本の森JP

24309_ext_06_0_S.jpg

購入形態

PDF
2,724円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる

Premiere Pro CCマスターブック for Windows & Mac

マイナビ出版

Premiere Proを使いこなして、イメージ通りの映像編集を!

「素材の取り込み」から「編集」、「書き出し」、「オーサリング」まで操作手順を図解で解説。

★CCの新機能や機能アップポイントも網羅。
★Windows&Macに対応
★サンプルデータですぐに実践!

つい先日まで、まだ先の話と高を括っていた4KサイズのTVでしたが、あれよあれよという間に市場に登場してしまいました。さらに2014年のワールドカップに向けてTV放送(CS) の準備も進んでいるとか。そんな中、業務用の4Kオーバーから流行のデジタル一眼動画までのネイティブ編集に対応している「Adobe Premiere Pro CC」は、ユーザーレベルに関係なく最先端の映像作品を制作できるビデオ編ソフトといえます。従来からの「Adobe Mercury Playback Engine」は更に多くのGPUに対応し、OpenCLおよびCUDAのサポートが強化され、高解像度プロジェクトに対する安定性と処理速度には驚くばかりです。

また、「Premiere Pro CC」と「SpeedGrade CC」の間ではDirect Link経由でプロジェクトを送受信でき、カラーグレーディングの調整がシームレスに行えるようになっています。他にもモニターのオーバーレイやオーディオクリップメーターなどユーザー側に立った機能が追加・改良されており、完成作品の出力も従来通りHDTVからWeb用の形式まで、ほぼすべての形式をカバーしています。本書では、これからビデオ編集を始められる方には短時間で「Adobe Premiere Pro CC」に慣れて頂けるように基本的なスキルと情報を中心に、従来からのユーザーの方には素早く新機能のポイントを押さえて頂けるように解説しています。本書を参考にPremiere Proで作品づくりにチャレンジしてください。

発売日:2013-12-26

ページ数:360ページ

目次

はじめに

■Chapter 1 デジタルビデオ編集の準備
Section 01 Adobe Premiere Pro CCでのキーポイントを押さえておく
Section 02 Premiere Proの編集ステップと基本インターフェイスを理解する

■Chapter 2 新規プロジェクトの作成と環境設定
Section 03 Premiere Pro CCを起動して新規プロジェクトを作成する
Section 04 プロジェクトを保存する
Section 05 新規シーケンスの追加とプリセットのカスタマイズを行う
Section 06 Premiere Proの環境設定を行う

■Chapter 3 素材の取り込み
Section 07 プロジェクトパネルの基本操作を理解する
Section 08 メディアブラウザー経由でビデオファイルを読み込む
Section 09 ダイアログでデジカメ写真を読み込む
Section 10 キャプチャパネルでビデオクリップを取り込む
Section 11 バッチリストを作成してビデオをバッチキャプチャする
Section 12 ビデオクリップをオフラインにしてクリップ情報を変更する
Section 13 ビデオクリップのリンクを変更する
Section 14 Photoshopファイルを読み込む
Section 15 プロジェクトにオーディオファイルを追加する
Section 16 編集中のプロジェクトに既存プロジェクトを読み込む
Section 17 メタデータパネルでクリップ情報を確認する
Section 18 レポーターの音声をテキストにする

■Chapter 4 カット編集の基本
Section 19 ソースモニターでビデオクリップをプレビューする
Section 20 トランスポートコントロールのボタン配列をカスタマイズする
Section 21 クリップのインポイントとアウトポイントを設定する
Section 22 タイムラインにクリップを配置する
Section 23 新規シーケンスの作成とクリップの配置を同時に行う
Section 24 ビデオクリップのビデオとオーディオの編集位置をずらす
Section 25 ビデオクリップにマーカーを追加する
Section 26 マスタークリップからサブクリップを作成する
Section 27 作成したサブクリップを再設定する
Section 28 ストーリーボードで作品を構成してシーケンスへオート編集する

■Chapter 5 タイムラインでの編集
Section 29 プログラムモニターとタイムラインパネルを理解する
Section 30 タイムラインでクリップを移動する
Section 31 シーケンスからクリップを削除する
Section 32 シーケンスのクリップをカット・コピー&ペーストする
Section 33 シーケンスのクリップをトリミングする
Section 34 ギャップのできないリップル編集でクリップをトリミングする
Section 35 ローリングツールで編集ポイントを移動する
Section 36 クリップの位置と継続時間を固定しシーンの表示範囲を移動する
Section 37 前後のクリップをトリミングしてクリップを移動させる
Section 38 レート調整ツールでクリップの再生速度を変更する
Section 39 トリミング編集モードでトリミングする
Section 40 トリミングモニターでより正確なトリミングを行う
Section 41 シーケンスにマーカーを設定する
Section 42 チャプターマーカーを設定する
Section 43 Flashキューマーカーを追加する
Section 44 ビデオとオーディオを同期させてクリップを統合する
Section 45 ソースとプログラムモニターのオーバーレイを設定する
Section 46 ソースモニターとプログラムモニターを同期させる
Section 47 シーケンスにインポイントとアウトポイントを設定する
Section 48 シーケンスをリフト・抽出編集する
Section 49 3ポイント・4ポイント編集でシーケンスの範囲を入れ替える
Section 50 シーケンスをネストする
Section 51 ビデオとオーディオのリンクを操作する
Section 52 レーザー・手のひら・ズーム・トラック選択ツールを利用する

■Chapter 6 マルチカメラ編集
Section 53 マルチカメラ編集に使用する素材クリップを準備する
Section 54 クリップを同期させるマルチカメラシーケンスを作成する
Section 55 マルチカメラプレビューモニターで編集する

■Chapter 7 合成のテクニック
Section 56 ビデオ合成の基本を理解する
Section 57 デジカメ写真をピクチャインピクチャ合成する
Section 58 ワイプ画面をアニメーションさせる
Section 59 不透明度にアニメーションを設定する
Section 60 ワープスタビライザーでカメラの手ぶれを補正する
Section 61 モーションパスを調整する
Section 62 モーションに速度変化を設定する
Section 63 タイムラインでキーフレームを設定する
Section 64 Ultraキーフィルタで合成する

■Chapter 8 ビデオトランジション
Section 65 シーンの変わり目にビデオトランジションを適用する
Section 66 エフェクトコントロールパネルでトランジションを確認する
Section 67 エフェクトコントロールパネルで効果を調整する
Section 68 オプションプロパティを設定してトランジションをカスタマイズする 

■Chapter 9 エフェクト
Section 69 カラーグレーディング専用のワークスペースに切り替える
Section 70 ベクトルスコープや波形の表示を正確に読み取る
Section 71 3ウェイカラー補正で色調を調整する
Section 72 二次カラー補正を適用して特定のカラーや範囲を修正する
Section 73 タイムリマップで再生速度を自由自在に操る
Section 74 再生中に逆再生が始まるパリンドローム逆再生を設定する
Section 75 エフェクトをコピー&ペーストで適用する
Section 76 調整レイヤーを使用して複数クリップにエフェクトを適用する

■Chapter 10 タイトルの作成
Section 77 Title Designerでタイトルやスーパーを作成する
Section 78 作成したタイトルクリップをタイムラインで合成する

■Chapter 11 オーディオの編集
Section 79 オーディオレベルやパンを調節する
Section 80 クリップのオーディオゲインを調整する
Section 81 オーディオユニット時間とズームでオーディオ波形を確認する
Section 82 オーディオトラックミキサーの基本的な操作手順を理解する 
Section 83 オーディオのキーフレーム
Section 84 オーディオにトランジションを適用する
Section 85 オーディオエフェクトを適用する
Section 86 オーディオトラックミキサーでサウンドをミックスダウンする
Section 87 Adobe Auditionの基本的な使用手順を理解する
Section 88 トラックにナレーションを録音する

■Chapter 12 レンダリングと書き出し
Section 89 シーケンスをレンダリングする
Section 90 完成作品をビデオファイルに書き出す

■Chapter 13 Adobe Encore CS6・SpeedGrade
Section 91 Blu-ray用素材を準備してEncore CS6を起動する
Section 92 Blu-rayディスクをオーサリングする

■Index
索引

著者プロフィール

  • 杉原正人(著者)

    杉原正人(すぎはら・まさひと)
    映像作家。著書に『Flash Protessional CS6マスターブック』『Final Cut Pro Xマスターブック』(いずれもマイナビ刊)などがある。著者ホームページ http://office-sugihara.air-nifty.com/blog/


販売元:C&R研究所
商品についてのお問い合わせ先:
https://www.c-r.com/contact/index

発送について:
発送を伴う商品については、原則として3日~5日程度で発送いたします。また、1回の注文につき送料として600円を別途ご請求いたします。

オススメの連載

連載一覧へ

絶賛!発売中!

書籍一覧へ