この1冊で伝わる資料を作る! PowerPoint 暗黙のルール | マイナビブックス

この1冊で伝わる資料を作る! PowerPoint 暗黙のルール 「わからない」「終わらない」「恥ずかしい」を完全解消!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

「わからない」「終わらない」「聞きにくい」を完全解消!

====================================================
資料作成に悩んだらまずこの1冊!
暗黙のルールをマスターして、PowerPoint(パワーポイント)の資料作成をレベルアップ!
====================================================
多くの人を資料作成を通じて導いてきたRubato(ルバート)の講師陣が贈る「資料作成」の新定番!


「PowerPointは使えているはずなのに、作業に時間がかかってしまう」
「作成した資料、取引先からの反応が悪い……上司や先輩からの評価も今ひとつ」

PowerPointで資料を作成している皆さん、こんな悩みを抱えてはいませんか?
それもそのはず、資料作成で一番重要となるのはPowerPointを使う前の情報整理。
資料のストーリーがしっかり組み立てられていなければ、いくらPowerPointを使いこなせていたとしても、伝わる資料はできません。
「誰が」「誰に」「何をしてほしいのか」によって、スライドに載せるべき情報はまったく異なります。
自社の説明をするにしても、就活生向けの資料と投資家に融資先として検討してもらうための資料で内容が変わるのは当然ですよね。

本書はそんな、読み手に伝わる資料作成に欠かせない「暗黙のルール」の数々を、「環境設定」「資料の骨組みを考える」「箇条書き」「表やグラフの作り方」……とステップごとに紹介しています。
もちろん「グラフ」や「表」の作り方、作業を効率化するショートカット、伝えたい情報によるスライドの型の使い分けなど、PowerPointを扱う上で知っておきたいワザもしっかり網羅しているので、この1冊であなたの資料作りがレベルアップすることは間違いありません!

リモートワークが増えた最近では、職場の人に尋ねたり、教わったりする機会はますます減っています。
ご自身の資料作り、一度見直してみませんか?

==こんな人におすすめ==
●PowerPointを使用して資料作成をしている人
●就職や転職、異動先でPowerPointを使うことになりそうな人
●若手の教育に最適な1冊を探している人
●リモートワークや職場環境など、PowerPoint操作や資料作りのルールをまわりに聞けない人

※特典として、本書の内容に則したPowerPoint資料のサンプルと、使いやすいクイックアクセスツールバーのインポートファイルがダウンロード可能です。

商品を選択する

フォーマット 価格 備考
書籍 1,628
PDF 1,628 ※ご購入後、「マイページ」からファイルをダウンロードしてください。
※ご購入された電子書籍には、購入者情報、および暗号化したコードが埋め込まれております。
※購入者の個人的な利用目的以外での電子書籍の複製を禁じております。無断で複製・掲載および販売を行った場合、法律により罰せられる可能性もございますので、ご遠慮ください。

電子書籍フォーマットについて

  

備考

中川拓也(なかがわ たくや)
慶應義塾大学環境情報学部卒業。
旅行会社にて国際会議やグローバルミーティングの運営業務等に従事し、その後観光系シンクタンクにて、マーケティング戦略や事業戦略、CRM推進等の支援業務など幅広く行う。現在は観光業界におけるDX推進に携わっている。
見る人が驚くような、芸術性のある美しい資料を作りたいという思いから、Rubatoに参画。

大塚 雄之(おおつか たけし)
米アリゾナ州サンダーバード国際経営大学院 修了。
3M Japanにてアカウンティング、キャッシュマネジメントなどに従事。その後、複数の企業にて経営計画・経営管理(FP&A)を担当。現在は米系医療メーカーで、ファイナンスの観点からvision策定と戦略実行のサポートを行っている。
資料作成を通し世界における日本のポジション向上と様々な人間がそれぞれの場所で輝くサポートを行うため、Rubatoに参画。

丸尾 武司(まるお たけし)
関西学院大学総合政策学部卒業、神戸大学大学院国際協力研究科修了。
半導体製造装置メーカーにて営業や新製品の企画開発および提案活動の支援に従事。「学ぶことは自分の意志で人生を切り開くこと」という信念のもと、現在は人事部で研修の企画運営や社内講師など人材育成業務にあたる。Rubatoで学んだ資料作成スキルが提案業務に役立つことを実感し、多くの人に広めたいという思いから、Rubatoの活動に参画。講師、受講生の資料添削ならびにスタッフの育成等を行う。

渡邉 浩良(わたなべ ひろよし)
獨協大学法学部、筑波大学大学院人間総合科学研究科世界遺産専攻修了。
観光系シンクタンクにて公共団体や国際協力機関等への観光マーケティング戦略策定支援等等に従事。大手旅行会社の研究所、海外オンライン旅行会社のUXリサーチチームへの出向を経て、大手旅行会社の本社に出向中。東京国際大学兼任講師や山梨大学非常勤講師等も務める。
外資系コンサルに競争企画入札で負け続けた経験から資料作成を研究。資料作成が苦手な人でも、やればできるようになるとの信念からRubatoに参画。

【監修】
松上 純一郎(まつがみ じゅんいちろう)
同志社大学文学部、神戸大学大学院、英国University of East Anglia修士課程修了。
米国戦略コンサルティングファームのモニターグループ(現モニターデロイト)で、製薬企業のマーケティング・営業戦略、海外進出戦略の策定に従事。その後NGOのアライアンス・フォーラム財団にて企業の新興国進出サポート等に携わる。
現在は株式会社Rubato代表取締役を務める。自身のコンサルティング経験から、提案をわかりやすく伝える技術を広めるべく、個人・企業向けに研修を提供している。
著書に「PowerPoint資料作成 プロフェッショナルの大原則」(技術評論社)など。

== 株式会社Rubato ======
「人がよく生きることを実現する」をモットーに、資料作成やロジカルシンキングなどのビジネスコアスキルを中心とした研修を個人や法人向けに提供している。
資料作成のスキルを高めたい方に対して「Rubatoアカデミア」というスクールを運営しており、提供する講座の中でも「戦略的プレゼン資料作成2日間集中講座」は2010年から1,500名以上が受講しており、ビジネスパーソンの着実なスキルアップを実現している。

目次

-----------------------------------------------------
第1章 環境設定と情報整理のルール    009
-----------------------------------------------------
1.1 なぜ資料作成が必要?

    解説 資料作成は今の時代に必要なスキル 010
    解説 目指す姿は一人歩きする資料を早く作ること 011
    解説 社内のフォーマットを確認する 013

1.2 作業環境を整えよう
    ワザ01 スライドサイズはA4にする 015
    ワザ02 スライドの使用範囲はガイドで明示する 016
    ワザ03 スライド番号は忘れずに入れる 020
    ワザ04 使用する色はベースとアクセントの2色 022
    ワザ05 フォントは資料の印象を左右する 027
    解説 書式を統一してくれる強い味方 スライドマスター 030
    ワザ06 自動保存で突然のフリーズに備える 034
    解説 ひな形ファイルは保存しておく 037
    解説 資料作成を楽にする 便利なショートカット30個 038
    解説 操作を早くする魔法 QATBとは? 040
    ワザ07 QATBはリボンの下に表示する 042

1.3 資料の骨組みを考えよう
    解説 いきなりパワポに触らない 047
    解説 締め切りに間に合うスケジュールを決める 049
    解説 資料作成のステップ1 目的を設定する 050
    解説 資料作成のステップ2 情報は相手に合わせて整理する 053
    解説 資料作成のステップ3 ストーリーを作成する 055
    解説 ワンスライド・ワンメッセージを意識する 059
    解説 資料作成のステップ4 スライドイメージを手書きする 060
    解説 スライド構成は「タイトル・サマリー・目次・内容・結論」 063

-----------------------------------------------------
第2章 資料作成のキホン 文字入力と箇条書きのルール    065
-----------------------------------------------------
2.1 見やすい資料を作る基本の文字入力
    ワザ08 文字の拡大と縮小はショートカットキーで時短する 066
    ワザ09 文字の配置は統一する 068
    ワザ10 重要な部分は文字の色を変えて強調する 071
    ワザ11 文字強調は最後にまとめて書式コピー 073
    解説 文字切れには御用心 改行位置は読みやすさを意識して 075

2.2 箇条書きのルールを知ろう
    解説 わかりやすい資料の秘訣は箇条書き 076
    ワザ12 箇条書きを手打ちはNG 078
    ワザ13 箇条書きの階層を利用して情報を整理する 081
    ワザ14 箇条書きの階層は3つまでに絞る 083
    ワザ15 小見出しを活用して一目でわかる資料をつくる 088

-----------------------------------------------------
第3章 暗黙の図解作成のルール    093
-----------------------------------------------------
3.1 図解の重要性と型
    解説 図解の活用で情報は伝わる 094
    解説 3つの図解のパターン 1. 列挙型 096
    解説 3つの図解のパターン 2. 対比型 098
    解説 3つの図解のパターン 3. フロー型 101
    解説 図解に使用する基本の図形 103

3.2 わかりやすい図解を作ろう
    解説 図解作成の4つのステップ 106
    ワザ16 図形のサイズをきれいに揃える 107
    ワザ17 図形はコピペで賢く・素早く配置する 110
    ワザ18 図形は均等に整列で見栄えよく 112
    ワザ19 図形は平行移動でズレ知らず 116
    ワザ20 パレットにない色への変更はスポイトを使う 119
    ワザ21 色の濃淡を活用して情報の強弱を表現する 120
    ワザ22 図形に「文字」を入れる 122
    ワザ23 図形に「要素番号」を振る 124
    ワザ24 「既定の図形」で書式を自動反映する 126
    ワザ25 大事な部分を強調する 128
    ワザ26 図解はグループ化して最終調整する 131

-----------------------------------------------------
第4章 情報を視覚化して伝える 表とグラフのルール    133
-----------------------------------------------------
4.1 表をマスターしよう
    解説 情報整理の強い味方 表の3つの種類 134
    ワザ27 既定の表スタイルは使わない 136
    ワザ28 重複する項目はセル結合で整理する 140
    ワザ29 先頭行と列のサイズを変更して内容部分を目立たせる 142
    ワザ30 表の強調は枠線の変更で表現する 144
    ワザ31 評価を追加して伝わる表を作る 147

4.2 グラフをマスターしよう
    解説 データを一瞬で相手に伝える 伝わるグラフ 150
    ワザ32 データの比較に最適 棒グラフ 152
    ワザ33 構成比が一目瞭然 円グラフ 156
    解説 データを並べ替えて意図を伝える 160
    ワザ34 グラフはベースカラーに合わせて変更する 163
    ワザ35 メッセージに合わせて強調を忘れずに 165

4.3 効果的な画像の使い方をマスターしよう
    解説 画像は直感で伝わる資料の強い味方 169
    ワザ36 画像の拡大・縮小は縦横の比率に気を付ける 171
    ワザ37 トリミングして画像をスライドサイズに合わせる 173
    ワザ38 図のスタイルの利用はほどほどに 175
    ワザ39 ピクトグラムで資料はより直感的になる 177
    ワザ40 「透明色を指定」で画像の背景を透過する 180
    ワザ41 ピクトグラムの色はベースカラーに変更する 183

-----------------------------------------------------
第5章 提出前に要確認! 資料作成 暗黙のルール 185
-----------------------------------------------------
5.1 資料作成の応用表現
    解説 1枚のスライドの中にも流れがある 186
    解説 スライド分割を活用してバランスのよい資料作りを 188

5.2 資料提出前の最終チェック
    解説 資料提出前の最終確認で万全を期す 190
    解説 印刷は白黒印刷よりグレースケール 192
    ワザ42 重要な資料にはパスワードをかける 194
    ワザ43 ファイルを圧縮してメールに添付する 196

5.3 参考スライド
    解説 桃太郎印 きび団子のご案内 198
       スライドダウンロードのご案内 203
 

この商品を買った人はこんな商品も買っています


最近チェックした商品

Tポイント利用手続き

         Tポイント利用手続きに関する同意事項

                                株式会社マイナビ出版

株式会社マイナビ出版が提供するマイナビBOOKSにおいてTポイントご利用続きをされる方は、以下に掲げるお客様の個人情報の取り扱いについてご確認の上、ご同意下さい。

マイナビBOOKSにおいてTポイントサービスをご利用いただいた場合に、当社から、次に掲げる<提供情報>を、<提供目的>のためにカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(以下「CCC」といいます)へ提供します。

  <提供目的>:CCCの定める個人情報保護方針及びマイナビBOOKSにおけるT会員規約第4条に定める利用目的で利用するためTポイントサービスを利用するため
  <提供情報>:
   1)お客様が【マイナビBOOKS】の正当な利用者であるという情報
   2)ポイント数・利用日
   3)その他、Tポイントサービスを利用するにあたり必要な情報

  <提供方法>: 電磁的記録媒体の送付またはデータ通信による。ただし、提供するデータについては暗号化を施すものとする。

なお、CCCに提供された、以下の情報の利用については、CCCの定める個人情報保護方針及びT会員規約 に沿って取り扱われます。
上記の情報提供の停止をご希望される場合には、【マイナビBOOKS】におけるTポイント利用手続きの解除を実施していただく必要があります。
Tポイント利用手続きの解除、およびTポイントサービスにおける個人情報に関するお問い合わせ先は、以下のとおりです。
お客様お問い合わせ先:Tサイト(http://qa.tsite.jp/faq/show/22612)

 なお、Tポイント利用手続きの解除が完了しますと、マイナビBOOKSにおけるTポイントサービスをご利用いただけなくなりますので、予めご了承ください。

Tポイント利用手続きを行いますか?