Command+Eye Command+Eye

黎明期のMac事情と温故知新のARデバイス

「漢字Talkの名付け親」が語るAppleへの想い

文●大谷和利

Mac Fan独自の視点で、アップル周辺の最新ニュースや話題に切り込む!

大座畑重光さんは、漢字Talkの名付け親として知られているプログラマ。創業期のアップルジャパンで活躍され、独立後もmacOSやiOSの動向をウォッチし続けてきた業界のレジェンドに、当時の思い出やご自身の夢を語っていただいた。

 

 

  • c4acb45736c870fdecd14ec42f61cbd5.jpg

大座畑重光 Shigemitsu Ohzahata

1949年茨城県水戸市生まれ。筑波大学大学院修士課程理工学研究科修了(人工知能研究室)。Macプログラマーズグループ「マッカーズ」会長。フリーランスプログラマとして、macOSやiOSのアプリ開発を行い、AI、IoT分野にも造詣が深い。1988年に、現在のARやMRより先行し、それらを含むようなNaviGlassesの概念を発案し、以来、その実現に向けた取り組みを行っている。

 

 

マイペースで仕事ができたアップルジャパン

大谷●今日は、大座畑さんならではのアップルのエピソードや、現在のソフトウェア環境をどのようにご覧になっているのかを、ご自身のビジョンも含めてお聞かせいただければと思います。まず、アップルジャパン時代には、どのようなお仕事をされていたのですか?

大座畑●ソフトウェア技術課で、テクニカルサポートの最初のスタッフでした。仕事の内容は、LisaやMac用のソフトウェアの開発支援ですね。ASD(Apple Software Developers)の「リサ・パスカル(Lisa Pascal)」言語や「インサイド・マッキントッシュ」関連の講師も仕事の一部でした。オブジェクト指向プログラミング環境の「スモールトーク(Smalltalk)」に興味があったので、Lisaはアップル製のスモールトークも走りますし、大学院時代から使っていたパスカルもありました。それで、Lisaのテックサポートをぜひやってみたいと思い、アップルジャパンを希望したわけです。

最初は1983年の12月に面接を受けてすぐに決まったので翌年1月入社になるのかなと思っていたら、アップル側が初代Macintosh発表の準備で忙しかったらしく、2月1日となりました。入社当日に初めてMacというコンピュータを見たんですよ。「これ何だ?」「こちらもサポートしなくてはならないのか」と思う一方、外観が小さくてかわいいので、Lisaと比べれば大したことはないだろうと高を括っていました。ところが実際にはLisa以上の技術が盛り込まれていて、ジワジワと技術ドキュメントも整備され、紙のドキュメントで米国本社から到着するたびにいつもわくわくしました。当時は、Macのソフトも、リサ・パスカルで開発していたんですよ。ところが、パスカルを知っている開発者は少なかったため、それをサポートしたり、何しろ人手がないので、イベントでコンパニオンに「マックペイント(MacPaint)」や「マックライト(MacWrite)」の使い方を教えるようなこともしました。でも、彼女たちも面白がってすぐに使い方を覚えてしまったのが印象に残っています。

大谷●Macらしいエピソードとはいえ、実にいろいろなことをされていたんですね。それで漢字Talkのネーミングも?

大座畑●もともと決まりかけていた名前が商標の関係で使えなくなって、急遽、今日中に誰でもいいからアイデアを出してくれということになったんです。それでマーケティング部長たちと晩飯を食べに行ったときに、漢字Talkはどうかと提案したら、そのまま決まりました。漢字Talkのトークは、スモールトークから採ったものなんです。

大谷●何だか、スティーブ・ジョブズがアップルの社名を決めた経緯にも通じる話で、興味深いですね。ジョブズに直接お会いになったことは?

大座畑●当時、アップルジャパンが入っていた東京・赤坂のツインタワー本館の16階で一度だけチャンスはあったのですが、テックサポートの仕事で外出してしまい、残念でした。また会う機会もあるだろうと考えていたものの、実現しませんでした。彼の人物像はぼんやりと知るのみですが、とても魅力的な方だったと思います。

大谷●当時と今とでは、アップルの社内の様子もずいぶん違っていると思うのですが。

大座畑●あの頃のアップルジャパンの社員は、十数名程度だったでしょうか。家族的でしたが、自分自身の責任でマイペースで仕事を進めることができました。現在のアップルは大規模ですから、組織化され管理も徹底していて、1つのことを複数人で行うような環境に変わっているのではないかと想像します。

大谷●当時は牧歌的だったんですね。昔も今も変わらないアップルの魅力はどのようなところにあると思われますか?

大座畑●技術的なチャレンジをし続けているところに魅力を感じます。複数のOSを開発して、そのどれもがディペンダブル(信頼できる)ですし、Xcode、Swiftのようなプログラミング環境や言語まで作り出して、革新的なソフトウェアの創出に貢献し、さらに個人や企業のユーザが革新的なアプリを創出できるような(ツールやアップストアのような)社会基盤を与えたことが素晴らしいと思います。

 

 

  • a1069cae374cb4539883406f399a8340.jpg

アメリカで初代Macintoshが発売された1週間後の1984年2月1日にアップルジャパンに入社し、LisaとMac用ソフトウェアの開発支援や開発者向けの公式技術資料「インサイド・マッキントッシュ」の講師をされていた頃の大座畑さん。左手下方に、テンキーのないシンプルな初代Macのキーボードが見える。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧