Command+Eye

Mac/iPhoneユーザの視点から見た欧州最大の家電ショー

Mac/iPhoneライフを変える次世代アクセサリがIFAに集結

文●山田昇

Mac Fan独自の視点で、アップル周辺の最新ニュースや話題に切り込む!

IFAは、90年以上の歴史を持つヨーロッパ最大の国際家電ショーだ。ドイツ・ベルリンで毎年開催されており、今年は8月31から6日間に渡って行われた。家電のみにとどまらず幅広い分野のデジタル製品が集結し、Mac/iPhoneユーザにとっても注目度の高いアイテムが目白押しだった。

 

「革新」色の強い展示会

ヨーロッパ最大規模の家電ショー、IFA。初開催は1924年と、極めて長い歴史のあるイベントだ。IFAには、テレビなどの家電はもちろん、IoTデバイスやスマートフォン、AV機器など、幅広い分野のデジタルアイテムが集結する。また、革新的なスタートアップ企業や研究機関が自社の技術を披露する場もあり、イノベーションを強く感じさせるイベントになっているのも特徴だ。今年は、1814社もの出展社が全世界から集まり、出店社数・会場面積ともに前年を上回った。

 

ホームキットは普及するか

IFAの展示の中には、Mac/iPhoneに対応したアクセサリや独自のアイデアを盛り込んだヘッドフォンなども多かった。また、アップルが推進しているホームキット(HomeKit)に対応したIoTデバイスなども会場でいくつか目にすることができた。

最近は、私たちの暮らしの中にデジタル技術がどんどん浸透してきた。昨年は各社スマートスピーカが発売され、その変化は加速してきている。もはや「暮らし」と「デジタル」は不可分なものになりつつあるが、そんな中、アップルのホームキットが今後どこまで普及するのかは、Mac/iPhoneユーザにとっては気になるところだろう。現状では、何社かのメーカーがユニークな製品を出すにとどまっているが、今回のイベントを見る限り、大手家電メーカーの参入などはまだまだ未知数だ。ホームキットの普及は、もう少し長いスパンで見守っていく必要がありそうだ。

 

 

  • 9c5eb85225e0fb3cae97cc465558f38e.jpg

Netatmoは、HomeKit対応屋内用防犯サイレン「Smart Indoor Siren」を展示。侵入者を検知すると110dBの大音量サイレンが鳴るデバイスだ。留守中、カメラが知らない顔を検出したときだけサイレンを鳴らしたり、特定のドアや窓が開けられたことをタグが検知してサイレンを鳴らしたりできる。2018年中に発売予定。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧