要点整理から攻略する『AWS認定 セキュリティ-専門知識』

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

合格に必要な知識はここにある!

本書は「AWS認定 セキュリティ」対策用の受験対策テキストです。
「AWS認定 セキュリティ」は最低2年間のAWSのワークロード保護に関する実務経験を持つセキュリティ担当者を対象とした認定試験です。

金融業やエンタープライズには必須となりつつある認定を、豊富な経験と知識を持った著者陣が、合格するために必要な知識をわかりやすく解説しています。また、問題の解き方も丁寧に解説し、試験に取り組む際のテクニックも学べます。
練習問題で総仕上げも行えるので、受検者必携の一冊です。

商品を選択する

フォーマット 価格 備考
書籍 3,718
PDF 3,718 ※ご購入後、「マイページ」からファイルをダウンロードしてください。
※ご購入された電子書籍には、購入者情報、および暗号化したコードが埋め込まれております。
※購入者の個人的な利用目的以外での電子書籍の複製を禁じております。無断で複製・掲載および販売を行った場合、法律により罰せられる可能性もございますので、ご遠慮ください。

電子書籍フォーマットについて

  

備考

佐々木 拓郎
 NRIネットコム株式会社所属 AWSに関する技術や情報発信が評価され、2019年よりAPN Ambassadorに選ばれている。
 APN Ambassadorは、2020年現在で日本で20人しかいない。本職はクラウドを中心とした周辺分野のコンサルティングから開発運用などと、その組織のマネージメントに従事している。
 得意とする分野はアプリケーション開発や開発環境周辺の自動化などであったが、最近はすっかり出番もなくなり、AWSのアカウント・ID管理の方法論を日々考えている。
 共著者と違いAWS認定試験も情報処理試験も全部は持っていないので、いつの間にか全部とってドヤ顔しようと考えている。
 本書においては、主に1章:AWSの受験にあたって、2章:IDおよびアクセス管理の執筆を担当した。

上野 史瑛
 NRIネットコム株式会社入社後、システム基盤の設計・構築・運用業務に携わる。AWS環境とオンプレミス環境両方を経験。
 AWS認定試験はセキュリティを含めた12個の認定を全て取得している。AWS以外では、GCP、Azureについてもそれぞれ基本レベルの認定を1つずつ、IPAの情報処理技術者試験は高度試験6区分を保持している。
 認定資格や社外への登壇活動がAWSにも認められ、2020年にAPN Ambassadors、AWS Top Engineers、ALL AWS Certifications Engineerに選出された。
 本書においては、主に4章:データ保護、6章:インシデント対応、7章:AWS Well-Architectedの執筆を担当した。

小林 恭平
 NRIネットコム株式会社入社後、アプリケーションエンジニアとして業務系基幹システムの開発・運用に従事。
 のちに配置転換によりECサイト、証券システムなどのシステム基盤の設計・構築・運用業務に携わる。
 オンプレミス、クラウド、モバイルアプリ、組み込みシステムなど幅広いプラットフォームでのアプリケーション開発やシステム基盤構築の経験あり。
 IPAの情報処理技術者試験における高度試験全9区分(旧情報セキュリティスペシャリスト試験含む)を保持し、AWS認定試験はソリューションアーキテクト アソシエイト/プロフェッショナルおよびセキュリティを取得。
 本書においては、主に3章:インフラストラクチャのセキュリティおよび5章:ログと監視の執筆を担当した。

章立て

第1章 AWS試験概要と学習方法
 1-1 AWS認定試験の概要
 1-2 学習教材
 1-3 学習の進め方
 1-4 何に重きをおいて学習すべきか
第2章 IDおよびアクセス管理
 2-1 IAM
 2-2 AWS Directory Service
 2-3 AWS Organization
 2-4 Amazon Cognito
 2-5 AWS Organizations
 2-6 IDおよびアクセス管理に関するアーキテクチャ、実例
 2-7 IDおよびアクセス管理 まとめ
第3章 インフラストラクチャのセキュリティ
 3-1 AWS WAF
 3-2 AWS Shield
 3-3 AWS Firewall Manager
 3-4 Amazon Route 53
 3-5 Amazon CloudFront
 3-6 Elastic Load Balancing
 3-7 AWS Auto Scaling
 3-8 Amazon API Gateway
 3-9 Amazon Virtual Private Cloud
 3-10 Security Group
 3-11 AWS Artifact
 3-12 セキュリティに関するインフラストラクチャのアーキテクチャ、実例
 3-13 インフラストラクチャのセキュリティ まとめ
第4章 データ保護
 4-1 AWS Key Management Service (KMS)
 4-2 AWS CloudHSM
 4-3 Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS)
 4-4 Amazon RDS
 4-5 Amazon DynamoDB
 4-6 Amazon S3
 4-7 Amazon Secrets Manager
 4-8 データ保護に関するアーキテクチャ、実例
 4-9 データ保護 まとめ
第5章 ログと監視
 5-1 Amazon CloudWatch
 5-2 AWS Config
 5-3 AWS CloudTrail
 5-4 AWS X-Ray
 5-5 Amazon Inspector
 5-6 S3に保存されるAWSサービスのログ
 5-7 Amazon Athena
 5-8 VPC Flow Logs(フローログ)
 5-9 Amazon QuickSight
 5-10 Amazon Kinesis
 5-11 Amazon Elasticsearch Service
 5-12 ログと監視に関するアーキテクチャ、実例
 5-13 ログと監視 まとめ
第6章 インシデント対応
 6-1 AWS Config
 6-2 AWS Systems Manager
 6-3 Amazon CloudWatch
 6-4 AWS Trusted Advisor
 6-5 AWS CloudTrail
 6-6 AWS CloudFormation
 6-7 Amazon Macie
 6-8 Amazon Guard​Duty
 6-9 AWS Security Hub
 6-10 Amazon Detective
 6-11 インシデント対応に関するアーキテクチャ、実例
 6-12 インシデント対応 まとめ
第7章 AWS Well-Architected
 7-1 AWS Well-Architected
 7-2 AWS Well-Architected まとめ
第8章 練習問題
 8-1 問題の解き方
 8-2 問題・解答

この商品を買った人はこんな商品も買っています


最近チェックした商品

Tポイント利用手続き

         Tポイント利用手続きに関する同意事項

                                株式会社マイナビ出版

株式会社マイナビ出版が提供するマイナビBOOKSにおいてTポイントご利用続きをされる方は、以下に掲げるお客様の個人情報の取り扱いについてご確認の上、ご同意下さい。

マイナビBOOKSにおいてTポイントサービスをご利用いただいた場合に、当社から、次に掲げる<提供情報>を、<提供目的>のためにカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(以下「CCC」といいます)へ提供します。

  <提供目的>:CCCの定める個人情報保護方針及びマイナビBOOKSにおけるT会員規約第4条に定める利用目的で利用するためTポイントサービスを利用するため
  <提供情報>:
   1)お客様が【マイナビBOOKS】の正当な利用者であるという情報
   2)ポイント数・利用日
   3)その他、Tポイントサービスを利用するにあたり必要な情報

  <提供方法>: 電磁的記録媒体の送付またはデータ通信による。ただし、提供するデータについては暗号化を施すものとする。

なお、CCCに提供された、以下の情報の利用については、CCCの定める個人情報保護方針及びT会員規約 に沿って取り扱われます。
上記の情報提供の停止をご希望される場合には、【マイナビBOOKS】におけるTポイント利用手続きの解除を実施していただく必要があります。
Tポイント利用手続きの解除、およびTポイントサービスにおける個人情報に関するお問い合わせ先は、以下のとおりです。
お客様お問い合わせ先:Tサイト(http://qa.tsite.jp/faq/show/22612)

 なお、Tポイント利用手続きの解除が完了しますと、マイナビBOOKSにおけるTポイントサービスをご利用いただけなくなりますので、予めご了承ください。

Tポイント利用手続きを行いますか?