Command+Eye Command+Eye

Apple Parkを満喫できる人気のランドマーク

新しいAppleビジターセンターを誌上でバーチャル体験

文●山田昇

Mac Fan独自の視点で、アップル周辺の最新ニュースや話題に切り込む!

Appleの新社屋、通称「Apple Park」に併設されているビジターセンターがオープンしたのは、2017年11月のこと。一般に開放されたこの場所は、早くも多くの人々で賑わう人気のスポットになっている。ここでは、そんなビジターセンターの雰囲気を隅々まで紹介しよう。

 

 

  • 522028f29a117eab36b56cde4bcf1404.jpg

ビジターセンターの屋根は、カンチレバー(片張り)式カーボンファイバー製。石で覆われた芯だけで支えられており、外側から支える柱は一切使われていない。

 

 

最新のアップルを体感できる

米国カリフォルニア州クパチーノに建設された新社屋「アップルパーク」。ビジターセンターはその一角にある。ビジターセンターは、アップルの社員のみならず一般の人が自由に出入りできる場所で、アップルの製品が購入できるアップルストアとして、また、ここでしか買えないアップルグッズが手に入るスーベニアショップとして利用できる。

ビジターセンターは、アップルパーク中央にある円形のメインビル「スペースシップ」とは別の建物になるが、ビジターセンター内にはアップルパーク全体の模型があり、貸し出されるiPadを使いARアプリをかざすことで内部の様子をバーチャル体験できる。また、ビジターセンター自体も、曲面ガラスや人口大理石の床などアップルパークと同じ建築的特徴が取り入れられており、新しいアップル本社の魅力を十分に体感できる場所になっている。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧