レクチャー となりのアプリ

松下勇作

予約代行アプリ開発者はSlackとIFTTTで呟きを収集

文●美崎栄一郎

「iPhone/iPadバカ」でも知られるビジネス書作家・美崎栄一郎氏が、著名人のiPhoneの中身を覗き見!

 

6b60af621912d7857cc46113d3230333.jpg

見せる人/松下勇作

株式会社ブライトテーブル代表取締役。2009年、東京大学大学院博士過程中退後、株式会社シンプレクス・テクノロジー(現株式会社シンプレクス)入社。同社にて、債権や外国為替証拠金取引引システムの設計、開発、運用に従事。2012年に株式会社ブライトテーブルを創業。【URL】http://bright-table.com/

 

84d75ff06deb0cd40d0618e5e3c7024a.jpg

松下勇作さんのiPhoneにインストールされているアプリ ペコッター/Slack/IFTTT/Tastime/SnapDish/Tiktok

 

 

はらぺこ君がお店探し

今回のゲストは、株式会社ブライトテーブルの代表取締役社長・松下勇作さんです。松下さんは、私のお気に入りのグルメコンシェルジュアプリ「ペコッター」を開発した会社の社長さん。社内でどんな風にオペレーションしているのか、どのような意図でサービスを展開しているのかを知りたくて、ラブコールしちゃいました。

元々金融系のエンジニアだった松下さんですが、食卓の持つ_心に栄養を与える力_に注目して現在の会社を設立。ペコッターはお店の予約を代行してくれるサービスで、まさに食卓を仲間と囲めるように作られています。アナログとデジタルを組み合わせたような仕組みが実におもしろいのです。

まずはペコッターがどんなアプリなのかを説明しましょう。予約したい店が決まったら、ペコッターでお店を検索して、何月何日何時から何人で予約したいのかや、「コース料理がいい!」「席だけ予約したい」といったようなリクエストをチャットのように入力するだけ。そうすれば、ペコッターの中の人が予約をしてくれるのです。

超絶便利なサービスですが、これで無料なのだから驚きです。アプリ内に登場するキャラクター「はらぺこ君」に“ご褒美”をあげる形で対価を支払うこともできますが、強制ではありません。なので、試しに予約を代行してもらうと、その便利さがわかります。で、「助かった!」と思ったら数百円のご褒美をあげるとよいでしょう。

「元々ペコッターは、『ヤフー知恵袋』のようなQ&Aサービスからスタートしました。現在は予約代行まで行うようになったわけですが、よくあるQ&A系よりもサービスとしておもしろい予約代行だけを残した形です」

また、ブライトテーブルでは実際にお店の情報などをデータ化しています。松下さんはこれらのデータの蓄積が価値に変わってくることを見越していますが、確かにリアルミシュランガイド的な「実際に行った人のデータベース」ができそうで、さらなる展開が期待できます。

はらぺこ君は_ペコ語_という言葉を話すので、予約してくれる様子が一般的な秘書サービスとは違ったおもしろさがあります。松下さんの想いである「楽しく働く」「食卓を明るくにぎやかに」という姿勢がよく表れています。社内にある封筒やマグカップ、ロゴシールに至るまで、あらゆるところにはらぺこ君がいて、遊び心がいっぱい。一方で金融系エンジニアだった経験を活かして個人情報などの保持は万全を期しています。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧