Command+Eye

陰謀論をふりかざすアレックス・ジョーンズを排除

「ヘイトスピーチを許容せず」Appleの措置にIT大手が追随

文●山下洋一

Mac Fan独自の視点で、アップル周辺の最新ニュースや話題に切り込む!

8月にAppleが、陰謀論者と呼ばれ、数百万人規模の視聴者を抱えるアレックス・ジョーンズ氏のポッドキャストを同社のサービスから追放。ヘイトスピーチは認めないという明確な姿勢を示した。プラットフォーマーが抱える問題に真っ向から立ち向かった形だ。

 

巨大な力を持つ陰謀論者

8月にアップルが、右派の「陰謀論者」と呼ばれて問題視されるアレックス・ジョーンズ氏のポッドキャスト番組を「ポッドキャスト」アプリや検索対象から削除した。その判断に他のIT大手も続き、「暴力や差別を助長するコンテンツは認めない」という産業規模のメッセージに拡大した。

2016年の米大統領選挙期間中に「ピザゲート(Pizzagate)」というデマ情報のツイートが飛び交ったことがある。ワシントンに実在するピザ店が小児性愛者の拠点になっており、そのグループに民主党最高幹部たちが関わっているという内容だった。オーナーが熱心な民主党支持者であるピザ店は、ピザゲートによって脅迫や殺害予告を含む悪質な抗議活動にさらされ、デマ情報を信じた男がライフルを持って店に押し入る事件が起こった。そのピザゲートの拡散に大きな影響力を及ぼしていたのが、インフォウォーズというネットメディアを運営し、ラジオ、ポッドキャストやユーチューブで人気番組を持つジョーンズ氏だった。ほかにも、米同時多発テロは米政府の「内部者による犯行」、2012年に小学校で起こった銃乱射事件は「でっち上げ」といったさまざまな陰謀論を主張、フェイクニュースや事実無根の情報に基づいた主張や差別的な発言も多かった。

フェイスブックがロシアによる米大統領選挙への関与の舞台となって、世論の反発を招いたばかりである。ジョーンズ氏の発言を危ぶむ声が広がっていた。しかしながら、ジョーンズ氏の独自の主張に共感する人々も多い。数百万人規模と見られる視聴者をバックに、ネット上の言論の自由を振りかざすインフォウォーズに対して、フェイスブックやユーチューブは発言を問題視しながらも警告程度の対応に留めていた。

そうした中、アップルが「ヘイトスピーチを許容せず」という断固たる姿勢を示したことで様相が一変した。その日の内に、フェイスブックやユーチューブもアカウントの凍結とコンテンツ削除を表明。さらにスポティファイやピンタレストも同様の対応をとった。アップルが動いたことで、それまで及び腰だった他のIT大手も腹を決めた形だ。

 

 

  • 9bd4b40214699fbdd99eca00e28f580c.jpg

ラジオのホストとしてキャリアをスタートさせ、俳優として数多くの映画にも出演しているアレックス・ジョーンズ氏は話術が巧み。ラジオ局の番組では広告主との間でトラブルを起こしたが、アクセス数が問われるネットで飛躍した。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧