アラカルト Macintoshビギンズ

音を取り込み自在に操るMacRecorder

文●大谷和利

Blast from the past ── あの頃の懐かしい思い出

サウンドデジタイザのはしり

初期のMacintoshは、映像だけでなく、音声の処理に関しても他のパーソナルコンピュータより先んじていた。そもそも、1984年にスティーブ・ジョブズが初代Macintoshを発表したとき、キャリングケースから取り出されたMacは合成音声で自己紹介したほどだ。

ただ、本体やOSが音声の扱いに優れていたとしても、一般ユーザがその機能を使いこなすためには、それなりのアプリケーションや周辺機器が必要となる。当時、まったく新しいプラットフォームであったMacintoshには、まだそのハードウェアの可能性を解き放てるアプリケーションが揃っておらず、音声入力のための専用ポートも備わっていなかった。

そこに登場したのが、MacRecorderである。元々、この製品のハードウェア部分は、カリフォルニア大学バークレー校で数学を先行していた学生によって開発され、1985年にアメリカでも有数のMac愛好会の1つ、BMUG(ビーマグ)ことバークレー・マッキントッシュ・ユーザーズ・グループからキットとして販売された。

しかし、実際にMacRecorderが偉大な製品として広く知られるようになったのは、ファラロン・コンピューティングがHyperSoundやSoundEditと呼ばれるアプリケーションをバンドルした商業製品として販売した1988年以降のこと。僕がその存在を知って入手したのも、こちらのバージョンだった。

日本での価格は忘れたが、アメリカでも約250ドルしていたので、それなりの値段にはなっていたように記憶する。Macの背面にあったシリアルポートに接続して使い、もし2個あればそれぞれを別々のポートにつないでステレオ録音も可能だったが、1個しか買わなかったのも、たぶん価格のせいだ。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧