1手ずつ解説する右四間飛車【-棋譜データ付_数量限定でサイン本発送-】|将棋情報局

将棋情報局

9784839979775.jpg

購入形態

動画
880円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
読みもの 四間飛車 読みもの 講座

1手ずつ解説する右四間飛車【-棋譜データ付_数量限定でサイン本発送-】

発売日:2022-05-19

販売元:マイナビ出版

判型:四六判

ページ数:224ページ

難易度:初級~中級

ISBN:978-4-8399-7977-5

破壊力抜群の右四間飛車を級位者にもわかりやすく!

-------------------------------------------------
<2022/7/19(火)~ 紙書籍サイン本キャンペーン開催>

★紙書籍に、中川大輔 八段のサインが入ります。
 PDF版にサインはございません
★サイン本の発送時期は8月中旬を予定しております
★カートは2022/7/19(火)11:00以降順次公開予定です
-------------------------------------------------


★当商品は【動画付き豪華版】と 【通常版】がございます。

・動画付き豪華版:「書籍(特典付き)」をご選択ください/動画と棋譜データが付いてきます。
 ※特典の購入・視聴にはマイナビブックスへのログインが必要です。会員登録されていない方はご購入時に必ず会員登録(無料)をお願いいたします。
 ※有料動画はご購入後、マイページからダウンロードできるPDFに記載のご視聴ページURLとパスワードを使用し、ご視聴ください。
  棋譜データ、動画の送付はございません(動画視聴方法の詳細は本ページ下記をご確認ください)。

<動画タイトル>
「破壊力抜群! 右四間飛車で攻めるコツ」(仮)

<動画内容>
第1部 対四間飛車編
第2部 対矢倉編

・通常版:「書籍(棋譜データ付き)」をご選択ください/棋譜データのみが付いてきます。

※現在は【動画付き豪華版】のみ予約受付中です。【通常版】の予約開始は5月上旬を予定しています。
 【通常版】予約開始時のサイン本冊数追加はございません。【通常版】予約開始時にサイン本が完売している可能性がございます。



「1手ずつ解説する○○」シリーズの第6弾として、アマチュアに大人気の「右四間飛車」が登場します。
相手が角道を止めてきたら、4筋に飛車を振って作戦開始。以下は相手が振り飛車でも居飛車でも十分に戦える、とても有力な戦法です。

著者は駒の勢いを重視する棋風であり、この戦法を得意とする中川大輔八段です。
対振り飛車と対居飛車に分けて、駒組みから仕掛け、そして終盤戦まで、初手から1手ずつ丁寧に解説してくれました。また「玉は出来るだけ序盤のうちに固めておくのが勝利のコツ」、「予想していない手を指されたときには、慌てないこと大事」など、勝つために必要な心得も示しています。

右四間飛車は破壊力抜群の戦法で、とても楽しい戦法です。ぜひ本書で指し方をマスターして、攻めて勝つ楽しさを味わってください。




将棋情報局、またはマイナビBOOKSにて、本書の書籍版または電子版をご購入いただくと、
発売日以降マイページから「解説手順の棋譜データ」がダウンロードできるようになります。

棋譜データは.kifファイルを読み込める将棋ソフト(激指シリーズなど)で閲覧できます。
お持ちでない方は、各種フリーソフトでも閲覧できますので、お持ちのパソコンのOSに合ったソフトをダウンロードください。

棋譜データの詳しい使い方はこちらをご確認ください。

※特典の棋譜データダウンロードには会員登録(無料)が必要です。ご購入時に必ず会員登録をお願いいたします。
※棋譜データは私的な利用に限りお使いいただけます。第三者への提供・公開等は禁止します。

目次

1手ずつ解説する右四間飛車 目次

まえがき

第1章 四間飛車破りの右四間飛車

第2章 三間飛車破りの右四間飛車

第3章 中飛車破りの右四間飛車

第4章 矢倉崩しの右四間飛車

    雁木に対する右四間飛車の速攻

コラム1 登山研のいいやつ
コラム2 仙台

著者プロフィール

  • 中川大輔(著者)

    中川大輔(なかがわ・だいすけ)
    1968年7月13日生まれ。宮城県仙台市出身。
    1983年、6級で奨励会入会。(故)米長邦雄永世棋聖門下。
    1987年10月19日、四段。2009年12月八段。

    居飛車党で、勢いを重視する棋風。
    早くから頭角を現し、1988年度、第1回若獅子戦で棋戦初優勝。
    他にも新人王戦、NHK杯、銀河戦で準優勝、王座戦で挑戦者決定戦進出などの活躍を見せる。
    主催する「登山研」には多くの棋士や奨励会員が参加するなど人望も厚い。
    著書は「すぐ勝てる!右四間飛車」、「すぐ勝てる矢倉崩し」(マイナビ出版)など。

新着商品!

商品一覧へ