レクチャー となりのアプリ

野呂エイシロウ

言葉を操る放送作家は「Recoco」で音声をテキスト化!

文●美崎栄一郎

「iPhone/iPadバカ」でも知られるビジネス書作家・美崎栄一郎氏が、著名人のiPhoneの中身を覗き見!

 

  • 642d96cfd261641fc377d5eaea111704.jpg

見せる人/野呂エイシロウ

放送作家、戦略的PRコンサルタント、講演家、作家。「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」「ザ!鉄腕!DASH!!」「NHK紅白歌合戦」「奇跡体験!アンビリバボー」など多くのテレビ番組を構成。著書に『テレビで売り上げ100倍にする私の方法』(講談社)や『プレスリリースはラブレター』(万来舎)、『考えなくてもうまくいく人の習慣』(ワニブックス)などがある。

 

  • b7c05159549710ff19b59a6bbe314689.jpg

野呂エイシロウさんのiPhoneメイン画面にあるアプリ Recoco/テレビ東京ビジネスオンデマンド/スターバックス/dマガジン/ChatWork

 

 

インプットの大切さ

「一体この人は何者なのだ」と会うたびにいつも不思議に思うすごい人がいます。それが、放送作家の野呂エイシロウさん。本誌でも連載「ケチの美学」を執筆しているので、ご存じの読者も多いでしょう(知らない人は80ページをチェック!)。

さて、野呂さんの仕事について聞いてみると、4つあるといいます。放送作家にPRコンサルタント、講演家、そして作家。そう、すべてが「ことば」を操る仕事です。ご自身は「口だけの簡単な仕事」といいますが、実際に野呂さんの話を聞いていると、テンポの速さと発想の飛び方、アイデアの湧く量に驚くばかり。

褒めちぎっているようですが、そのキャリアもすごいのです。大学を卒業して以来、野呂さんはほぼずっとフリーランスで活動しています。今のようなフリーランス全盛時代ではなく、昔から。もちろん、ご自身で会社を設立していますが、基本的に稼ぐのは野呂さんのみ。ちなみに、なぜ「エイシロウ」の部分だけカナ表記なのかと聞いてみると、テロップで流れる名前が漢字だけだと記憶に残りづらいからなのだとか。

さて、放送作家の仕事は何をするのかというと、テレビ番組を面白くするために、企画をとことん出して、プロデューサーが内容を決めるための材料を出し続けることだといいます。これが簡単なようで、なかなかできない。野呂さんは「バレーボールに例えると、放送作家はアイデアの“トス”を上げてよいのですが、“スパイク”はプロデューサーに打たせなければなりません」と説明します。アイデアのトス…実際にやろうとすると難しいんですよね。私がやろうとすると、すぐにスパイクを打ってしまいそう(笑)。

そして、アイデアを出し続けるためには、日頃からアイデアをインプットし続けなければなりません。野呂さんは、毎日のように「dマガジン」で新着雑誌を読み、流行や面白いネタを探しています。

「テレビの企画会議もスポーツのようなもの。練習しないと安定した成績(面白い企画を出すこと)は残せません。だから、インプットし続けることが大事なのです」




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧