Command+Eye Command+Eye

割れたレンズの交換、セルフ修理なら1500円で済む?

割れたiPhoneのレンズはDIYで格安に直せるか?

文●小平淳一

Mac Fan独自の視点で、アップル周辺の最新ニュースや話題に切り込む!

iPhoneのカメラレンズを割ってしまった。iPhone 6以降のモデルではバックカメラが本体よりも突き出た形状になっており、ふとした拍子に割れてしまったのだ。だが、Apple正規の修理に出すと、かなりの費用がかかってしまう。もっと格安にDIYで修理ができないかと考え、実験してみた。

 

3万8800円は高い

ある日、自分のiPhone 7プラスのカメラレンズが割れているのに気づいた。割れているのはバックカメラの表面側のガラスで、写真を撮ると左上に光の乱反射が出てしまっている。何を撮っても影響が出てしまう状況なので、どうにか修理する方法を考えてみた。

まず第一の選択肢として思い浮かんだのは、アップルの修理サービスだ。しかし調べてみると、iPhone 7プラスの場合、画面割れやバッテリ交換以外の修理は一律3万8800円もかかってしまう(税別・アップルケア+に未加入の場合)。この金額は正直痛い。悩んだ結果、「表面のガラスだけなら自分でDIYできるんじゃないか?」という考えに辿り着き、「物は試し」と実行してみることにした。

購入したのは、本来レンズの保護ガラスとして販売されている強化ガラス。そして接着のためのガラス用ボンドだ。ついでに、再びレンズが割れてしまうのを防ぐために、レンズ保護リングというものも購入。費用はトータルで1500円程度だ。

まずは割れた表面のレンズの除去だが、実はこれが一番の難関だった。キリなどの先が尖ったもので割りながら取り去っていくのだが、これがなかなかきれいに割れてくれない。内部のレンズ本体を傷つけたり悪影響が出る恐れもあるので、力加減がなかなか難しい。「割れるときは一瞬のくせに…」と心で悪態をつきながら1時間くらい格闘し、やっときれいに除去できた。

それさえ終わってしまえば、正直あとはどうということはない。内部のホコリを取り除き、ガラス系ボンドでガラスを接着。さらに上から保護用リングをかぶせれば終了だ。

 

 

こちらが割れたレンズ部分。割れてからしばらく放っておいたためか、内部にホコリが入り込んでいる。

 

 

割れたレンズで撮影した写真。左上に光の乱反射が発生してしまい、非常に気になる。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧