Anker 爆発的成長を続ける 新時代のメーカー

  • 著作者名:松村太郎
    • 書籍:1,650円
    • 電子版:1,650円
  • 四六判:208ページ
  • ISBN:978-4-8399-7248-6
  • 発売日:2020年04月28日
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

中国・深圳発のハードウェアベンチャーが、数年で業界のトップランナーになれた秘訣とは?

モバイルバッテリーや急速充電器、USBケーブルなどの、現代社会に必要不可欠なスマートフォン・タブレット関連製品の開発・販売を行うハードウェアメーカー、Ankerグループ。その中核をなすブランド「Anker」は米・Google出身の数名の若者達によって2011年に創設され、iPhoneをはじめとするスマートフォンやモバイルアプリ市場の拡大とともに爆発的な成長を遂げた。現在ではスマートフォン・タブレットアクセサリの枠を超え、グループ全体で高品質なオーディオ機器やロボット掃除機といった生活を豊かにするスマートなデバイスを数々提供し、感度の高いビジネスパーソンやガジェット好きを筆頭に世界中で評価され続けている。
知名度ゼロであった外資系ハードウェアベンチャーが、何故わずか数年で業界のトップランナーになれたのか? そこには、同グループの創設者であるスティーブン・ヤンを始めとする経営陣の明確なビジョンや、中央集権にならないための組織づくり、徹底されたカスタマーサポート、Amazonでトップを取り続けるための販売戦略など、世界で躍進を続けるための確固たる理由があった。
本書は、「Empowering Smarter Lives(スマートな生活を後押しする)」をミッションに掲げるAnkerグループがトップブランドとしての地位を確立するに至った歩みとともに、「新時代のメーカーの在り方」について紐解くものである。Ankerグループ製品を愛するファンのみならず、企業で働く多くのビジネスパーソンにとっても必読の内容になっている。

商品を選択する

フォーマット 価格 備考
書籍 1,650
PDF 1,650 ※ご購入後、発売日(4/28)以降に「マイページ」からファイルをダウンロードしてください。
※ご購入された電子書籍には、購入者情報、および暗号化したコードが埋め込まれております。
※購入者の個人的な利用目的以外での電子書籍の複製を禁じております。無断で複製・掲載および販売を行った場合、法律により罰せられる可能性もございますので、ご遠慮ください。

電子書籍フォーマットについて

  

備考

ジャーナリスト・著者。1980年生まれ。慶應義塾大学政策・メディア研究科卒業後、フリーランス・ジャーナリストとして活動を開始。 モバイルを中心に個人のためのメディアとライフ・ワークスタイルの関係性を追究。2007年より、キャスタリア株式会社に参画。取締役研究責任者として、ITと学びによる社会問題の解決をテーマにサービス開発に取り組む。2014年にプログラミング必修の通信制高校、コードアカデミー高等学校を設立。2020年より情報経営イノベーション専門職大学にて教鞭をとる。著作に『LinkedInスタートブック』(日経BP)『ソーシャルラーニング入門』(日経BP)『プログラミング教育が変える子どもの未来』(共著、翔泳社)など。

▽章立て

●はじめに


●序章|FACTS|Ankerグループを知るための重要な10のキーストーリー
0%/8500%/3—Low/400万台超/10億円24時間/1位/100億円/20万件/10年


●第1章|STARTUP & VISION|Ankerの誕生とコアとなる経営ビジョン
ースティーブン・ヤンという男 ー深圳へ拠点を移す ードンピン・ジャオとの出会い ーブランド誕生と引き継がれるカルチャー ー「Anker」の由来と現在のブランド戦略 ー人々がスマートに生きるために ービジョンを実現するためにベストな場所 ー井戸義経の挑戦 ーアンカー・ジャパンの設立 ー初年度10億円の売上目標


●第2章|STRUCTURE & CULTURE|中央集権化しない組織構造と多様性のある企業文化
ーなぜ「安くて良いもの」を提供できるのか? ー「アマゾンネイティブ」が実現する社内構造 ー「ファブレスモデル」という選択 ーグループ本社の機能 ー日本法人の機能 ー共通認識としての「3つのバリュー」 ー多様性のある企業文化とローカルへの権限移譲


●第3章|CREATION|ユーザーの声を反映するAnker流ものづくりの理念
ーソフトウェア的なアプローチを採用 ー製品開発における7つのステージ ー顧客に寄り添ったイノベーション ースマートプロジェクターと充電器、どちらの開発が難しいか? ー品質管理で差別化を図る ー非常に厳しい安全基準 ーカスタマーサポートとものづくりの意外な関係 ーものづくりは第2フェーズへ ー良い製品を作り出せる理由


●第4章|EXPERIENCE|「体験」を通じた顧客との信頼づくり
ーAnkerグループにおける「体験価値の創造」とは? ー改良品を1~2ヶ月で出荷する ー「ハッピーカード」の秘密 ー全ては顧客を知るために ー「年間20万件」に対応する仕組み ー正社員がサポートに当たる理由 ー「星1つ」が重要な理由 ー日本人の評価は厳しい?


●第5章|JAPAN|アンカー・ジャパン独自の事業戦略
ーアマゾンのランキングでトップを狙え! ー日本独自の問題を解決する人財とは? ー猿渡歩がアンカー・ジャパンに入った理由 ー社内の整備とアマゾンハックの方程式 ー「たまご3つ分」というキャッチコピー ー機会損失を作らないために ー「マーケットシェア」を重視する ー「構造的弱者」にならないための判断 ー「小売業の慣習」に囚われない販売チャネルの拡大 ーマーケティングのための直営チャネル ー企業のバックストーリーを伝える使命 ー人財には徹底的にこだわる ーグローバルに影響を与える日本法人


●第6章|FUTURE|Ankerグループがこれから向かう場所
ー第1フェーズを終えて ー2020年代のAnkerグループの使命とは?


●おわりに

この商品を買った人はこんな商品も買っています


最近チェックした商品

Tポイント利用手続き

         Tポイント利用手続きに関する同意事項

                                株式会社マイナビ出版

株式会社マイナビ出版が提供するマイナビBOOKSにおいてTポイントご利用続きをされる方は、以下に掲げるお客様の個人情報の取り扱いについてご確認の上、ご同意下さい。

マイナビBOOKSにおいてTポイントサービスをご利用いただいた場合に、当社から、次に掲げる<提供情報>を、<提供目的>のためにカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(以下「CCC」といいます)へ提供します。

  <提供目的>:CCCの定める個人情報保護方針及びマイナビBOOKSにおけるT会員規約第4条に定める利用目的で利用するためTポイントサービスを利用するため
  <提供情報>:
   1)お客様が【マイナビBOOKS】の正当な利用者であるという情報
   2)ポイント数・利用日
   3)その他、Tポイントサービスを利用するにあたり必要な情報

  <提供方法>: 電磁的記録媒体の送付またはデータ通信による。ただし、提供するデータについては暗号化を施すものとする。

なお、CCCに提供された、以下の情報の利用については、CCCの定める個人情報保護方針及びT会員規約 に沿って取り扱われます。
上記の情報提供の停止をご希望される場合には、【マイナビBOOKS】におけるTポイント利用手続きの解除を実施していただく必要があります。
Tポイント利用手続きの解除、およびTポイントサービスにおける個人情報に関するお問い合わせ先は、以下のとおりです。
お客様お問い合わせ先:Tサイト(http://qa.tsite.jp/faq/show/22612)

 なお、Tポイント利用手続きの解除が完了しますと、マイナビBOOKSにおけるTポイントサービスをご利用いただけなくなりますので、予めご了承ください。

Tポイント利用手続きを行いますか?