   プログラムで設定する方法
   スライダーの使い方
   UISliderの使用例
5-5 UITextField:ユーザーに1行のテキストを入力させる
   UITextFieldとは
   IBで設定する方法
   プログラムで設定する方法
   テキストフィールドの使い方
   UITextFieldの使用例
5-6 UITextView:長いテキストを表示したり、入力させる
   UITextViewとは
   IBで設定する方法
   プログラムで設定する方法
   テキストビューの使い方
   UITextViewの使用例
5-7 UIDatePicker:日付や時刻を選択させる
   UIDatePickerとは
   IBで設定する方法
   プログラムで設定する方法
   デートピッカーの使い方
   UIDatePickerの使用例
5-8 UIPicker:複数の値から1つを選択させる
   UIPickerとは
   表示するために必要な項目
   選択されたときにする仕事
   IBで設定する方法
   ピッカーの使い方
   UIPickerの使用例
5-9 UIAlertView:アラートを表示する
   UIAlertViewとは
   IBで設定する方法
   アラートビューの使い方
   UIAlertViewの使用例
5-10 UIActionSheet:アクションシートを表示する
   UIActionSheetとは
   IBで設定する方法
   アラートシートの使い方
   UIActionSheetの使用例
5-11 UIMotionEffect:視差効果
   UIMotionEffectとは
   UIMotionEffectの使い方
   UIMotionEffectの使用例

Chapter6 ジェスチャーの使い方
6-1 UITapGestureRecognizer:タップを調べる
   UITapGestureRecognizerとは
   IBで設定する方法
   プログラムで設定する方法
   タップジェスチャーレコグナイザの使い方
   UITapGestureRecognizerの使用例
6-2 UILongPressGestureRecognizer:長押しを調べる
   UILongPressGestureRecognizerとは
   IBで設定する方法
   プログラムで設定する方法
   長押しジェスチャーレコグナイザの使い方
   UILongPressGestureRecognizerの使用例
6-3 UIPinchGestureRecognizer:ピンチを調べる
   UIPinchGestureRecognizerとは
   IBで設定する方法
   ピンチジェスチャーレコグナイザの使い方
   UIPinchGestureRecognizerの使用例
6-4 UISwipeGestureRecognizer:スワイプを調べる
   UISwipeGestureRecognizerとは
   IBで設定する方法
   プログラムで設定する方法
   スワイプジェスチャーレコグナイザの使い方
   UISwipeGestureRecognizerの使用例
6-5 UIPanGestureRecognizer:パンを調べる
   UIPanGestureRecognizerとは
   IBで設定する方法
   プログラムで設定する方法
   パンジェスチャーレコグナイザの使い方
   UIPanGestureRecognizerの使用例
6-6 UIRotationGestureRecognizer:回転を調べる
   UIRotationGestureRecognizerとは
   IBで設定する方法
   回転ジェスチャーレコグナイザの使い方
   UIRotationGestureRecognizerの使用例

Chapter7 データの読み込みと保存
7-1 UIImageView:プロジェクト内の画像を表示する
   UIImageViewとは
   IBで設定する方法
   プログラムで設定する方法
   UIImageViewの使用例
7-2 UIImageView:WEB上の画像を表示する
   UIImageViewとは
   イメージビューの使い方
   UIImageViewの使用例
7-3 UIWebView:Webページを表示する
   UIWebViewとは
   IBで設定する方法
   ウェブビューの使い方
   Webページを表示する方法
   ローディング中にインジケータを表示する方法
   UIWebViewの使用例
7-4 NSUserDefault:一時的にデータを保存する
   NSUserDefaultとは
   ユーザーデフォルトの使い方
   NSUserDefaultの使用例
7-5 Social Framework:Twitterへ投稿する
   Social Framework(SLServiceTypeTwitter)とは
   Twitter投稿ダイアログの使い方
   Social Frameworkの使用例
7-6 Social Framework:Facebookへ投稿する
   Social Framework(SLServiceTypeFacebook)とは
   Facebook投稿ダイアログの使い方
   Social Frameworkの使用例
7-7 JSONデータってなに?
   JSONデータとは
   主な書き方
7-8 NSJSONSerialization:JSONデータを扱う
   NSJSONSerializationとは
   JSONデータの読み込み方
   「配列」の読み込み
   「辞書データ」の読み込み
   「辞書の配列」の読み込み
   「辞書の辞書」の読み込み

Chapter8 複数画面アプリの作り方
8-1 複数画面アプリの作り方
   使い方1 どのように画面を切り換えるかを決める
   使い方2 画面ごとにViewControllerを用意する
   使い方3 どのようにデータを連携させるかを考える
   方法1 直接データを渡す
   方法2 AppDelegateを使ってデータを共有する
8-2 Utility Application:裏画面と表画面が切り替わるアプリ
   Utility Applicationとは
   ユーティリティアプリケーションの作り方
   Utility Applicationの使用例
8-3 Tabbed Application:複数画面が切り替わるアプリ
   Tabbed Applicationとは
   タブバーアプリケーションの作り方
   Tabbed Applicationの使用例
8-4 Single View Applicationから複数画面アプリを作る:ViewController
   Single View Applicationから複数画面アプリを作る
   Single View Applicationの使用例

Chapter9 テーブル表示
9-1 UITableView:複数のデータをリスト表示する
   UITableViewとは
   テーブルビューの構造
   表示に必ず必要な項目
   指定できる項目
   選択されたときにする仕事
   IBで設定する方法
   テーブルビューの使い方
   UITableViewの使用例
9-2 Master-Detail Application:一覧画面と詳細画面が切り替わるアプリ
   Master-Detail Applicationとは
   Master-Detail アプリ(編集機能なし)の作り方
   Master-Detail Applicationの使用例
9-3 UITableViewCell:セルの表示を調整する
   Master-Detail Applicationとは
   プログラムで設定する方法
   やってみよう1 UITableViewCellの使用例
   やってみよう2 UITableViewの使用例
9-4 UITableViewCell:セルを自由にレイアウトする
   UITableViewCellとは
   セルを自由にレイアウトする方法
   UITableViewCellの使用例

Chapter10 Sprite Kitで作る
10-1 SpriteKit Gameとは?
   SpriteKit Gameとは
   SpriteKit Gameの使用例
10-2 SKViewとSKScene:画面を作る
   SKViewとSKScene
   画面の作り方:SKViewとSKScene
   背景色を設定する方法
   画面を作る
10-3 SKLabelNode:文字を表示する
   SKLabelNodeとは
   プログラムで設定する方法
   文字を表示する方法
   SKLabelNodeの使用例
10-4 SKSpriteNode:スプライトを表示する
   SKSpriteNodeとは
   プログラムで設定する方法
   スプライトを表示する方法
   SKSpriteNodeの使用例
10-5 moveTo::移動させる
   SKAction moveTo:とは
   SKAction moveTo:の使用例
10-6 rotateToAngle:、rotateByAngle::回転させる
   SKAction rotateToAngle:、rotateByAngle:とは
   SKAction rotateByAngle:の使用例
10-7 scaleTo:、resizeToWidth::大きさを変える
   SKAction moveTo:とは
   SKAction resizeToWidth:の使用例
10-8 animateWithTextures::パラパラアニメ
   SKAction animateWithTextures:とは
   パラパラアニメをする方法
   SKAction animateWithTextures:の使用例
10-9 repeatAction:、repeatActionForever::アクションを繰り返す
   SKAction repeatAction:、repeatActionForever:とは
   SKAction repeatActionForever:の使用例
10-10 sequence::アクションを順番に行う
   SKAction sequence:とは
   SKAction sequence:の使用例
10-11 touchesBegan:タッチした位置を調べる
   touchesBeganとは
   タッチされたとき、SKView内の座標を調べる方法
   タッチされたとき、UIView内の座標を調べる方法
   マルチタッチされたとき、SKView内の座標を調べる方法
   ラベルがタッチされたかどうかを調べる方法
   touchesBeganの使用例
10-12 SKScene:シーンを切り替える
   シーンとは
   シーンを追加する方法
   シーンを切り換える方法
   2つの画面が切り替わるSpriteKitアプリ
10-13 SKPhysicsBody:物理エンジン
   SKPhysicsBodyとは
   物理エンジンの使い方
   physicsBodyの使用例
   プログラムで設定する方法
   タップするとたくさん飛び出すアプリ
10-14 物理エンジンでゲームを作る
   1 新規プロジェクトを作る
   2 各シーンのクラスを作る
   3 タイトルシーンを作る
   4 メインシーンを作る

Chapter11 アプリを仕上げる
11-1 アイコン
   アイコンとは
   アイコンの設定方法
   アプリにアイコンをつける
11-2 起動画面
   起動画面とは
   起動画面の設定方法
   アプリに起動画面をつける
11-3 実機でテストしてみよう
   実機でテストするには
   実機でテストする方法

この商品を買った人はこんな商品も買っています


最近チェックした商品

Tポイント利用手続き

         Tポイント利用手続きに関する同意事項

                                株式会社マイナビ出版

株式会社マイナビ出版が提供するマイナビBOOKSにおいてTポイントご利用続きをされる方は、以下に掲げるお客様の個人情報の取り扱いについてご確認の上、ご同意下さい。

マイナビBOOKSにおいてTポイントサービスをご利用いただいた場合に、当社から、次に掲げる<提供情報>を、<提供目的>のためにカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(以下「CCC」といいます)へ提供します。

  <提供目的>:CCCの定める個人情報保護方針及びマイナビBOOKSにおけるT会員規約第4条に定める利用目的で利用するためTポイントサービスを利用するため
  <提供情報>:
   1)お客様が【マイナビBOOKS】の正当な利用者であるという情報
   2)ポイント数・利用日
   3)その他、Tポイントサービスを利用するにあたり必要な情報

  <提供方法>: 電磁的記録媒体の送付またはデータ通信による。ただし、提供するデータについては暗号化を施すものとする。

なお、CCCに提供された、以下の情報の利用については、CCCの定める個人情報保護方針及びT会員規約 に沿って取り扱われます。
上記の情報提供の停止をご希望される場合には、【マイナビBOOKS】におけるTポイント利用手続きの解除を実施していただく必要があります。
Tポイント利用手続きの解除、およびTポイントサービスにおける個人情報に関するお問い合わせ先は、以下のとおりです。
お客様お問い合わせ先:Tサイト(http://qa.tsite.jp/faq/show/22612)

 なお、Tポイント利用手続きの解除が完了しますと、マイナビBOOKSにおけるTポイントサービスをご利用いただけなくなりますので、予めご了承ください。

Tポイント利用手続きを行いますか?